後悔しないセキスイハイムの外構工事、高いエクステリア費用を値引きするコツ

後悔しないセキスイハイムの外構工事、高いエクステリア費用を値引きするコツ

ハウスメーカーで外構工事を依頼すると非常に高額な工事費用が掛かります。その中でもセキスイハイムは外構工事が高いことは有名です。エクステリアの専門業者に新築外構を依頼した方が、同じくらいの価格帯でグレードアップしたエクステリアが実現できます。

本記事では、セキスイハイムで外構工事費用を抑えて、さらに値引きができる方法を考えていきたいと思います。




では、その前に、外構工事に至るまでの流れを押さえていきましょう。

外構工事の打合せのタイミング

内装(インテリア)工事の打合せが終わり、工場発注をするタイミング前後でエクステリア担当の社員と打合せが始まります。

外構工事の打合せ時期は家づくりの一番最後になるのが一般的です。

 

予算配分を考えながら家づくりをするということは、当然に家周りの外構工事費用も予算に含まれます。しかし、建物本体の設備やインテリアの打合せに相当の時間を費やしているため、ほとんどの施主が外構工事に回す予算が足りないという事態に陥ってしまいます。



エクステリア工事の予算不足を防ぐ対策

外構工事費用の予算不足を防ぐ対策を紹介します。

家づくりの一番最後に外構工事の打合せが一般的に行われる旨を説明しましたが、予算不足を防ぐためには、建物工事請負契約締結前に外構工事の打合せを行うのです。

本格的な打合せでなくても、外構に対する希望のイメージやプランを依頼して、それがどのくらいの工事費用になるのかを見積りを取って金額を把握するだけでも外構工事に回す予算を確保しながら、建物本体に掛ける予算を検討することができます。

一般的には150万円程度の概算費用が資金計画書には記載されますが、150万円程度では極端にシンプルなものになりますので、250万円~500万円を資金計画に組み込むことをお勧めします。

 

外構工事を請け負う会社

セキスイハイムは、グループ会社の中にエクステリア専門会社を持つ場合もありますが、多くは、地元の外構専門業者に工事を下請けに出します。

つまり、下請けに出すということは、種工事費用にセキスイハイムの利益が載っているということにほかなりません。その利益分が上乗せされてるために外構工事費用が高額なのです。

 




 

外構工事の費用①

敷地60坪の場合(※土地改良費は別)

仮設・土工事 380,000円
掘削・盛土・整地・残土処分・重機回送・清掃片付け
土間工事 300,000円
駐車場2台分(アプローチは除く)、インターロッキング舗装、コンクリート止枠等
組積・土留工事

250,000円

植栽工事 220,000円
管理諸経費 80,000円
合計 1,230,000円
消費税込み合計 1,328,400円

 

門塀工事(ポストや表札なし)、アプローチなし、カーポートなし、庭は全て土の状態です。

境界線の内側にブロックフェンスを建てるのが慣例ですが、この見積書ではフェンスの費用は含まれていません。境界線の内側をブロックで囲んでいる最低限の状態です。

 

外構工事の費用②

上記の外構工事費用に門塀工事やアプローチ、フェンスを加えます。

門塀工事 240,000円
門塀基礎・パレット仕上げ・表札・ポスト・門灯・電気工事等
アプローチ 50,000円
コンクリート・タイル貼り等
フェンス 330,000円
メッシュフェンス(高さ80cm)3方向、取付部品
合計 620,000円
消費税込み合計 669,600円

理想の外構工事予算は

これまで見てきた見積額はいわゆるシンプルなオープン外構です。門扉や門塀もありませんし、カーポートもありません。道路に面した建物の場合は道路から玄関が丸見えの外構です。

これで金額は約200万円です。庭も土のままで芝生もなく、テラスデッキやウッドデッキもありません。

一般の庭らしく、カーポート、テラスデッキ、芝生貼りをするとなると、約70万円が上乗せされ、270万円強の工事費用になります。

そうすると、セキスイハイムで外構工事をした場合には最低250万円、コンセプトを持った趣味を生かしたエクステリアにするには、予算300万円未満ではほとんど実現不可能であることがお分かりいただけたと思います。

 

例えば、「憧れのガレージを作る、リクシルのGフレームを採用したスタイリッシュな外構にしたい、庭にはデッキや煉瓦のベンチを置いて・・・」という理想を掲げた場合の予算は500万円以上は必要になる場合があるので、家本体の打合せの際に、営業担当を通してイメージを伝えておくことが最後に効いてきます。

 

ウッドデッキの魅力、ウッドデッキとテラスデッキの比較

外注は可能か

セキスイハイムの建築条件付き分譲宅地に家を建てる場合は、建物本体工事のみを行い、他の外構工事に一切手を付けずに施主に土地と建物を引き渡すことはできないとされています。

できない理由ですが、セキスイハイムと建物工事請負契約を締結する段階で宅建資格を持った社員から重要事項説明を受けます。その中で「外構工事はセキスイハイムを指定業者とする」という文言が謳われているのです。

 

これは、分譲宅地の場合は、統一された街並みを実現させる必要があることから、外注を制限しているというのがセキスイハイムの表向きの理由です。

セキスイハイムの分譲地

裏の理由としては、利益率の点もありますし、分譲宅地の施主が自由に専門業者に依頼して工事を行うと、境界線等の工作物で隣家とのトラブルになることを未然に防ぐことを目的としています。

では、外構工事すべてをセキスイハイムに任せないといけないのかという疑問が湧いてきます。

 

実は、外構工事の指定業者とする旨は決められているものの、前記「外構工事の費用①」のように最低限の工事のみで済ませることも可能です。

 

家の引き渡しを受けた後にエクステリアの専門業者に外注する方が費用を抑えられることは間違いありません。前記①の費用も植栽工事や土間工事など省略できる工事は全て省略すると、80万円程度に収めることも可能です。



値引き交渉のコツ

外構工事の効果的な値引き交渉について説明します。

外構工事の全てを任せるのではなく、最低限の工事のみをセキスイハイムに任せ、後の部分は建物引き渡し後に専門業者に依頼するというスタンスを取ります。

 

その上で、前記外構工事の費用のように最低限の工事A案・全部任せた場合のB案と複数の見積書を作成させます。

 

そして、一つ一つの工事について値引きを交渉して、最後に合計金額からさらに端数処理を要求して、値段を詰めていくと良いでしょう。

 

これ以上の値下げができないとなった場合は、それ以上の値引きは止めて、今度は、サービスでカーポートやテラスデッキを設置できないかの交渉を開始します。サービスの材料として、「建物の現場見学会に利用してよいこと」などを条件にすることも効果的です。

 

 

最後にここまでの値引き額を確定させた上で、仮に全部の外構を任せるとしたら、どれくらいの値引きが可能かを尋ね、さらに値引きを要求します。

これらの交渉は一度ではなく、数回に分けて時間を掛けて行うことが効果的です。

外構工事は家づくりの最後です。

家の引き渡し時期もこの段階ではほとんど決まっているため、外構工事担当は引き渡し時期から逆算して工期を策定しています。

したがって、セキスイハイムとしては、施主に納得してもらわなければ、工事に取り掛かることができず、引き渡し時期も間に合わないおそれがあるため、非常に悩ましい状態になるのです。

値引き交渉は、心を鬼にしてでもこのような心理戦をやり抜く必要があります。

そして、繰り返して交渉を行った後に、外構工事担当が「これ以上できません。」という金額を示されたら、そこからさらに20万円~50万円を引いた額を提示して「〇〇万円になるなら外構工事を全てセキスイハイムに任せる」旨伝えます。

 

家づくりは金額が数十万、数百万単位なので、感覚が麻痺してきますが、日常生活に置き換えると、海外旅行に何度も行ける、ブランド品が購入できる、高級レストランに何度も行くことのできる金額です。

その金額を稼ぐのがどれほど大変かはお分かりだと思います。



最後に

外構工事の打合せをしている頃には家づくりの疲れがピークに達している場合が多く、加えて、室内設備やインテリア工事で予算をオーバーしていることが多いため、セキスイハイムの言いなりになって、質素な外構工事と高額な費用に妥協せざるを得ず、家の引渡しを受けた後に後悔することが非常に多いのです。

(関連記事:外構工事の勘違いと対策)

 

最後の最後まで面倒でも時間と手間を掛けて、繰り返し値引き交渉を続けることが全体を通して値引き限度額を引き出す最善の方法です。




(関連記事:人気のシンボルツリーの選び方)

(関連記事:値引き限度額を引き出す交渉術)

 

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

外構・エクステリア工事カテゴリの最新記事