セキスイハイムの快適エアリーのデメリット(欠点・価格費用・メンテナンス・故障や保証)を知り失敗を回避

セキスイハイムの快適エアリーのデメリット(欠点・価格費用・メンテナンス・故障や保証)を知り失敗を回避



セキスイハイムで新築戸建てを建てる方は、同社の主力設備である第一種換気システムを備えた全館空調機「快適エアリー」を採用するかどうかに悩んでいませんか?

セキスイハイムの代名詞「あったかハイム」は快適エアリー無しでは語れません。しかし、メリットがある一方で当然ながらデメリットもあります。導入金額も高額であり、一度採用を決めて工事を行うと容易に変更できないため、本記事で解説するデメリットを十分に理解しておかなければ確実に後悔することになります。

快適エアリーの導入金額、お子さんやペットがいらっしゃる際の注意点、掃除などメンテナンスの煩わしさ、家具のレイアウト、快適エアリーの保証期間等について、実際に住んで使用している視点から解説しますので、ぜひ参考にしてください。




快適エアリーは全館空調(第一種換気)

快適エアリーは①ヒートポンプ式冷暖房・除湿ユニット②熱交換型第一種換気システムで構成されており、家中に心地良い空気をまんべんなく循環させ、室内の温度差や居室と廊下などの非居室との温度差を軽減でき、ストレスの少ない空気環境を実感できます。

また、24時間365日換気を行い、高性能フィルターで洗浄された空気のみを室内へ送ります。高性能フィルターを設置した一ヶ所から、家中の空気の排気と吸気を行うため、埃や花粉などを除去し、清浄な空気を家全体に循環させます。

快適エアリー
リンク先:セキスイハイム

 

 

快適エアリーのデメリット・欠点

快適エアリーはエアコンより高額

筆者邸は一階(約70㎡)にのみ快適エアリーを設置しました。

導入金額は約86万円です。一般的な住居で25畳のLDK対応のエアコンであれば15~25万円ほどあれば十分だと思いますので、快適エアリーを設置する場合はエアコンに比べて3倍以上の価格差があります。

快適エアリーと一般的なエアコンの差額は60万円前後と大きいため、デメリットと言えるでしょう。

子供やペットがいる家庭に不向き?

セキスイハイムのオーナーの中には、小さな子供が吹出口に物(玩具や食べ物)を落とさないか、ペットの毛玉や嘔吐物が落ちないかを心配して設置を避ける方もいらっしゃるようです。

水やジュースなどをこぼすと故障の原因にはなると思いますので、その点は注意が必要です。ただ、取扱説明書にもありますが、少量の水であれば風で乾くのでそれほど気にしなくて良いです。

また、個人的な感想にはなりますが、筆者邸では室内で小型犬を飼っていますが、快適エアリーを設置していることでのデメリットを感じたことはありません。

オプションにはなりますが「プラズマクラスター」機能を付けることができますのでペット臭対策に脱臭機や空気清浄機をお考えの方はご検討ください。

別に空気清浄機を購入しなくとも快適エアリーにすることでペット臭対策もできるので、採用するメリットはデメリット以上に大きいと思います。

なお、プラズマクラスター機能をオプションで付けた場合、費用は約18万円アップです。快適エアリー自体に空気清浄機能がありますが、プラズマクラスター機能を付けることで更に付加価値が高まり、別に空気清浄機を購入する必要はありません。

 

セキスイハイム快適エアリーのデメリットを理解して失敗を防ぐ
イメージ

 

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では多少なりとも気を使う場面が出てくるかもしれませんが、暖房時に吹きしグリルから暖かい空気が吹き出ます。

取扱説明書には、吹出しグリルの上に長時間乗ったり寝転がるのは「やけど」に繋がるおそれがあるため注意が必要な旨が記載されていますが、温かくなるものの高温にはなりませんので、個人的には大丈夫だと思います。

このような記載があるのは、色々なリスクがあることを予め注意喚起しておかなければと思う企業のリスクマネージメントの一環でしょう。冷房運転の風は冷たくて気持ちが良く夏は快適ですし、お風呂上りは吹き出し口の傍にいると最高です。

快適エアリーの評判・口コミ(入居者インタビュー)

セキスイハイムのオーナーの「快適エアリー」についてのご意見です。

【神奈川県 Oさま邸】

快適エアリーのデメリット。お子さんにも快適
リンク先:セキスイハイム

 

【福岡県 Hさま邸】

セキスイハイムの快適エアリー
リンク先:セキスイハイム

 

【奈良県 Tさま邸】

快適エアリーの評判・口コミ
リンク先:セキスイハイム

 

快適エアリーのメンテナンスがデメリット

リモコンのお掃除表示が点灯したらグリルカバー(格子状)とフィルターの掃除が必要です。

空気清浄機やエアコンのフィルターと同様に10日~2週間に一度くらいの割合で掃除をする必要があります。壁付けのリモコンから掃除をお知らせする電子音が鳴りますので、メンテナンスを忘れることもありません。

これがデメリットかどうか分かりませんが、定期的な手入れが必要なのは間違いありません。ただし、エアコンと違って脚立や椅子でフィルターを外してという作業は必要なく、床面にあるため掃除機やブラシで掃除が可能です。

 

セキスイハイムの快適エアリーのメンテナンス
リンク先:セキスイハイム「オーナーサポート」

 

メンテナンスの詳細は下記関連記事を参照ください。

(関連記事:快適エアリーのお手入れ)

 

床下は冷房運転ができない

暖房は床下運転が可能なので、冬場の洗面室・脱衣室はヒートショックを防ぐことができます。

しかし、洗面室・脱衣室の吹出口は、床下系統を使用して空調をしており、床下系統は、足元の冷えと結露防止のための吹出を行わないため、洗面室も同様に冷房の吹出を行うことができません。

夏場の脱衣室も快適エアリーの冷房運転を期待している方にとってもはデメリットと言えます。なお、除湿運転は

窓を開けて換気できない?

快適エアリー自身のデメリットではありませんが、機械制御によって吸排気を計画している第一種換気システムですので、24時間運転し続けることが家にとっても良いことです。

そうすると窓が開けられないとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

開閉できる全ての窓には網戸が付いていますので、自然の換気がしたくなれば、機械制御の「換気」スイッチを切って窓を開ければ良いのです。実際に過ごしやすい季節の時は窓を開けて網戸にしている方は多いと聞きます。

もちろん高性能のフィルターがあるのに網戸から埃や花粉が入ったら意味がないという指摘もありますが、適度な自然換気は良いと思います。これは、アフターメンテナンスを行うセキスイファミエスの担当者も同様の見解でした。



吹出・吸入グリルの上に家具を置けない

快適エアリーを設置した場合は、吹出・吸込グリルが床面に設置されます。

セキスイハイムに快適エアリーのデメリット
1階の吹出グリル

 

2階に快適エアリーを設置しない場合でも、換気システムによる吹出グリルが床面に設置されます。

快適エアリーのグリル
2階の吹出グリル

 

設計の打合せ段階で吹出・吸込グリルの位置を決める際に、リビング内にソファやテレビボード、シェルフなど置き家具の位置を考えておく方が良いでしょう。

たとえば「ソファを壁に寄せたい」と考えているときは、グリルの上にソファ等の家具が来ないように吹出・吸込グリルの位置を家具を置かないスペースにずらしましょう。これも間取を打ち合わせるとき、インテリア打合せのとき、設計との打ち合わせのとき、いずれでも良いので、置き家具の位置をイメージしながら邪魔にならないスペースに吹出・吸込グリルを配置します。

2階の個室・寝室にも上記写真の吹出グリルがせっちされますので、デスク(学習机)・本棚等の家具を置く予定があるときは間取りを考える際に、どの位置に家具を置くかを決めることで吹出グリルとの干渉を回避できます。

2階に快適エアリーを設置した場合のデメリット

2階に快適エアリーを設置した場合はは床ではなく壁付け(壁面上部グリル)から冷暖房の風が出るようになっています。

デメリットは、2階部分に「ヒートポンプ式冷暖房・除湿ユニット」を設置する必要があるため、その分の収納スペースなどが狭くなります。加えて、上記ユニットから各部屋までダクトを伸ばす必要があるため、ダクトを2階の天井裏に通すことになり、天井が数十センチほど低くなるというデメリットがあります。

1階にLDKを置く間取りのご家庭が多く、在室時間が長いため、一般的には1階に快適エアリーを設置して、2階の個室や寝室には通常のエアコンを設置するご家庭が多いようです。

快適エアリーの公式動画

快適エアリーについての公式動画です。

 

快適エアリーの保証期間

快適エアリーの保証期間は10年間です。完成後に工事担当から「住宅設備延長保証書」の交付を受けます。

(関連記事:セキスイファミエスの延長保証)

 

快適エアリーの取扱説明書

快適エアリーの説明書は、セキスイハイムのオーナーサポートサイトからダウンロードすることが可能です。家の完成引き渡し時期によって快適エアリー自体が少しずつ変わってきていますので、最新のものを閲覧ください。

(リンク先:セキスイハイムのオーナーサポート)

 




最後に

セキスイハイムの主力設備の快適エアリーにもデメリットは存在しますが、社員から積極的にデメリットが説明されることはありません。

実際に間取りを考えるときのグリルの位置や住み始めて多少の注意を払うことはあります。ただ、筆者はこのようなデメリットよりも遥かに得られるメリットの方が大きいと実感しています。

やはり日本アルプス級の綺麗な空気や温暖差の少ない住居という魅力は、今から年を重ねていくと身体面での負担を軽減できるという点も多いに期待できるところです。

最近のエアコンは性能が良く長持ちしますが、全館空調というのは難しく非居住スペースとの温度差までは解消できませんし、エアコンでは快適エアリーと全く同じ性能は手に入りません。

また、筆者邸は太陽光発電システムを導入しており、スマートハイムナビやHEMSを使った効率的な省エネを実現する上で既製品のエアコンよりも快適エアリーを利用した方が利便性と快適性が大きいのはメリットです。

下記関連記事も参考にしてください。

(関連記事:スマートハイムナビとHEMSのメリット)

(関連記事:あったかハイムと快適エアリーの暖房性能)

 

 

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ  にほんブログ村 住まいブログへ



 

快適エアリーカテゴリの最新記事