リビングから段差の無いフラットなテラスがお勧め

家づくりの難関は間取りを考える作業です。

家の内側ばかりに頭がいっぱいになって、リビングは狭くないか、家事動線はどうかなど悩むことが多いと思います。

 

特に家の間取りや坪数に制限がある場合には外の空間(テラス)を設けて外と内とを一体として考えることで開放的で広さを感じることができます。

また、自然の風や光を感じ、精神的なくつろぎまで生み出してくれますので、日常のストレスの癒し、又はお子様の情操教育にも役立つことだと思います。

本記事ではリビングと段差の無い(少ない)フラットなテラスのメリットや実例を紹介します。

家づくりの最初の段階から間取りと一緒に外構プランを検討することで、外構工事の予算オーバーを防ぐことができるとともに、最初から内と外との一体感を演出できる素材選びにも役立てることができると思います。