年収の何倍?住宅ローンの目安とは?返済するためのポイントを紹介

年収の何倍?住宅ローンの返済額の目安を紹介、年収と物件価格

他の人が年収の何倍程度の家を購入しているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

国土交通省が調査を行う住宅経済関連データは首都圏の住宅価格と年収倍率を公表しています。

 

平成28年度の住宅経済関連データによれば住宅の年収倍率は次のとおりでした。

年収平均は786万円

マンションは年収の7.0倍

建売住宅は年収の6.1倍

でした。

 

借りられる額と返せる額

セキスイハイム年収の何倍まで?住宅ローンの目安を返済額
 

 

住宅ローンは金融機関から借りられる額ではなく、返せる額を基準に融資希望額を決めることが大切です。

超低金利の時代ですから、上記のように年収の7倍の物件を購入することも可能です。

 

審査要件を満たす施主の場合には、返済比率が緩やかな金融機関では借りられる額が非常に高額になります。

 

そうして限度額まで借りてしまうと、将来、子どもの教育費や親の介護など支出が増えたときに返済に窮してしまい、立ち行かなくなるのです。

理想の返済比率

住宅ローンの返済額は年収の20%以下に抑えることが理想的です。

一般的に住宅ローンの返済額は、年収の25%以内が安心だと言われています。

単純に計算した場合、年収700万円だと25%は175万円、毎月の返済額は約14万5000円です。

 

ただし、返済額が妥当かどうかはご家庭によって異なります。

配偶者が働いている場合、妊娠・出産で休業したり、待機児童で職場復帰が予定通りに進まないと、住宅ローンの返済を当てにしていた分、大打撃を受けることになります。

また、お子様の進学に伴う学費や塾費用・予備校費用などかなり家計を圧迫することになります。

順調に昇給があれば良いのですが、会社の業績が悪化したり、ボーナスがカットされたり、吸収されたり、数年前には予想できなかったことが起きないとも限りません。 

 

年収別ローン返済額

そこで、年収の20%を目安として、年間返済額と毎月の返済額を考えてみましょう。

現在、賃貸の方は家賃と比較して負担の増減を確認してみてはいかがでしょうか。

額面年収 年間返済額 月額返済額
300万円 60万円 5.0万円
400万円 80万円 6.7万円
500万円 100万円 8.3万円
600万円 120万円 10.0万円
700万円 140万円 11.7万円
750万円 150万円 12.5万円
800万円 160万円 13.3万円
850万円 170万円 14.2万円
900万円 180万円 15.0万円
950万円 190万円 15.8万円
1,000万円 200万円 16.7万円

 

上記金額に加えて、固定資産の支払、分譲マンションの場合は管理費と修繕積立費が必要になります。

 

施主
そうか、マイホームは家賃だけじゃないよね。
固定資産税、マンションの場合は修繕積立金や管理費もあるよね、それらも計算して無理のない返済計画を立てないと。

最後に

借りられ額を目一杯まで借りることはできますが、人生は何が起きるか分かりません。

家が人生の全てではありませんから、ご夫婦で、10年先のライフプランと住宅ローンについてよく話し合うことを強くお勧めします。

特にお子さんがいらっしゃる場合には、習い事、進学塾、クラブ活動費、大学進学に向けての教育費の積立てが必要になりますので、お子さんの年齢やこれからの進路について、ご家族で話し合ってみるのもいかがでしょうか。

 

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ 

にほんブログ村 住まいブログへ