セキスイハイムの水まわり設備の賢い選び方

セキスイハイムの水まわり設備の賢い選び方

この記事は約7分で読めます。

セキスイハイムは全国各地に会社がありハウスメーカーの中でも年間着工数は1万件以上というトップクラスの施工数を誇るハウスメーカーです。

ですから、パナソニック・リクシル・タカラスタンダード・クリナップといった大手住宅設備メーカーと提携したセキスイハイム仕様の水まわり設備(主にシステムキッチン)が各メーカーに用意されています。

つまり、結論を申し上げると、セキスイハイム仕様のシステムキッチンを採用することが水まわり設備の予算(費用)を抑える最善の方法だということです。

本記事では、水まわり設備を決めるまでの流れや、設備の選び方について紹介しますので、これから住宅設備メーカーのショールームを訪問する方、具体的な設備を決める作業に移る方のお役に立てば幸いです。





メーカーのショールーム訪問の流れ

間取りプランが概ね決まり、外壁磁器タイルや太陽光発電システムなどのシステム採用が決まり、セキスイハイムとの間で建築工事請負契約を交わした段階で、いよいよ水まわり設備を決めるための作業へと移ります。

ショールーム訪問には予約を取って訪問するのが一般的です。そのため、セキスイハイムの営業担当が、どの設備メーカーのショールームを訪問するかスケジュールを組みます。

そして、ショールームを訪問すると、住宅設備メーカーの案内担当が専属で一人付いて、キッチンや洗面化粧台、トイレの各設備の説明を行うとともに、質問に答えながら商品を選んでいく流れです。

案内担当は選んだ商品を録取し、見積書を作成するための作業を行っていきます。

リクシルショールーム、水廻り設備の案内
リンク先:リクシルショールーム

 

この段階では全て定価での説明になります。後日、提示される見積書は、セキスイハイム提携価格での値引きが適用されますので、まずは希望の商品やオプションを一通り選び、見積書が完成した時点で予算との兼ね合いでオプションを外すかどうか検討することをお勧めします。

というのも、キャンペーンや提携価格等で思った以上に値引きされることも多いので、値段ばかりを気にしながら選ぶと、引渡し後に「あのときオプションを付けておけば良かった」と後悔することもあります。

オプションを多く採用すれば費用は上がりますが、利便性や生活の質は向上しますので、必ず採用するオプションと余裕があれば採用したいオプションの優先順位を付けると良いでしょう。

この段階は、最終決定ではありません。住宅設備メーカーに発注を掛けるまでに何度も変更・追加することは可能です。悩みに悩んで紆余曲折を経て最終決定するくらいで丁度良いと思います。

一般的には、システムキッチン・洗面化粧台・トイレを各住宅設備メーカーの商品から選び、浴室はセキスイハイムのラインナップから選ぶことになります。

 水まわり設備

システムキッチン

各メーカーのショールームでセキスイハイム仕様の標準キッチンを選ぶこともできますが,オプション部材を追加で選ぶことができます。

例えば、水栓をセンサー付きの自動水栓に変更したり,食洗機のグレードを上げたり、レンジフードを変更したり、カップボードを好きな住宅設備メーカーのものから採用することができます。

また,セキスイハイム仕様のシステムキッチンではイマイチ物足りない場合は,セキスイハイム仕様を選択せずに一からショールームで選ぶこともできます。その場合の費用はセキスイハイム仕様のシステムキッチンに比べて、採用するグレードやオプションの数にもよりますが、見積書記載の金額から数十万~100万円程度は上がると思います。

最初に書きましたが、予算内に収めたい場合にはセキスイハイムの仕様のシステムキッチンを選ぶ方が賢明です。

(関連記事)

なお、予算にゆとりがある方、特にシステムキッチンに優先的にお金を掛けたいという方は、長期間使用するものなので、最上位グレードのシステムキッチンがお勧めです。

個人的にはパナソニックのLクラスキッチンは高級感があり機能的にも充実していますのでお勧めです。

リクシル、Lクラスキッチン新商品
リンク先:Panasonic(新商品)

 

洗面化粧台

洗面台もシステムキッチン同様に各住宅設備メーカーから選ぶことができます。

種類も様々で洗面器のタイプもベッセル型・埋め込み型などがあり、スタイリッシュで選ぶ商品によってはホテルライクのパウダールームに近づけることも可能です。毎朝支度をする空間ですから、上質で落ち着いた雰囲気の設備がお勧めです。

リンク先:リクシル

 

上写真はリクシルのルミシスシリーズです。ボウル一体型の商品でキャビネットの扉や照明、ミラーなど非常に上質でスタイリッシュな空間演出にピッタリの洗面化粧台です。

(関連記事)

トイレ

トイレも一般的には、提携メーカーの商品を採用することになります。パナソニックやリクシルなどメーカーによって特徴が異なりますので、比較検討した上で採用するとよいでしょう。

トイレだけではなく手洗いやカウンター、手洗いなど周辺の部材の豊富さも選ぶ際の材料にすることをお勧めします。

リクシルのトイレ
リンク先:リクシル

 

また、上記メーカーのほかにTOTOから採用することも可能です。

セキスイハイムの設備カタログにもTOTOの「ネオレスト」が紹介されていますので、「トイレはTOTOに限る」という方はインテリア担当か営業担当にお伝え下さい。

(関連記事)

浴室(バス)はセキスイハイムから

これまでシステムキッチン・洗面化粧台・トイレを紹介しましたが、「お風呂は?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

お風呂(主に浴槽)も住宅設備メーカーのものを採用することもできるのですが、そうすると、セキスイハイムの浴室ユニット規格に適合しないため、規格をメーカーに合わせるための工事費が別途発生するというデメリットがあるのです。

したがって、施主のほとんどはセキスイハイムの浴室プランから選んでいるというのが現状です。

どうしても住宅設備メーカーの浴室を採用したいという方は、どれくらいの工事費が加算されるか営業もしくは設計担当にお尋ねください。

 値引き率

水まわり設備を一つのメーカーで揃えた方がいいのか、設備ごとに好きなものを採用した方が良いのか迷うこともあると思います。答えは単純で設備のほとんどを同じメーカーで採用した方が当然ながら値引き率は良くなります。

もっとも、「キッチンはパナソニックが良いけど、洗面化粧台はリクシルが良いな」というのも値引き額は低くなりますが、それぞれ好きな商品を選ぶ楽しみと、住み始めてからの後悔がないため家づくりの満足度は当然高くなります。

なお、住宅設備メーカー同士は自社商品をいかにセキスイハイムのお客さんに購入してもらうかというライバル関係にあります。つまり、住宅設備メーカーにとっての直接の取引先はショールームに来店した施主ではなくセキスイハイムの営業担当ですから、自社商品を宣伝するために、新商品が出たり、キャンペーンを開催する際にはセキスイハイムの展示場に営業に行くのです。

したがって、見積書に記載された希望の設備の値引きは、セキスイハイムの営業担当を通して、メーカーの営業に交渉をしてもらうことになります。

ハウスメーカーとの今後の付き合いもありますから、住宅設備メーカーも利益率を計算しながらギリギリのところまで勉強する訳です。

裏技として、施主が直接、住宅設備メーカーの担当者(見積書に担当者名が記載されています)に値引き交渉をすることも可能です。筆者はパナソニックとリクシルの担当者と直接交渉をして、当初の見積額よりも大幅な値引き額を引き出すことができました。

セキスイハイムの営業担当に尋ねたところ、これまで直接交渉をする施主は聞いたことがないとのでしたが、筆者は値引き交渉が得意なので自分で交渉をした方が値引きを勝ち取れる自信がありました。特に営業に従事されている方はご自身の特技を生かして交渉してもよいと思います)。

ショールームは魅せることを第一に考えて展示しているため、初めて見学したときは最新の設備に感動してテンションが上がり冷静な比較検討ができなくなることが多いです。

時間的な余裕があれば、見積書ができた段階で再訪することをお勧めします。希望する設備やオプションを見積書で確認しながら、もう一度採用を検討することで、冷静に予算内の調整と優先順位を付けて取捨選択することができるようになります。

水まわり設備以外にもインテリア工事や家具、照明や外構など決めることは山ほどありますので、全体の予算を見てからでも削る作業は遅くありません。

(関連記事)




↓↓家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

水まわり設備カテゴリの最新記事