新築戸建ての外構工事を後悔しないための5つの勘違いと対策を紹介

新築戸建ての外構工事を後悔しないための5つの勘違いと対策を紹介

新築の引渡しを受けて、実際に住み始めてから外構工事をやり直したいと後悔している方が多い事実をご存知でしょうか?

 

家の間取りや設備、インテリアについては一生懸命に調べたり考えたりするのですが、不思議とエクステリアについてはハウスメーカー任せになりがちです。

そして、完成後に「ああすれば良かった、こんなはずじゃなかった」と多くの施主家族が後悔しています。外構工事はやり直すにも相当の工事費用が掛かるために現実には諦めている施主の方が多くいらっしゃるのです。

 

本記事では、多くの施主の方が陥いる5つの勘違と対策についてご紹介しますので、失敗しないように外構工事の基本について理解を深めていただければ幸いです。




定価がない 

1つ目は、外構工事全体には定価がないということです。

もちろん使用する建材や資材には価格がありますが、エクステリア工事は、最初から例えば

  • Aパック工事 100万円
  • Bパック工事 300万円
  • Cパック工事 500万円

というように定価を決めることが難しいのです。

私たちが新車を購入するときには、直ぐにでも運転できる「完成した車」があります。様々な部品や工程を通して完成した車は、新車の開発段階から実際の工程を経るまでには詳細な計算によって販売価格が決まっているのです。

したがって、我々は価格に応じてグレードの異なる車を選ぶことができます。

しかし、外構工事では、施主の要望に応じたAプランを実現する際には、工事内容・材料費・工期・労務費・機械経費・利益率などを基に詳細な積算を行った結果、工事費が150万円という見積もりになるのです。

 

これが資材の品質が高かったり、職人の増員や重機による大掛かりな工事が必要だったりと様々な条件を基に積算するとBプランでは420万円になるという訳です。

 

後悔しない外構工事の対策

 

外構工事には、家のように他のハウスメーカーと比較する物差しとなる「坪単価」と同じような目安が存在しないため、理想とする庭や玄関・ガレージを作るのにいくら必要なのか、詳細にプラン二ングして見積書の提示を受けるまで価格が分からないのです。

 

また、契約段階においては、資金計画書には外構工事の概算額が記載されていることが多いのですが、その概算額でどのようなエクステリアができるのかを施主がイメージできていないことも後悔する要因です。

 

 

フルオーダーメイド 

2つ目は、外構工事は施主の方の土地に合ったプランを考えて要望に沿った工事を行う「フルオーダーメイド」だということです。

つまり、同じプラン、全く同じ外構というものは無いに等しいと言えます。

例えば、有名ブランドで施主の方の体型に合ったオーダースーツを作るのと同じと考えてください。

高品質の生地や裏地、釦など細かな部分やデザインも好みに合ったスーツを職人が見事に仕立ててくれます。

身体にフィットしたスーツは抜群に着心地が良く余計なストレスを感じません。また、オーダースーツを着ることで気後れが無くなりビジネスが成功に向かうという効果もあるそうです。

そんなブランドの高品質なオーダースーツが低価格で手に入ると期待している方は少ないと思います。

 

話を元に戻すと外構工事も同じです。一軒一軒に敷地条件が異なるため、工事計画や工事の種類・範囲・工期も様々です。そうすると、大量生産によってコストダウンを図るというのも家づくりにおける外構工事には当てはまりません

要望を反映した質の高いプランを計画した上で、必要な資材を調達し、職人さんが一から納期を見据えて施工するフルオーダーメイドの工事ですから、格安で提供するというのも実現が難しいのです。

専門業者との比較検討が難しい

3つ目は、ハウスメーカーの外構工事と専門業者の外構工事を単純に比較検討することは難しいということです。上記のとおり、外構工事は定価がなくフルオーダーです。

加えて、建物工事請負契約上、ハウスメーカーが外構工事の指定業者となっていることがほとんど(建築条件付き分譲地の場合)ですので、エクステリアの専門業者が新築外構を0から行うことは難しいと思います。

 

つまり、フェンスやデッキ、門扉など資材や商品価格の比較はできるでしょうが、外構工事のプランニング自体がハウスメーカーと専門業者では全く同じではないので、工事全体の費用の比較は難しいです。

建築条件付き分譲地の場合は、家の引渡しを受けるまではハウスメーカー以外の専門業者が立ち入ることが難しく、仮に専門業者に新築外構工事を依頼するとしても、家の引渡しを受けた後ということになります。




検討時間が少ない

4つ目は、外構工事の打合せも家の間取りやインテリア同様に時間を掛けて行うものだと考えていらっしゃる方が多いのです。

一般的に外構工事の打合せを始めるのは内装の打合せも終わった最終段階です。その頃に営業担当らから「そろそろ外構工事の打合せを」と切り出されるのですが、家の間取りや設備・内装(加えて、仕事や子育て、転居に伴う子どもの転校や家の片付け・引越し・お金のこと等)で頭がいっぱいで、外構工事まで頭が回っていないのが正直なところだと思います。

打合せ続きで、心が折れそうなときでもあります。

 

外構工事まで頭が回っていない

 

しかし、家の工事は引き渡しに向けて進んでおり、外構工事も引渡しまでには終わらないといけません。

そうすると、家のように他の外構を見学に行ったり、テラスやガレージの実物(完成品)を見るという機会もほとんど無いのが現実です。

場合によっては、カタログや写真を元に何十万円や何百万円という資材を選ぶということもあります。

ウッドデッキとタイルデッキの比較

カーポートやガレージは設置するのか、どんなフェンスにするのか、門扉やポストをどのようなもの選ぶか、テラスデッキを設けるか、それともウッドデッキを選ぶか、芝生は敷くか(天然か人工か)、花壇をどうするか等決めることはいっぱいあります。

(関連記事:カーポート)

しかし、家づくりとは違って施主側から主体的に要望を出して進めなければ、ハウスメーカー任せにしてしまうと、家周りの外構は差し障りのない無難なものに終わってしまうことも少なくありません。

(下写真は株式東万さんのHPです。クリックするとリンク先が開きます)失敗しない外構工事のコツ・対策

 

予算が足りな

5つ目は、勘違いというより陥りやすい状態です。つまり、外構工事の打合せは最終段階であるため、自己資金と住宅ローンの借入金を合わせた予算が外構工事の打合せまでに上限に達していることが多々あります。

そうすると、要望を反映した外構工事を行うとなると、大幅に予算オーバーを招き、多めに自己資金の手出しをするか、住宅ローンの借入金額の増額を依頼するかを検討しなければなりません。

 

住宅ローンが本審査まで通っている場合でも、増額を行う場合には改めて保証会社の審査を受けなければならないことがあり、実際に融資を受けられるかどうかの保証はありません。設備や内装・インテリアなどで予算オーバーを招いていれば、外構工事は予算内で収める以外に手だてはありません。

 

また、家の完成後、引渡しを受けた後に専門業者に外構工事を後付けで依頼することも可能です。

実際に専門業者に依頼する事例も多くありますが、気を付けていただきたいのは工事代金の支払方法です。

工事代金は、現金支払いか別途専用のローンを組む必要がありますが、ローンを組む場合は、当然に住宅ローンの金利よりも数倍~十倍以上の高利率であるため特に慎重に検討が必要です。

 

 

対策

では、どうすれば後悔のない外構工事ができるか対策をご紹介します。

住宅ローンの借入金と自己資金の予算内で要望に応じた満足する外構工事を行うためには、他の記事でも触れましたが、家の間取り図が完成したころ(建物工事請負契約を締結する前後)で、外構工事の担当者と打合せを行い、大まかなプランと見積もりを提案してもらうことです。

 

そして、資金計画の中の外構工事の予算を多めに盛り込み、内装・インテリア工事の打合せの際にも並行して外構工事の打合せを行うことを強くお勧めします。

そうすることで、資金計画書の外構工事代金は、概算額ではなく「具体性のある予算」として扱え、本格的な外構工事の打合せの際に大幅に予算をオーバーをするリスクは低くなります。

 

特に家周りの外構工事に優先的に予算を掛けたい場合には、当初からその旨を営業担当や設計担当に伝えて、具体的なイメージ(写真や画像)などを交付したり、メールに添付送信して外構工事の認識の共有を図ることで失敗のリスクは限りなく低減するものと思います。

 

また、外構工事にどのくらいの費用が必要かを営業担当や外構工事担当の社員に尋ねる際には、具体的な数字を出して質問することをお勧めします。

例えば「60坪の敷地の場合、予算300万円でどのようなエクステリアができますか?これまで手掛けた実例と工事金額を教えてください。」と依頼することで施主の外構工事のイメージも具体化されますし、ハウスメーカーの担当も真剣に対応しなければ後々大変だと気が引き締まり良い仕事をしてくれることが期待できます。

 

(関連記事:外構工事の値引きについてはこちら)

 

(関連記事:セキスイハイムの坪単価)




家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ  にほんブログ村 住まいブログへ

 

外構・エクステリア工事カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.