TAG

お金

    住宅ローン破綻に注意!借りられる金額と返せる金額は違う。家づくりの予算の考え方を紹介!

    施主 銀行のシミュレーションだと住宅ローンは結構借りられるみたいだけど返済に困ると嫌だな、子どもも小さいし。 家の予算はどんどん増えるし、どうしよう? こういった疑問やお悩みにお答えします。 注文住宅で家を建てる場合、当初の予算を大きくオーバーすることは珍しいことではありません。 逆に当初の予算内で収まったという方が珍しいのではないでしょうか。 住宅ローンで借りられる額と返済できる額の違い・注意事 […]

    セキスイハイムの手付金はいくら?金額と時期、払えないときの対処法を解説

      施主 家を建てるのにセキスイハイムに手付金を払わなくちゃいけないの? いつまでに支払うの?金額は?用意しなきゃいけないけど、払えないときどうするんだろう。誰か教えて! こういった疑問にお答えします。 本記事では、セキスイハイムで家を建てる場合,いつ手付金を支払うのか、いくら必要になるかを紹介しますので、家づくりの参考にしてください。

    セキスイハイムの坪単価と40坪の建物価格と総額・相場を実例を基に紹介

    施主 セキスイハイムの注文住宅の坪単価は高額だってネットにも書いてあったけど、40坪の家を建てるとなると、総額でいくら必要になるんだろう? あまりに高いと住宅ローンの審査が通るか不安だし、これから子どもの教育費も掛かるし、不安だなぁ。 見積金額を取っても相場と同じくらいか分からないし。 あぁ分からないことだらけ、誰か教えて!   こういった不安や疑問にお答えします。 数あるハウスメーカー […]

    マイホームの頭金の平均や相場はいくら?2割必要はウソ。正しい自己資金の考え方

    マイホームを取得(建築)するに際して、どれくらいの費用が掛かって、どれくらいの頭金(自己資金)が必要であるかは、ハウスメーカーの社員であっても「正解」を教えてくれません。 新型コロナウイルスによる市場の混乱や企業の経営危機で、住宅取得の予定も大幅に狂ったのではないでしょうか?   住宅取得に際して苦しい生活を送らなくて済むように、本記事では頭金の平均や相場、いくら準備するのがよいか、頭金 […]

    注文住宅とすまい給付金の申請期限・申請方法・収入と給付金額

    注文住宅の建築にあたって、一定の条件を満たすことによって数十万円、場合によっては100万円以上の補助金や減税制度を受けられる場合があります。 本記事では、住宅購入の助成制度の一つであるすまい給付金の申請期限や申請方法、収入(年収)と給付金額について解説します。消費増税とともに年収制限が緩和され、対象者が拡大したので、手続に遺漏のないように注意してください。   すまい給付金制度はいつまで […]

    新築戸建て・新生活に必要な費用と正しい資金計画の立て方

    マイホームの資金計画を万全に立てたつもりでも、新居への入居に伴い様々な出費が重なり、通帳の残高が底を尽きるなどピンチに陥ることも少なくありません。 特に数千万円の買い物をしていると、金銭感覚がおかしくなり、日常生活では手が出なかった数万円、十数万円のものが安く思えてきて勢いで購入するという事態も起こりやすくなります。 せっかく新しい夢のマイホームを手にしたのだから家具や家電も新品をと勢いよく購入し […]

    セキスイハイムブログ100記事を達成した筆者が家づくりで伝えたい大切なこと

      当ホームページにお越しいただきありがとうございます。 ブログのつもりで更新しているわけではありませんが、カテゴリー的にはブログに分類されます。 それはさておき、無事に100記事を達成することができました。 記事をアップした当時は一日10アクセスもなかったのですが、今や毎日2000前後のユーザーアクセス、月に15~20万PVのホームページに成長することができました。 これもひとえにセキスイハイム […]

    セキスイハイムの住宅ローンは三井住友信託銀行がお勧め(メリットを紹介)

    注文住宅で家を建てようと思っていらっしゃる方は、住宅ローンをどこの金融機関で借りようかと各銀行のホームページを参照したり、具体的に返済シミュレーションなどをしている場合も多いのではないかと思います。 本記事では、ファイナンシャルプランナー資格(AFP)の有資格者である筆者が、都市銀行・地方銀行・信用金庫・ネット銀行など実際に複数の金融機関に申し込みを行い、本審査まで受けた経験を基にどの金融機関が一 […]

    不動産取得税の納付(土地の軽減措置・減税申告で)いくらになる?

    セキスイハイムで新築戸建てを建て、家の引渡しを受けて間もなくしたころに「不動産取得税」の納付通知書が送られてきました。 通知書に記載されている金額は20万円弱と高額でしたので非常に驚きましたが、この不動産取得税については、土地の軽減措置など特例が準備されており、減税申告をきちんと行うことで減免されます。 本記事では、土地に対する不動産取得税の減免申告について筆者の体験を元に紹介します。

    住宅ローンの固定金利型はリスクが高いので注意が必要です。

    住宅ローンを組む際に金利を固定型にするか、変動型にするか迷いませんか?それぞれに一長一短がありますが、固定金利型を選択する方は、将来の金利上昇リスクを考え、返済計画の立てやすさや将来設計が立てやすいという理由が多いようです。 タイトルにある「固定金利型」がリスクが高いということに違和感を覚える方もいらっしゃると思います。リスクが高いのは変動金利型では?というのが一般的な考え方です。 筆者自身、ファ […]