セキスイハイムのリユース 、メリット・デメリットと注意点

セキスイハイムのリユース 、メリット・デメリットと注意点

セキスイハイムのリユースについては、インターネットの広告やCM等で一度はご覧になった方もいらっしゃるのではないかと思います。また、ホームページからエントリーした以降にお住いの近くの展示場から電話連絡等があった方もいらっしゃるのではないでしょうか?このリユースハイムについてはメリットも多い反面、住宅ローンの借入れ条件に制限があるなど注意点もありますので、本記事にて紹介したいと思います。

リユースハイムとは

そもそもリユースハイムが何かを説明します。

■リユースとは

住宅展示場の建替えなどによって役目を
終えたモデルハウスを、資源を無駄にせず、新たな住宅として再利用。
セキスイハイムが取り組む環境配慮のひとつです。

セキスイハイムのリユースのメリットと注意点

■移築

使用済みの展示場を解体した後に、当選者の指定する土地に移築します。プラン変更がなく展示場をそのまま移築できる場合には展示場の資源を無駄なく使用できます。修繕・交換が必要な部材は新たな部材に交換されますが、再利用率はセキスイハイムの基準に沿って行われます。

リユースハイムのメリット

高性能な品質を通常の価格より安価に手に入れることができる

地震にも耐える強靭な鉄骨ユニットをつなぎ合わせてシェルターのような構造体と、鉄骨や外壁は高耐久部材を使用しており安心な暮らしを手に入れることができます。また、省エネ標準以上の高気密高断熱性能により先々まで快適な温熱環境を保ちます。

(参考記事)

→「工場生産ロボットが作るセキスイハイムの家」を読む

→「セキスイハイムは高気密高断熱の家なのか?」を読む

行政庁からのお墨付き

リユース住宅も注文住宅と同様に建築基準法に基づいて、建物の安全性などのチェックを受けています。そのチェックを通過し、建築許可が下りた上で当選者の方の住まいとして作られます。

Sponsored Link

カスタマイズが可能

当選者の方の敷地に合わせてプランも内装も変更が可能です。ユニット工法なので、ユニット単位での増減が可能となり、敷地に合わせて建坪を減らすこともできます。また、二世帯住宅を建築する場合に備えてユニットを増やして三階建てにプラン変更することも可能です。

セキスイハイムのリユースのメリットと注意点

土地を所有していなくても応募可

土地を所有していない場合でも応募は可能です。その場合はセキスイハイムの建築条件付き土地を紹介されることになると思います。

リユースハイムのデメリット

応募者の個人情報収集ツール

応募申し込みを行うということは、セキスイハイムに貴方の個人情報を提供することになります。これは住宅展示場のアンケートと同様で、アンケート用紙に記入をすることで、ハウスメーカーからDMが続けて送られてくるようになります。実はハウスメーカーの立場になって考えてみると展示場に足を運んでもらうことが一つのハードルなのです。そのために莫大な費用をかけて新聞広告やテレビCMを行います。興味を持って足を運んでもらわなければ、情報を収集することができません。

セキスイハイムのリユースのメリットと注意点

セキスイハイムのリユースの応募やミサワホームの新築資金1000万円プレゼントキャンペーンの応募はその最初のハードルをクリアする情報収集ツールとして、見込み客を容易に大量に集めることができ、企業側にとっては大変役に立っているのです。

さて、リユースの申込書に記載する内容ですが、上記アンケートよりも少し詳細な内容となっています。

  1. 応募理由
  2. 現在の住まい
  3. 建築地予定
  4. 年収
  5. 建築準備資金
  6. 返済可能額

申込後に抽選が行われますが、残念ながら外れても営業対象として今後も営業マンから見込み客として連絡があります(新築を建てる方向で話が進みます)ので、セキスイハイムをハウスメーカーの候補として考えていらっしゃる方は申込みをして損はないと思います。

 コスト高になる可能性あり

展示場は二世帯住宅をモデルとしており、多くの来客者を受け入れる必要があるため天井が高く、廊下も広く作っています。展示場によっては100坪近いものもありますので、実際に抽選後に移築する場合には減築することが一般的です。

その際に間取りの変更や内装・プラン変更などカスタマイズをすることになれば、内容によっては新築で建てるのと変わらないか、採用する設備や商材によってはコスト高になる可能性もあります。加えて「改造費」も発生しますので、必ずお得になるかは最終的に完成してみないと分かりません。

見積りが曖昧かつ内訳が不明なため値引き交渉が難しい

元の部材をどのくらいの比率で使用するかにもよりますし、一から商材を選ぶわけではありませんので、見積の内訳が曖昧です。また、新築の場合と異なって値引き交渉が同じようにできないのはデメリットと言えるでしょう。土地を所有している場合には他のハウスメーカーと競合させながら値引き交渉をするのが一般的ですが、リユースハイムの場合には他社との比較も容易ではありません。

値引き交渉が苦手で金銭的にも余裕があって、セキスイハイムで家を建てることを希望している方には向いているかもしれません。

(関連記事)

→「セキスイハイムの値引き限度額を引き出す交渉術①」を読む

→「セキスイハイムの値引き限度額を引き出す交渉術②」を読む

 住宅ローンの借り入れに制限がある

新築ではありませんので、住宅ローンの借り入れに際して制限があります。例えば、フラット35(35S含む)による借り入れは受けられません。長期優良住宅は対象外となる点に注意が必要です。

特に長期固定金利を検討している方でフラット35を利用したい方は残念ながら対象外の物件になりますので、リユースの申し込みは控えた方がよいでしょう。

(参考記事)

飽くまでも中古物件である

住宅ローンの借り入れの制限もそうですが、展示場で既に使用している部材を再利用するため、使用に支障のない小キズ等があります。一部部材の再利用(再利用率はセキスイハイムの基準あり)であり、飽くまでも中古物件ですので、新規部材との色違い仕様違いが発生する場合があること、引渡し時から生活に支障のない程度の凹み傷や擦り傷があることは了承しなければなりません。よって、これらの傷を修繕する際の費用は通常の新築であればセキスイハイムが負担しますが、リユース物件の場合には施主負担になる可能性の方が大きいため注意が必要です。ご興味のある方は営業担当か設計担当に確認してみてください。

(関連記事)

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

にほんブログ村

メリット&デメリットカテゴリの最新記事