セキスイハイムの坪単価を下げる方法を紹介

セキスイハイムの坪単価を下げる方法を紹介





大手ハウスメーカーの中でもセキスイハイムは坪単価が高いことで有名です。インターネットでの検索でも「セキスイハイム」と入力すれば入力候補として「坪単価」「価格」というキーワードが検索されるほどです。

セキスイハイムを検討している人にとっては、ハウスメーカーを比較する際に役立つ目安となる価格なので、興味のあるところだと思います。

本記事ではセキスイハイムの坪単価と坪単価を下げる方法、そして注意点についてご紹介します。

坪単価の全国平均

坪単価の全国平均は,50万円〜60万円が相場です。
これは一から家作りを行う注文住宅から建売住宅など全て含めた金額の平均です。
坪単価とは,建物の床面積1坪(約3.3㎡)当たりに建築費がいくら掛かっているかを算出したものです。

計算方法は,家の本体価格 ÷ 延床面積(建物の床面積の合計)= 坪単価
例:本体価格4000万円で延床面積が40坪の場合
4000万円 ÷ 40坪=100万円 

坪単価は100万円です。

ハウスメーカーによって本体価格に含めるものが異なったり、延床面積ではなく施工面積で算出したりと、実は坪単価を算定する上で共通のルールはありません。

例えば、玄関ポーチや二階の吹き抜け部分も含める施工面積で計算した場合には、分母の数字が大きくなるため,当然に坪単価は安くなります。

ハウスメーカーが異なれば同じ建坪の家でも坪単価が異なります。坪単価が高いからといって直ぐに敬遠するのも、逆に安いからといって飛び付くのも注意が必要です。

 

セキスイハイムの坪単価の平均

さて、セキスイハイムの坪単価については,全国の同社平均で約80万円と大手ハウスメーカーの中でも比較的高額な部類に属します。

現在、目玉商品として施工件数が多いスマートパワーステーションシリーズは坪単価が80~100万円近くまで上がっているという情報もあります。今後、パルフェが刷新されたことも坪単価が上昇する要因になると推測します。

 

当然ながら、坪単価が上がるには「理由」があります。

というのも、セキスイハイムの坪単価の構造についてみると、坪単価は建物本体工事費及びその他工事費を床面積で割ったものであり、屋外工事・外構工事費・地盤補強工事等の付帯工事は含まれていません。建物本体工事費は家を作るための工事費であることがお分かりだと思いますが、「その他工事費」という名目の費用が大きく坪単価に影響を及ぼしているのです。

それでは「その他工事費」についてみていきましょう。

 

「その他工事」とは

その他工事とは、セキスイハイムの主力設備の工事費用を指します。以下の設備が該当します。

  1. 外壁磁器タイル
  2. 太陽光発電システム
  3. 蓄電システム
  4. 快適エアリー

いずれもセキスイハイムの代名詞となっている主力設備ですので、建築面積に応じて異なるものの、100万円以上の費用のものが多く占めています。

 




坪単価が高い理由

つまり、セキスイハイムの坪単価が高い理由にはこの「その他工事」にも要因があり、主力設備を導入するとその分の費用が嵩むため坪単価を押し上げる結果に繋がるのです。

では、設備費用の概算を見ていきましょう。費用は施工面積に応じて変わりますので、40坪の建物をサンプルにしています。なお、筆者邸は蓄電池システムを採用しておりませんので、詳細の価格を提示できません。

総タイル外壁仕様

建物の外壁をラスティックタイル仕様にした場合は約105~110万円は見ておくと無難です。

グレードが上の凹凸のあるレジデンスタイル仕様にした場合は約190万円にまで費用が上がります。

(参考記事)

 

太陽光発電システム

容量にもよりますが、約6.83kwの場合は約260万円です。スマートパワーステーションシリーズを選ぶ場合は、必然的に太陽光発電システムを採用することになるでしょうから、坪単価は高くなる傾向にあります。

 

快適エアリー

建物で1階のみに快適エアリーを導入した場合は約86万円です。

(関連記事)

 

上記設備を合わせると500万円前後の費用が建物本体工事に加わります。

これに蓄電池システムを加えたり、太陽発電の容量を大きくすれば、建物本体価格は増加し、当然に坪単価は高くなります。

 

坪単価を下げる対策①

主力設備の優先順位を考えて費用を掛けるところと掛けないところのバランスを取って、割り切って特定の設備は採用しないと決めると坪単価は下がります。これが一番価格を抑える上で有効な対策です。

大手ならではの安心感やメンテナンス保証の充実などの魅力が大きく、太陽光発電システムや外壁磁器タイルなど構造・設備の魅力もセキスイハイムを選ぶ理由の一つだと思います。

しかし、優先順位を付けて一つの設備を導入しないだけでも費用は軽自動車1台分くらいは節約できます。

 

坪単価を下げる対策②

もう一つの対策は、「建物本体工事+その他工事」に対して値下げ交渉を行うことです。

建築工事請負契約を結ぶ前にこれらの設備を含めた建物本体価格からどれだけ値引きを引き出すかで、坪単価をかなりの額引き下げることができます。

 

建物工事請負契約を結ぶ前には300万円~500万円は値下げを引き出しておかなければ、インテリア工事や外構工事等の付帯工事で費用が嵩み、結果的に予算オーバーという事態になりかねません。この基本契約を結ぶ際に大きな値引き額を引き出すことができれば、坪単価を引き下げることができます。

 

具体的な値引き交渉については参考記事をご覧ください。

(参考記事)

 

直接、坪単価とは関係ありませんが、セキスイハイムの外構工事費用も非常に高く、外構工事費用は専門業者に依頼した方が良いのではないかと思うほどです。

 

外構工事の打合せは家づくりの最終段階ですが、建築工事総予算の資金計画(予算)を考える上で予算オーバーにならないように早めに打ち合わせを依頼しておくと、実際に外構工事にどのくらいの費用が必要なのか大まかな金額を把握することができるので、その他の打合せの際に適切な予算配分を行うことができます。

(参考記事)

 

セキスイハイムも利益を求める企業である以上は、あらゆる工事・部材に利益を上乗せすることはやむを得ないとは考えますが、価格の不透明さや部材の価格を営業担当に説明を求め、いかにクリアにして納得性を高めていくか施主側にも努力が求められます。

 

最後に注意点

家づくりを進めていくうえで、坪単価という一つの目安もハウスメーカーの比較検討には大切ですが、上記のとおり一つの目安に過ぎません。「坪単価」という一つの物差しでハウスメーカー選びを行うことはリスクが高くなり、希望を叶えてくれるメーカーや工務店との出会いを見過ごしてしまうこともあります。

坪単価という物差しを持って、家を建てる際にどのような費用が掛かり、いくらの予算を立てなければいけないのか、そのためにどのくらいの自己資金を用意して、いくら銀行から住宅ローンを借りるのが適正なのか知ることも家づくりでは非常に重要になってきます。

つまり、適正な資金計画と予算組みができて、初めて「坪単価」という目安を利用したハウスメーカーの比較ができるのだと考えます。坪単価は飽くまでも目安に過ぎない、過大に反応する必要はないと思っていただいて結構です。

 

(関連記事:借りられる金額と返せる金額は違う)

 

(関連記事:新生活に必要な費用と正しい資金計画の立て方)

 

セキスイハイムの家づくりの参考になるブログがいっぱいありますよ!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

マネー・費用・値引き交渉カテゴリの最新記事