セキスイハイムオーナーズ保険・火災保険はメリットが大きい

セキスイハイムの火災保険「オーナーズ保険」はメリットが大きい(値段・補償内容・構造)

火災発生リスクの確率

実際に火災ってどのくらいの確率で起きているのでしょうか。

平成29年版の消防白書によれば、平成28年中の出火件数36,831件日数で割ると、一日に約100件の出火が全国で起きています。

 

隣家の延焼は補償されない

失火責任法では、故意や重大な過失がない限り、火元となった人は延焼の損害賠償責任を負わなくてよいと定められています。

つまり、自分にはまったく落ち度がなく、隣家が火元の火事で被害を受けたとしても、その損害を隣家に賠償してもらうことができません。

 

これは、火災で発生する損害が甚大であり、一個人に全ての損害賠償責任を負わせるのは困難であるという趣旨があります。

したがって、火災保険に加入していない場合、隣家の延焼によって建物や家財道具を焼失しても誰も補償をしてくれないという事態に陥ってしまうのです。

 

火災保険の補償範囲

火災保険が補償するのは火災の損害だけではありません。

台風による飛来物で家屋の窓ガラスが割れた、大雨で河川が氾濫して床上浸水して家電が水没して故障した。といった、自然現象などで発生する住まいへの損害全般を補償の対象とすることができます。

また、ウォシュレットの給水管が破損して水が漏れてフローリングが破損した、空き巣被害に遭って窓ガラスを壊されたという日常災害リスクも補償対象となります。

 

建物だけではなく家財を補償対象としなければ、燃えづらい家といっても消火活動によって燃え残った全ての家財が水浸しになり使い物にならなくなっても、保険金は支払われないため家財への保険を検討することが望ましいと言えます。

 

セキスイハイムの火災保険オーナーズ保険のメリットが大きい

目安としての世帯家財所有額

  • 20代(3人世帯)633万円
  • 30代(4人世帯)864万円
  • 40代(4人世帯)1198万円
  • 60代(3人世帯)1478万円

 

火災の他に自然災害や盗難リスクもありますし、日常生活の中で不注意によって家電・家財道具を破損してしまう可能性は起こり得ますので、一般的には家財保険もセットで加入される方が多いです。

 

家財の補償額

家財の補償額は、1口100万円から99口9900万円まで設定できます。設定した支払限度額の範囲内で実際の損害額(修理額)免責金額(自己負担額)から差し引いて保険金が支払われることになります。

 

※オーナーズ保険のパンフレットによれば、ノート型パソコン等の携帯式電子事務機器は「日常災害リスク・偶然な事故による破損」によって生じた損害について保険金を支払わない旨の記載がありますので、注意が必要です。