セキスイハイムの40坪の家、価格と予算の失敗しない決め方

セキスイハイムの坪単価と40坪の建物価格と総額・相場を実例を基に紹介

付帯工事の内訳

付帯工事の中でも高額なものをピックアップして説明します。

  • 外構工事
  • インテリア工事
  • 地盤補強杭工事・改良工事費用
  • エコキュート費用

外構(エクステリア)工事費用

外構工事は、建築条件付き分譲地を購入した場合、契約上、セキスイハイムが指定業者となっていますので、提携する専門業者に外構工事を担当します。

資金計画書には150万円~200万円くらいの数字が概算で記載されることが多いですが、寂しげなシンプルな外構に終わってしまいます。

セキスイハイムの外構工事
引用:セキスイハイム建築実例 https://www.sekisuiheim.com/case/c015/index.html

 

上記写真のようにテラスを設けたり、カーポート、門塀、目隠しフェンス等を設けた場合は300~500万円以上の工事費用が必要です。

施主
満足なエクステリアにするには建物価格の1割を外構工事の予算に回すって考え方もあるらしいね。

 

インテリア工事費用

インテリア工事費用について、外構工事と同様に施主の希望によって金額が大きく異なります。

つまり、床材・ドア・壁紙等をセキスイハイムの標準仕様から選べば追加費用は掛かりません。

しかし、床材に無垢や銘木を選んだり、壁紙(クロス)をオプションから選んだり、エコカラットを採用したり、間接照明や造作工事などが増えるほど工事費用が高くなります。

オプションを多く採用するには、200万円~400万円強は予算を組む必要があります。

セキスイハイムの建築実例・インテリア
引用:セキスイハイム建築実例 https://www.sekisuiheim.com/case/c106/index.html
施主
インテリア工事はオプションの宝庫だから、予算オーバー必至らしいね。気を付けよっと。

 

地盤補強杭工事・改良工事費用

セキスイハイムの建築条件付き分譲地であっても、軟弱な土地の場合は地盤改良工事が必要です。

工法にもよりますが100~200万円の工事費用が見込まれると考えておいた方が無難です。

 

エコキュート費用

オール電化必須のエコキュートは深夜電力を使ってお湯を沸かすことから、ガス代が大幅に節約することができる設備の一つです。

容量にもよりますが、予算として50万円程度必要です。

 

家づくりの諸経費

これまでご覧いただいた費用のほかに、諸経費といわれる各種手続を行う上での費用や保険料など次の項目に対して現金が必要になります。

この諸経費は不動産価格や保険内容、住宅ローン借入額など人によって全く金額が異なります。

諸経費

 

  • つなぎ融資手数料
  • つなぎ融資契約印紙代
  • 火災保険料(10年)
  • 住宅ローン事務手数料
  • 住宅ローン保証料 
  • 登記費用
  • 司法書士への報酬
  • 固定資産税精算金
  • 水道加入代金

 

目安として100万円~150万円ほどは現金での支払準備をしておくと安心です。

最後に

以上のとおり、家づくりは相場や坪単価だけでは計りきれない様々な費用が必要です。

上記のほかに転居費用や処分費用、家具家電の買い替え費用などが加わりますので、フルローンでは全額を賄うことは難しく、頭金となる現金が必要です。

セキスイハイムで家を建てると決断したときは、40坪の家を建てるために必要な費用を押さえて、いくら自己資金を準備して、どの銀行でどのように住宅ローンを組むかを考えることが大切になります。