セキスイハイムの坪単価・40坪の家づくり価格と失敗しない予算の決め方

セキスイハイムの坪単価・40坪の家づくり価格と失敗しない予算の決め方




 

セキスイハイムで家を建てようかと検討中の方にとっては、セキスイハイムの坪単価がどれくらいか気になることだと思います。

 

ただ、セキスイハイムの坪単価を知ることも大切ですが、家を建てる場合の「予算の決め方」も同じくらい重要です。

 

そして、予算を決める上で、セキスイハイムで家を建てる場合には一般的にどれくらいの費用が掛かるのかも押さえる必要があります。

 

セキスイハイムの社員の提案どおりに進めると、収入に見合わないような建築工事費用になりがちで、高額な住宅ローンを組んで返済に窮することにもなりかねません。

本記事では、セキスイハイムの坪単価の紹介だけではなく、同社の代表事例である40坪の建物を建築した場合の設備費用やインテリア・エクステリア費用の概算、そして、地盤補強工事やエコキュートなどの費用も考慮の上、セキスイハイムの坪単価、予算の決め方や資金計画の立て方を紹介します。

 

 

セキスイハイムの坪単価

以前はセキスイハイムの全国平均の坪単価は70~80万円と言われていました。しかし、スマートパワーステーションシリーズの登場により、インターネットの投稿掲示板の情報や筆者邸の建築費用を基に算定すると、以前より坪単価が上がっていることは間違いありません。

 

施主が多く採用する設備(外壁磁器タイル、蓄電池システム・太陽光発電システム、エコキュート、快適エアリーなど)や水廻り設備のグレードは坪単価に反映されますので、現在の坪単価は85万円~90万円強と考えておいて間違いないでしょう。

 

なお、建築工事総費用は坪単価に建坪を乗じたものだけではなく、これに付帯工事や諸費用が加わります(付帯工事は後述しますが、これらが高額なのです。)。

 

分譲マンション・建売住宅の費用は?

ゼロから家を建てる注文住宅ではなく、分譲マンションや建売住宅の場合は、最初から売買価格が確定しています。不動産会社や銀行に支払うべき費用を大まかに挙げると「物件に関する費用と諸費用」です。

 

その他に「引越費用・旧居の固定資産税・家具家電購入費用・(住み替えの場合は住宅ローン返済手数料)」が必要です。

諸費用とは仲介手数料・手付金・登記費用・不動産売買契約書の印紙代・住宅ローンに関する費用などがこれに当たります。

 

支払うべき項目は色々とありますが、建売住宅や分譲マンションは、既に物件が完成して総額が最初から決まっているため、自己資金をいくら準備して残りの金額を住宅ローンで賄うという計算が比較的容易にでき、予算が立てやすいのが特徴です。

 

 

注文住宅の資金計画

一方で、注文住宅の場合は、自己所有の土地がない場合は「土地代金・建築工事費用・諸費用」がかかることになり、これに加えて、建売住宅と同じように「引越費用・家電等の処分費用・家具や家電の購入費用・旧居の固定資産税など」が必要になります。

 

加えて、注文住宅ならではの特徴として、標準工事・設備以外に追加工事(オプション加算)が生じやすく、当初予定していた資金計画から予算がオーバーするということが珍しくありません。

では、注文住宅の場合の「予算」をどのよう考えるのが正解なのでしょうか?展示場を訪れるとアンケートで自己資金を記入する質問がありはますが、自己資金っていくら出すのが正解なのでしょうか?




 

予算の中身

土地購入・新居建築のための費用

土地
  • 土地代金
  • 売買契約書印紙代
  • 手付金
建物
  • 建物本体工事費用
  • 印紙代
  • 手付金
  • 地盤改良・外構工事費
諸費用

 

  • つなぎ融資手数料
  • つなぎ融資契約印紙代
  • 火災保険料(10年)
  • 住宅ローン事務手数料
  • 住宅ローン保証料 
  • 登記費用
  • 固定資産税精算金
  • 水道加入代金

合計100~150万円

 

 

転居のための諸費用

旧居の固定資産税
不用品処分費用
住宅ローン返済手数料(住替えの場合)
引越費用
家具・家電・日用品購入費用

セキスイハイムの建築工事総費用

採用する設備(水廻り設備を含む)のグレード次第で数百万円単位で上下しますので、参考程度に考えてください。物件の条件を次のようなサンプルにして建築工事総費用がどのくらい必要かを検討します。

(サンプル事例)

  • 建坪40坪
  • 外壁磁器タイル、太陽光発電システム(6.83kw)快適エアリーを採用
  • エコキュートを採用

 

セキスイハイムの坪単価は

建物本体工事+その他工事(外壁磁器タイル、太陽光発電システム、快適エアリー、HEMS、蓄電池システム)です。付帯工事は坪単価には含まれません。

「付帯工事」の細は次の表のとおりです。

①屋外工事費 180万円
②外構工事 150~500万円
③インテリア工事 50~400万円
④地盤補強杭工事 100~300万円
⑤エコキュート 50万円

上記表の②外構工事は施主の希望外構によって金額が異なります。150万円の外構工事費用とは、最低限のシンプルなオープン外構です。

 

門扉やフェンス、カーポート、ガレージなどオプションを付けるごとに費用は積み重なっていきます。

ちなみにカーポート、門扉、アプローチ、デッキテラスを採用したセミクローズ外構工事は250万円以上の予算を組む必要があります。

(参考記事)

上記表の③インテリア工事も同様に施主の希望によって金額が大きく異なります。フローリング、扉、壁紙、照明、カーテン、収納、ウォークインクローゼット、エコカラット、ニッチ、間接照明など趣向を凝らしたインテリアにしようと思えば、200万円~400万円強は予算を組む必要があります。

 

裏を返せば、セキスイハイムの標準仕様の部材・商材のみを選択し、照明やカーテンなど自前(施主支給)で準備すれば50万円程度に抑えることも可能です。

 

若干の物足りなさはありますが、インテリア工事費用を節約する最善の方法です。

(関連記事)

 

上記表の④地盤補強杭工事については、家を建てる土地の地盤改良・補強工事ですので、土地の状態によって大きく掛かる費用が異なります。それでも100万円から150万円の予算を配分しておいた方が無難です。

 

建築工事総予算からみた40坪の家の価格

上記を前提に算定すると、セキスイハイムで40坪の家を建てる場合には、このように算出することができます。

①土地購入費用
②坪単価85万円×坪数

(建物本体工事+その他工事)

③付帯工事
④諸費用(上記「土地購入・新居建築のための費用」の諸費用欄を参照)
⑤上記「転居のための諸費用」
①+②+③+④+⑤の合計=

セキスイハイムで家を建てるための必要予算

これをみると、坪単価は一つの目安に過ぎないことがお分かりだと思います。

 

坪単価のみでは計れない地盤補強工事費用や外構工事費用、家具・家電購入や登記費用、引越費用、火災保険料など様々な費用があることが分かります。

①土地購入費用 1500万円
②建物本体工事+その他工事

(坪単価85万円×40坪)

3400万円
③付帯工事 700万円
④諸費用 150万円
⑤転居費用 100万円
合計 5850万円

概算ですが、①土地費用、⑤転居費用は人によって様々だと思いますが、②③④はかなり現実の資金計画に近い金額ということになります。

①土地購入費用は郊外の60坪程度の土地をサンプルにしました。

③の付帯工事については、外構工事費を250万円、地盤補強工事費を120万円で算定しました(インテリア工事費は人によって差が大きいところです)。

 

そうすると、土地代と転居費用を除いてもセキスイハイムで40坪の家を建てようとすると、4000万円以上の予算が必要になることが分かります。

予算を極力抑えるためには、③の付帯工事の中の「外構(エクステリア)工事」に費用を掛けなければ節約はできますが、それでも各種工事の費用として最低100万円の予算は必要と考えておいた方が良いでしょう。

 

土地代が2000万円を超える都市部の場合や、マンション売却に伴う住み替えや転居を機に家電・家具を新調するなど転居費用が嵩むことが想定される場合は、予算として6000万円~8000万円程度が必要です。




 

最後に筆者の戯言

いかがでしたでしょうか。やはりセキスイハイムの家の価格は高いでしょうか?インターネットを見ても坪単価はいくらかということばかりが注目されますが、実際には坪単価は建物本体工事+その他工事に過ぎず、それ以外の費用も建築工事総費用の大部分を占めているのです。

 

そうすると、坪単価はおおよその目安として考えて、その他の工事にどのくらいの費用が必要かを早い段階から営業担当を通して収集しておくことが失敗しない資金計画の立て方です。

 

このサイトをご覧になっていらっしゃる方は、少なくともセキスイハイムを候補に新築を考えているか、すでに決めて打ち合わせを進めている方が多いと思います。これからの方で展示場に行く予定がある方は、展示場・モデルルームの営業にぜひ尋ねてください。

 

「40坪の家を建てる場合、土地代を除いて本体価格、外構工事や地盤補強工事、諸費用を含めてどれくらいの予算が必要ですか?土地代を除いて3000万円の予算で鉄骨の家が建てられますか?」

 

この質問に対して「大丈夫です」など肯定的な返答をする営業なら要注意、対応した営業社員は残念ながらハズレの可能性大です。

後々予算オーバーの家になるか、予定より小さな家で設備や商材を標準仕様にせざるを得ないかのいずれかが高い確率で待っています。

 

セキスイハイム推奨の主力設備の外壁磁器タイルや太陽光発電システム、快適エアリーを採用しなければ格段に建築費用は下がります。

一方でセキスイハイム推奨の主力設備が装備されないなら、わざわざセキスイハイムを選ばなくても他のハウスメーカーでも十分家が建つものと考えることもできます。

 

やっぱりセキスイハイムで家を建てると決断したときは、40坪の家を建てるために必要な費用を押さえて、いくら自己資金を準備して、どのように住宅ローンを組むかを考える必要があります。

(予算の考え方については次の記事を参照)

 

(関連記事:セキスイハイムで家を建てて良かった)

 

家づくりのヒントになるブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

マネー・費用・値引き交渉カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.