セキスイハイムの坪単価を下げる方法を紹介

セキスイハイムの坪単価を下げる方法を紹介

大手ハウスメーカーの中でも坪単価が高いことで有名なセキスイハイム、インターネットでの検索でも「セキスイハイム」と入力すれば入力候補として「坪単価」「価格」というキーワードが検索されるほどです。

セキスイハイムを検討している人にとっては、ハウスメーカーを比較するのにも役立つ目安なので、興味のあるところだと思います。

本記事ではセキスイハイムの坪単価を下げる方法についてご紹介します。

 

坪単価の全国平均

坪単価の全国平均は,50万円〜60万円が相場です。
これは一から家作りを行う注文住宅から建売住宅など全て含めた金額の平均です。
坪単価とは,建物の床面積1坪(約3.3㎡)当たりに建築費がいくら掛かっているかを算出したものです。

計算方法は,家の本体価格 ÷ 延床面積(建物の床面積の合計)= 坪単価
例:本体価格4000万円で延床面積が40坪の場合
4000万円 ÷ 40坪=100万円 

坪単価は100万円です。

ハウスメーカーによって本体価格に含めるものが異なったり,延床面積ではなく施工面積で算出したりと、実は坪単価を算定する上で共通のルールはないのです。

例えば、玄関ポーチや二階の吹き抜け部分も含める施工面積で計算した場合には、分母の数字が大きくなるため,当然に坪単価は安くなります。

 

セキスイハイムの坪単価の平均

さて、セキスイハイムの坪単価はというと,全国の同社平均で約80万円と大手ハウスメーカーの中でも高額です。

現在、目玉商品として施工件数が多いスマートパワーステーションシリーズは坪単価が80~100万円近くまで上がっているという情報もあります。

当然ながら、坪単価が上がるには上がる理由があります。

セキスイハイムの坪単価は

建物本体工事費及びその他工事費」を床面積で割ったものであり,屋外工事・外構工事費・地盤補強工事等の付帯工事は含まれていません。

 

「その他工事」とは

その他工事とは、以下のセキスイハイムの主力設備の工事費用を指します。

・外壁磁器タイル
・太陽光発電システム
・蓄電システム
・HEMS(ホームエネルギー・マネジメントシステム)
・快適エアリー

 

坪単価が高い理由

セキスイハイムの坪単価が高い理由にはこの「その他工事」にポイントがあります。つまり、「その他工事」に当たる主力設備を導入するとその分の費用が嵩むため坪単価を押し上げる結果に繋がります。

そうは言っても、セキスイハイムの主力設備に魅力を感じたからこそ、何社かのメーカーからセキスイハイムを選んだという方も多いはずです。

 

しかし、現実問題として、予算との兼ね合いもあるでしょう。魅力的な設備を全て導入することが出来れば良いのですが、今後、建築工事請負契約契約が終われば、インテリア工事や外構工事といった予算オーバーの原因となる打合せが待っています。

 

そうすると設備ばかりに予算を掛けられないという状況にもなりかねませんので、各設備に掛かる費用を抑えて設備の導入を検討してください。

 

では、設備費用の概算を見ていきましょう。費用は施工面積に応じて変わりますので、40坪の建物をサンプルにしています。

総タイル外壁仕様

建物の外壁をラスティックタイル仕様にした場合は約105~110万円は見ておくと無難です。

グレードが上の凹凸のあるレジデンスタイル仕様にした場合は約190万円にまで上がります。

(参考記事)

 

太陽光発電システム

容量にもよりますが,約6.83kwの場合は約260万円です。スマートパワーステーションシリーズを選ぶ場合は、必然的に太陽光発電システムを採用することになるでしょうから、坪単価は高くなる傾向にあります。

売電による光熱費を抑える効果も将来的に見込めることから先行投資としての意味合いはあると考えます。

 

快適エアリー

建物で1階のみに快適エアリーを装備した場合は約86万円です。

(関連記事)

 

上記設備を合わせると500万円前後の費用が建物本体工事に加わります。

これに蓄電池システムを加えたり、太陽発電の容量を大きくすれば、建物本体価格は増加し、当然に坪単価は高くなります。

 

ということは、裏を返せば、これらの設備を割り切って採用しなければ他のハウスメーカーとそれほど費用の差はなくなります。

 

坪単価を下げる対策①

主力設備の優先順位を考えて費用を掛けるところと掛けないところのバランスを取って、割り切って特定の設備は採用しないと決めると坪単価は下がります。

これが一番価格を抑える上で有効な対策です。

大手ならではの安心感やメンテナンス保証の充実などの魅力が大きく、太陽光発電システムや外壁磁器タイルなど構造・設備の魅力もセキスイハイムを選ぶ理由の一つだと思います。

しかし、優先順位を付けて一つの設備を導入しないだけでも費用は軽自動車1台分は節約できます。

 

坪単価を下げる対策②

もう一つの対策は、「建物本体工事+その他工事」に対して値下げ交渉を行うことです。

建築工事請負契約を結ぶ前にこれらの設備を含めた建物本体価格からどれだけ値引きを引き出すかで、坪単価をかなりの額引き下げることができます。

 

建築工事請負契約を結ぶ前には最低でも300万円~500万円は値下げを引き出しておかなければ、インテリア工事や外構工事等の付帯工事で費用が嵩み、予算オーバーという事態になりかねません。

 

具体的な値引き交渉については参考記事をご覧ください。

(参考記事)

 

直接、坪単価とは関係ありませんが、セキスイハイムの外構工事費用も非常に高く、外構工事費用は専門業者に依頼した方が良いのではないかと思うほどです。

外構工事の打合せは最後の最後です。しかし、建築工事総予算の資金計画(予算)を考える上で予算オーバーにならないように早めに打ち合わせを依頼しておくと、実際に外構工事にどのくらいの費用が必要なのか理解することができ、その他のインテリア工事のときの予算配分に生かすことができます。

(参考記事)

 

セキスイハイムも利益を求める企業である以上は、あらゆる工事・部材に利益を上乗せすることはやむを得ないとは考えますが、価格の不透明さや部材の価格を営業担当に説明を求め、いかにクリアにして納得性を高めていくか施主側にも努力が求められます。

 

最後に筆者の戯言

家づくりを進めていくうえで、坪単価という一つの目安もハウスメーカーの比較検討には大切ですが、もっと大切なのは具体的に家づくりをするための「予算組み」です。

 

いくら自己資金を用意して、残りを住宅ローンで賄うのか、その場合の住宅ローンの返済額(月・ボーナスを含めた年間返済額)を概算でも自分で勉強しておくことが大切です。

 

適正な資金計画と予算組みができてこそ、坪単価という目安を利用した建築工事の費用を比較検討することができ、自分の収入や資産に合ったハウスメーカーかどうか判断することが可能になります。

 

モデルルームや展示場を見学して妙なテンションになり冷静さを欠いた場合は、高額な建築費用を知った後でも、プロの営業トークに翻弄されて「今の家賃と同じくらいなら払えるかもと家を買うことに対して一気に視野が狭くなって、適性な予算額を見失って、家を建てることに突き進んで高額な住宅ローンを組むことになりますので、坪単価を知ることも大切ですが、上記のとおり予算組みも大切です。

(関連記事)

 

 

セキスイハイムの家づくりの参考になるブログがいっぱいありますよ!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

マネー・費用・値引き交渉カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.