CATEGORY

資金計画・住宅ローン・税金

セキスイハイムの坪単価と40坪の価格と総額を紹介

数あるハウスメーカーからセキスイハイムを検討中の方や同社を選んで注文住宅を建てることを決められた方は、セキスイハイムの坪単価、家づくりに掛かる価格や値段・総額の相場を知っておくことが失敗や後悔を防ぐ最善策です。 本記事では、セキスイハイムの坪単価、40坪の家を建てる際の価格や総額について解説しますので、同社で家を建てる場合には必ず押さえておいてください。   セキスイハイムの坪単価・相場 […]

住宅ローン控除の還付金を投資信託で運用&投資でやってはいけないこと

住宅ローン控除による所得税の還付金をどのように使用していますか? そのまま生活費口座に入れたままにしておくと、何かと物入りの年末年始であっという間に無くなってしまいます。 本記事ではAFP資格を有するプロの視点から、住宅ローン控除による所得税の還付金をつみたてNISAによる投資信託で運用する方法について解説します。 これから家づくりを検討中の方や既に所得税の還付金を得ている方は資産づくりの参考とし […]

住宅ローン破綻に注意!借りられる金額と返せる金額は違う。予算の考え方を紹介!

注文住宅で家を建てる場合、当初の予算を大きくオーバーすることは珍しいことではありません。 逆に当初の予算内で収まったという方が珍しいのではないでしょうか。   ハウスメーカーの営業担当が勧める魅力的な設備、インテリア担当や外構担当から提案される標準仕様以外のオプション商材を選んでいくと、大幅に予算を超えてしまいます。   本記事では予算という概念から住宅ローンで借りられる額と返 […]

借り過ぎ注意、住宅ローンの返済負担率・年収負担率の罠

マイホームを購入・建築される方の多くは住宅ローンの融資を受けます。 各銀行を比較検討することはあると思いますが、住宅ローンの融資額を決める際に返済負担率をどのくらい参考にしていますか?   本記事では住宅ローンの返済に関して返済負担率を解説しますので、これから家づくり・マイホーム計画を始められる方、これから銀行探しを始める方は参考にしてください。   返済負担率とは 返済負担率 […]

年収の何倍?家の価格と住宅ローンの目安

マイホームは、人生で一番大きな買い物です。 年収の何倍の家を建てられるか、何倍までの住宅ローンを組むことができるのか、その後の生活もありますから気になるところです。 資金計画の第一歩として適正な予算を検討することが大切ですが、つい気が大きくなって予算オーバーの物件を建ててしまって、苦しい生活を送るケース、住宅ローン破綻するケースも少なくありません。 適性な資金計画・予算を考える前提として、年収がい […]

住宅ローンのボーナス併用払いのデメリットとリスク

住宅ローンの融資を受ける際に、ボーナス時に毎月の返済に上乗せして支払うボーナス併用払いを選択する方も多いと思います。   しかし、ボーナスは会社の業績に大きな影響を受ける水物です。   新型コロナウイルスの感染症防止対策として緊急事態宣言の対象地域が全都道府県に拡大し、都道府県ごとに休業申請が発令されました。 企業は社員に在宅勤務やテレワーク勤務を命じ、経済活動は大きく停滞。 […]

マイホームの頭金の平均や相場はいくら?2割必要はウソ。正しい自己資金の考え方

マイホームを取得(建築)するに際して、どれくらいの費用が掛かって、どれくらいの頭金(自己資金)が必要であるかは、ハウスメーカーの社員であっても「正解」を教えてくれません。 新型コロナウイルスによる市場の混乱や企業の経営危機で、住宅取得の予定も大幅に狂ったのではないでしょうか?   住宅取得に際して苦しい生活を送らなくて済むように、本記事では頭金の平均や相場、いくら準備するのがよいか、頭金 […]

セキスイハイム・積水リースの「つなぎ融資」はお得か?手続や金利を紹介

セキスイハイムで注文住宅を建てるにあたって、着工から完成までに3回に分けてお金を支払う必要があることはご存知でしょうか?   手持ちの現金があればよいのですが、無い場合には着工から完成までに掛かる費用について、住宅ローンが振り込まれるまでの間、現金を銀行等から借りなければなりません。   その借入金を一般的につなぎ融資と呼んでいます。   馴染みのない言葉だと思います […]

40代の住宅ローンの賢い借り方・返し方

セキスイハイムで家を建てられる施主の方には40代が多いようですが、住宅ローンの借り方や返し方が20代・30代の施主の方と異なることはご存知ですか? 働き盛りで「責任世代」とも呼ばれる40代は、お子さんの教育費やご自身とご夫婦の老後も見据えなければなりません。そのような状況の中で多額の融資を受けて、新築一戸建てを建てるわけですから、将来設計を緻密に行った上で住宅ローンを借りなければならないことは明ら […]

住宅ローン減税の還付金を投資信託・NISA口座で運用と使い道

注文住宅で戸建てを建築した方、マンションを購入した方、建売住宅を購入された方は、初回は確定申告によって住宅ローン控除の手続を行う必要があります。 消費増税前に住宅を取得した方は10年、消費増税後の2019年10月1日~2020年12月31日に取得した方は13年間に渡り減税措置を受けることができます。 会社員や公務員の方は2年目以降の確定申告は不要で、年末調整によって所得税の還付を受け取ることができ […]