セキスイハイムの雨漏り

セキスイハイムの雨漏りの原因と修繕工事(修繕工事編)

雨漏りの発見に至った経緯

セキスイハイム・セキスイファミエスの半年点検

 

セキスイハイム担当者による1年点検時に、天井の壁紙に線上の染みで雨漏りが疑われました。

本記事で写真を掲載しようと試みましたが、画像では特定できないほど、薄く細い染みでした。肉眼でぱっと見ても分からない程度でした。

今回、雨漏りを特定できたのはファミエスの社員の経験から来る「もしかして」という疑いです。

これを見逃してしまうと、天井の石膏ボードが雨に濡れてたわみが出たり、天井の断熱材が濡れてしまって交換を要するなど、他の部分にも大きな損害が生じてしまうところでした。

 

雨漏りの原因特定

セキスイハイムの雨漏り工事

 

原因を特定するためには、足場を組んで屋根に上る必要があります。

足場業者が来て足場を組む作業が行われ、翌日に屋根に上って原因特定のための調査を行われました。

 

調査の結果、雨漏りの原因と場所を特定することができました。

セキスイハイムの雨漏り
※赤丸が問題の箇所

 

上棟時の最後に屋根(太陽光パネル)を接合する際のコーキング塗布が既定の長さに足りておらず、塗布されていない個所に雨水が溜まって建物内部に浸入。
ユニットの結合部分を伝って石膏ボードが濡れて雨漏りに至った。

 

 

コーキングの目的

  • 緩衝材(弾力性により地震などの揺れや温度変化による収縮膨張に対応できるために使用)
  • 接着材(屋根とパネルの隙間を埋めたり、水回りのシンクと壁の隙間を埋めるために使用)
  • 防水材(雨漏りなどを防止するために使用)

 

シーリング・コーキング
画像引用元:雨漏り修理110番 https://www.amamori-a.com/sealing/

 

セキスイハイムの特徴は、工場で生産されたユニットを現場で組み立てて行きます。

 

セキスイハイムの上棟・据付
画像引用元:セキスイハイム https://www.sekisuiheim.com/feature/

 

ユニットがトラックで運ばれてクレーンによって積み上げられ、工事担当者や業者によってユニットを結合していくのです。

最後の屋根部分を接合する際にコーキング剤が塗布が不足していたというヒューマンエラーが雨漏りの原因でした。