イケア・IKEAのPAXシステムを設置

新築戸建てにイケアのPAXシステム(収納)を使って理想のワードローブを実現

イケアの家具組立てサービスの料金

そこで、IKEAに家具組立てサービスを利用できないか問い合わせたところ、これらの下地補強や組立設置作業も以下の料金を支払うことで、サービスが利用できることが判明しました。

商品代金の20% の料金+以下の費用
基本工賃 5,000円
壁の固定費

(キャビネット1個につき)

2,000円
下地補強費(60cmごとに) 3,000円

 

PAXシステムを新居・新築に設置する方法

内装工事を請け負う工務店に依頼

PAXシステムを新築戸建てに設置する方法について、IKEAワードローブコーナーの販売スタッフに購入者がどのように設置しているかを尋ねてみました。

多くの場合は、新築内装工事を請け負う工務店の大工さんに設置を依頼するケースがほとんどであるとの回答でした。

 

実際に専門の職人さんに任せた方が、長く使うものですので、安全で仕上がりも綺麗なものができますし、仮に施工不良の場合でもセキスイハイムに依頼することで修繕作業を行ってもらえるという利点もあります。

 

また、PAXシステムを設置する箇所以外にもテレビの壁掛け工事等で下地補強工事をする箇所が数か所ある場合は、まとめて工事を行った方が割安になることの方が多いのではないでしょうか。

 

ハウスメーカーではなく、地元の工務店で家を建てる場合などは交渉次第で工賃をサービスしてくれることもあるかもしれませんので、掛け合ってみてはいかがでしょうか。

イケアの家具組立てサービスを利用する場合の注意点

上記のとおり、PAXシステムにもIKEAの家具組立サービスを利用することができます。

内装工事を請け負う工務店に設置工事を依頼する場合とで、どちらが安く済むかは、下地補強の範囲やキャビネットの数によっても異なりますし、内装工事を請け負う工務店の工賃相場によっても変わってきますので一概には言えません。

ただ、キャビネットの数が3つ以上で下地補強の箇所が多くなれば、組立サービス料金は総額で5万円を超える場合もあるでしょうから、ハウスメーカーに設置工事を相談することをお勧めします。

 

IKEAの家具組立てサービスを利用する場合、最も注意しなければならないのは、設置工事は、新居完成後の引き渡しを受けた後に自ら手配する必要があることです。

 

一般的には、引渡し前の工事途中にハウスメーカーが手配した業者以外が建物の中に入って設置工事を行うことはできません(契約されているハウスメーカーの工事担当者や営業担当者にご確認ください)。

加えて、キャビネットを組立てる際のスペースを確保する必要がありますので、引き渡し後にベッドなどの家具を搬入すると、工事が難航すること間違いないと思います。