北玄関の間取りのメリット(風水・デメリット解消策)

北玄関の間取りのメリット(風水・デメリット解消策)

土地の形状や制限、価格の点から北玄関となる家を建てることになった方の中には風水や間取りを気にされている方も少なくないのではないかと思います。

玄関

たしかに北玄関は日当たりが悪く暗いイメージだったり、風水では「北=冷える場所、寒くてジメジメしている」というイメージから日当たりが悪く、暗くてジメジメした雰囲気の玄関には良い運気が入って来ず、良い運気が滞留するなどの説があるようです。

しかし、間取りを考える上で、北玄関ならではのメリットも多くありますので、デメリット解消策と併せて本記事で紹介します。



 

風水で北は「水」を表す

風水的に北玄関が良くないと言われる理由の一つに「北の方角=水」を示すというものがあります。

これは風水的な「水」の捉え方ですが、水は良い運気や縁までも流してしまう、冷たいものというイメージがあるため良くないと言われているようです。

風水・北玄関

 

したがって、人の出入りがある家の顔である玄関は、風水的な視点から相応しくないという考え方があるのでしょう。

玄関と水との関連性はよく分かりませんが、暗いなどのマイナスイメージは、デメリット解消策を講じれば解決できます。




北玄関の3つのメリット

北玄関になるからといって決して悲観的になることはありません。北玄関の間取りには南玄関の間取りではできないメリットがありますので紹介します。

明るく広々した南リビング・ダイニング

日当たりリビング

北側に玄関があることで、反対側の南側は広く有効に使えるようになります。日当たりの良い南側に面した部屋をリビング・ダイニングを配置することができ、しかも、間取り上、広いスペースを確保することができる点はメリットです。
南玄関の場合は「日当たりの良い南側にリビングのスペースが確保できない」、「リビングからの見える視界に通行人や駐車場の屋根が視線に入り落ち着かない」といった意見もあります。
また、シューズクロークなどの玄関収納を充実させた家が多くなっていますが、それらを設置するとさらに南側のスペースが圧迫されてリビング・ダイニングが広く取れないといったデメリットもあります。
こうしてみると南側に広いスペースが取れる北玄関の間取りのメリットも大きいです。
36〜40坪の家であっても間取りの工夫で25〜30畳の広々としたLDKを設けることも難しくありません。
(関連記事:オシャレなシューズクローゼット)

リビング一体プライベートガーデンの実現

北玄関の場合には、南側に広々としたリビング・ダイニングを配置することで、ウッドデッキやテラスを庭に設け、リビングと庭を一体としてプライベートガーデンの実現も可能です。

土地の形状から家の南側は車や人が通らなければ、ご家族のプライバシーも守りながら安心して生活することができます。

一方で、南玄関の場合には、南側にリビング・ダイニングを配置することが多いため、バルコニーを設置しても通行人の視線が気になってしまいます。

特に庭やバルコニーに洗濯物を干したときに通行人や向かいの住人から洗濯物が丸見えになるということもありません。

(関連記事:アウトドアリビング)

 

北玄関の防犯上のメリット

日当たりの良い南側にリビング・ダイニングがある場合には、通行人や訪問者からテレビの音などが聞こえたり、電気がついていることが分かるため、在宅だということがすぐに分かります。

北玄関の場合には、南側のリビング・ダイニングが玄関や道路から離れていますので、在宅かどうか分かりづらいといった特徴があり、プライバシーを確保するというメリットがあります。これは防犯の面においても、侵入者にとって不在か在宅なのかどうかを警戒せざるを得ませんので、北玄関は防犯上のメリットがあります。




北玄関のデメリット解消策

北玄関にデメリットは上述した「日当たりが悪さ、暗いイメージ」です。

日当たりや暗さの解消策として最適なのは、玄関を吹き抜けにすることです。一度で明るさや開放感を得ることができます。

吹き抜け玄関

しかし、居住人数や二階のスペース確保から難しい場合があるでしょう。そうすると、価格を抑えつつ簡単に解消する方法としては採光タイプの玄関ドアを選ぶこと、明り取りの窓を設けることです。窓を設けることで風通しを図ることもできますので、暗くてジメジメしたイメージを払拭する効果もあります。

また、壁や床、インテリアを白色で統一したり、間接照明やガラス棚を設けることで、光や明かりが反射してインテリアとしての趣も一段と上がりますのでお勧めです。

風水的には、モノを置き過ぎず、靴を出しっぱなしせず、いつもきれいに掃除するのが良いらしいとのことなので、家の顔である玄関は良い気が入ってくるように整理整頓を心掛けましょう。

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログへ



設計・設備・外壁カテゴリの最新記事