セキスイハイムの坪単価・40坪の家づくり価格と失敗しない予算の決め方

セキスイハイムの坪単価・40坪の家づくり価格と失敗しない予算の決め方




セキスイハイムを検討中の方は、同社で家を建てる場合に、実際にどのくらいの費用が掛かるのか、セキスイハイムの注文住宅の建築費用はいくらなのか、知りたくないですか?

 

ハウスメーカー同士の比較には「坪単価」という目安がありますが、実は、家を建てる上で坪単価よりも大切なのが「予算の決め方」であることを知らない方が非常に多いです。

それを知らずに家を建てるのは非常に危険な行為であり、ある種「賭け」のようなものです。

そして、予算の決め方を考える前段階として、セキスイハイムに任せて新築戸建てを建てる場合の建築工事総費用がどのくらい掛かるかも押さえておかなければ、予算オーバーの危険を回避することができません。

そこで、本記事では、セキスイハイムの坪単価だけではなく、同社で標準的建坪である40坪の建物を建築した場合の設備費用やインテリア・エクステリア費用の概算、そして、地盤補強工事などを含めた建築工事総費用と、最も大切な予算の決め方・資金計画の立て方を解説します。

これから同社で家を建てる方は是非参考にしてください。

セキスイハイムの坪単価

以前はセキスイハイムの全国平均の坪単価は70~80万円と言われていました。

しかし、スマートパワーステーションシリーズの登場により、インターネットの投稿掲示板の情報や筆者邸の建築費用を基に算定すると、以前より坪単価が上がっていることは間違いありません。

 

施主が多く採用する設備(外壁磁器タイル、蓄電池システム・太陽光発電システム、エコキュート、快適エアリーなど)や水廻り設備のグレードは坪単価に反映されますので、現在の坪単価は85万円~90万円強と考えておいて間違いないでしょう。

 

なお、建築工事総費用は坪単価に建坪を乗じたものだけではなく、これに付帯工事や諸費用が加わります(付帯工事は後述しますが、この付帯工事が高額なために建築工事総費用が増えてしまうのです。)。



セキスイハイムの建築工事総費用

セキスイハイムで新築戸建てを建築するための工事全部の総費用がいくら掛かるかというものです。

「工事」と言っても、建物本体工事のほかにも「付帯工事」「その他工事」があり、それぞれ工事の内容が異なってきますし、いわゆる坪単価という目安を構成する工事もすべての工事費用が含まれる訳ではありません。

 

セキスイハイムの坪単価の構成を改めて解説すると、

坪単価=建物本体工事費用+その他工事費用 です。

この「その他工事費用」には次のものがあります。

  • 外壁磁器タイル
  • 太陽光発電システム
  • 快適エアリー
  • HEMS
  • 蓄電池システム

すなわち、「その他工事」に含まれる蓄電池システムや太陽光発電システムなどの設備を採用すれば、坪単価は上昇しますし、採用しなければ下げることも可能です。

また、システムキッチンなどの水廻り設備は、建物本体工事費用に含まれますので、水廻り設備のグレードを上げたり、オプションを付ければ工事金額が上がることから、坪単価もさらに上昇します。

(関連記事:水廻り設備)

 

 

ここで注意です。

「付帯工事」は坪単価には含まれません。

大切な点なので繰り返しますが、高額な工事費用の付帯工事は坪単価には含まれないのです。

したがって、ハウスメーカー巡りをしているときに営業社員に

「坪単価はいくらですか?」と尋ねて、約60万円という回答だとしても、単純に「60万円×建坪40坪=2400万円」とはなりません。

 

以下に記載する付帯工事がかなりの金額を占めることになりますので、坪単価の数字だけでハウスメーカーを判断するのは注意が必要です。

「付帯工事」の細は次の表のとおりです。

金額については、建坪40坪・敷地60坪程度の住宅を参考事例にして、工事費用を記載しています。

(付帯工事の内訳:建坪40・敷地60坪)

①屋外工事費 180万円
②外構工事 150~500万円
③インテリア工事 50~400万円
④地盤補強杭工事 100~300万円
⑤エコキュート 50万円

 

②セキスイハイムの外構工事費用

外構工事は家づくりの最後に打ち合わせが行われることが一般的です。

そして、外構工事においても建築条件付き分譲地を購入した場合は、契約上セキスイハイムが指定業者となっていますので、原則として、セキスイハイムで外構工事を依頼することになります。

 

新築外構そのものを他の業者と全く同様に比較検討できませんが、見積書に記載されている資材・部材を比較検討してみても、やはり高額であることは間違いありません。

敷地条件によっても異なりますが、シンプルな外構工事(カーポートやテラスデッキ無し)の場合でも150万円の予算は必要です。

例えば、門扉やガレージ、テラスデッキやガーデンテラスを採用したい場合は、400~600万円程度の予算が必要です。

セキスイハイムの外構工事は、150万円~200万円程度ではシンプルな外構工事しかできず、凝ったエクステリアは断念せざるを得ません。

(関連記事:外構工事・エクステリア)

 

③セキスイハイムのインテリア工事費用

インテリア工事も外構工事と同様に、施主の希望によって金額が大きく異なります。

フローリング、扉、壁紙、照明、カーテン、収納、ウォークインクローゼット、エコカラット、ニッチ、間接照明などオプションを多く採用して趣向を凝らしたお洒落なインテリアにしようと思えば、200万円~400万円強は予算を組む必要があります。

エコカラット・テレビの壁

 

裏を返せば、セキスイハイムの標準仕様の部材・商材のみを選択し、照明やカーテンなど自前(施主支給)で準備すれば50万円程度に抑えることも可能です。

若干の物足りなさはありますが、インテリア工事費用を節約する最善の方法です。

(関連記事:インテリアの工事が高い理由)

(関連記事:施主支給のメリットと落とし穴)

 

④セキスイハイムの地盤補強・改良工事費用

家を建てる土地の地盤改良・補強工事ですので、土地の状態によって大きく掛かる費用が異なりますが、それでも100万円から150万円の予算を配分しておいた方が無難です。土地の状況によっては、それ以上の金額が必要になることも考えられます。

(関連記事:地盤改良工事は高いのか?)

 

⑤エコキュート費用

新築とともにオール電化にされるご家庭が多いと思います。その中でもエコキュートは深夜電力を使ってお湯を沸かすことから、ガス代が大幅に節約することができる重要な設備の一つです。

居住家族の人数や地域によって容量を検討する必要がありますが、予算50万円程度を配分しておくことで十分賄えると思います。

(関連記事:セキスイハイムのエコキュート)



40坪の家の価格・建築工事総費用

上記を前提に算定すると、セキスイハイムで40坪の家を建てる場合には、以下のように算出することができます。

①土地購入費用
②坪単価85万円×坪数

(建物本体工事+その他工事)

③付帯工事
④諸費用(上記「土地購入・新居建築のための費用」の諸費用欄を参照)
⑤上記「転居のための諸費用」
①+②+③+④+⑤の合計=

セキスイハイムで家を建てるための必要予算

 

これをみると坪単価は②のみで、一つの目安に過ぎないことがお分かりだと思います。その他に④⑤と諸経費や転居費用などが掛かってきますが、家を建てるときにはこれらの金額を検討していない方が非常に多いのです。

坪単価のみでは計れない地盤補強工事費用や外構工事費用、家具・家電購入や登記費用、引越費用、火災保険料など様々な費用が必要になることがお分かりだと思います。

これを具体的な事例に当てはめていきます。

①土地購入費用 1500万円
②建物本体工事

+その他工事

(坪単価85万円×40坪)

3400万円
③付帯工事 700万円
④諸費用 150万円
⑤転居費用 100万円
合計 5850万円

 

概算ですが、①の土地購入費用は郊外の60坪程度の土地をサンプルにしました。

③の付帯工事については、外構工事費を250万円、地盤補強工事費を120万円で算定しました(インテリア工事費は人によって差が大きいところです)。

⑤転居費用は人によって様々だと思いますが、②③④は現実の資金計画に近い金額ということになります。

 

そうすると、土地代と転居費用を除いてもセキスイハイムで40坪の家を建てようとすると、4000万円以上の予算が必要になることが分かります。

予算を極力抑えるためには、③の付帯工事の中の「外構(エクステリア)工事」に費用を掛けなければ節約はできますが、それでも各種工事の費用として最低150万円の予算は必要と考えておいた方が良いでしょう。

 




注文住宅の資金計画

以上のサンプルから分かるとおり、注文住宅の場合は、自己所有の土地がない場合は「土地代金・建築工事費用・諸費用」がかかることになり、加えて、上記表のとおり、「引越費用・家電等の処分費用・家具や家電の購入費用・旧居の固定資産税など」が必要になります。

 

また、注文住宅ならではの特徴として、標準工事・設備以外に追加工事(オプション加算)が生じやすく、当初予定していた資金計画から予算がオーバーするということが珍しくありません。

 

予算の中身

土地購入・新居建築のための費用

まとめになりますが、予算として支出する金額は以下の表のとおりです。

家は建物を建築するだけの費用ではなく、土地を所有していない場合は、土地の売買契約から始まり、それに関連する手付金がまず必要になります。

そして、当該土地に家を建てる場合でも地盤補強工事費用が一般的に必要になってくるでしょうし、家を建てる上では「つなぎ融資」や司法書士に依頼する登記手数料などの諸費用も相当の金額になります。

 

土地
  • 土地代金
  • 売買契約書印紙代
  • 手付金
建物
  • 建物本体工事費用
  • 印紙代
  • 手付金
  • 地盤改良・外構工事費
諸費用

 

  • つなぎ融資手数料
  • つなぎ融資契約印紙代
  • 火災保険料(10年)
  • 住宅ローン事務手数料
  • 住宅ローン保証料 
  • 登記費用
  • 固定資産税精算金
  • 水道加入代金

(関連記事:セキスイハイムの手付金)

 

転居のための諸費用

また、忘れてはいけないのが転居費用です。不要品の処分にはじまり、清掃費や引っ越し費用、新居の家具・家電の購入費用など大きな金額が必要になりますので、その点も事前に予算組みをしておきましょう。

旧居の固定資産税(持ち家の場合)
不用品処分費用・清掃費
住宅ローン返済手数料(住替えの場合)
引越費用
家具・家電・日用品購入費用

 

(関連記事:頭金・自己資金・資金計画の立て方)

 

 

セキスイハイムを地方都市の郊外で建てる場合(土地代が2000万円以下)であれば、家を建てるに当たって5000万円程度の予算を考えておけばよいですが、都市部で土地代が3000万円を超えるエリアに建てる場合は、6500万円~8000万円強の予算を考えておいた方が無難でしょう。

最後に筆者の戯言

いかがでしたでしょうか。やはりセキスイハイムの家の価格は高いでしょうか?インターネットを見ても坪単価はいくらかということばかりが注目されますが、実際には坪単価は建物本体工事+その他工事に過ぎず、それ以外の費用も建築工事総費用の大部分を占めているのです。

 

そうすると、坪単価はおおよその目安として考えて、その他の工事にどのくらいの費用が必要かを早い段階から営業担当を通して収集しておくことが失敗しない資金計画の立て方です。

このサイトをご覧になっていらっしゃる方は、少なくともセキスイハイムを候補に新築を考えているか、すでに決めて打ち合わせを進めている方が多いと思います。

これからの方で展示場に行く予定がある方は、展示場・モデルルームの営業にぜひ尋ねてください。

セキスイハイムの展示場

「40坪くらいの家を考えています。土地代を除いて本体価格、外構工事や地盤補強工事、諸費用を含めてどれくらいの予算が必要ですか?土地代を除いて3000万円の予算で40坪の鉄骨の家が建てられますか?」

 

この質問に対して「大丈夫です」など肯定的な返答をする営業なら要注意、対応した営業社員は残念ながらハズレの可能性大です。

後々予算オーバーの家になるか、予定より小さな家で設備や商材を標準仕様にせざるを得ないかのいずれかが高い確率で待っています。

 

セキスイハイム推奨の主力設備の外壁磁器タイルや太陽光発電システム、快適エアリーを採用しなければ格段に建築費用は下がります。

一方でセキスイハイム推奨の主力設備が装備されないなら、わざわざセキスイハイムを選ばなくても他のハウスメーカーでも十分家が建つものと考えることもできます。

 

やっぱりセキスイハイムで家を建てると決断したときは、40坪の家を建てるために必要な費用を押さえて、いくら自己資金を準備して、どのように住宅ローンを組むかを考える必要があります。

こちらの記事も読まれています。

(関連記事:セキスイハイムの不動産登記費用はいくら?)

(関連記事:40代の住宅ローンの賢い借り方・返し方)



 

家づくりのヒントになるブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログへ

 

マネー・費用・値引き交渉カテゴリの最新記事