平屋の魅力とメリット&デメリット

平屋の魅力とメリット&デメリット




新築戸建てのマイホームと言えば2階建て、敷地面積に制約がある場合には3階建てなどイメージすることが多いと思いますが、平屋については検討されましたか?50代では3割以上の方が平屋を希望しているというデータもあります。

平屋には2階建て・3階建ての家には無いメリットが多くありますので、そのメリットを押さえた上で、ご家族の将来を考えてみてはいかがでしょうか。

本記事では、一般的な平屋のメリットとデメリットをそれぞれ解説した上で、セキスイハイムの平屋の魅力について紹介しますので、これから間取りを検討される方、マイホームをご希望の方、必見です。

平屋のメリット

まずは、平屋のメリットを紹介します。次のようなメリットがあります。

  • 動線が短く移動がしやすい
  • 階段スペースが無い分だけ広さを有効活用できる
  • 平面的な広がり・奥行きがあるので、視覚的に広く感じる。
  • バリアフリーに最適(老後も生活がしやすい)。
  • メンテナンスや掃除が楽
  • 災害時の避難が容易
  • 地震に強い

平屋は動線が効率的で移動がしやすい

平屋の一番のメリットは、やはり移動が楽なワンフロアの構造にあります。

平屋は家の機能の全てが同じフロアにあるので生活の動線が短く済みます。

上下への移動負担が無いというのが平屋の最大のメリットと言えるでしょう。

特に高齢になったり、介護が必要になった場合には1階から2階への移動は負担になりますし、高齢になったときの転倒のリスクもそうですが、小さいお子さんがいるご家庭では階段からの転落などのリスクも高まりますので、子供の成長やご夫婦の老後、ご両親の介護のことを考えて平屋を選ぶ施主さんは多いです。

 

平屋は設計の自由度が大きく、広さを有効活用できる

2階建て住宅の場合は、1階と2階を繋ぐ階段と各部屋への効率的な動線や柱・壁の位置などを考えた上で間取りを設計する必要がありますが、平屋はその必要性が無い分、ワンフロアの設計の自由度の大きい点はメリットです。

また、部屋と部屋との間も大きな開口で繋ぐことができ、階段のスペース(1.5坪強)が必要ない分、LDKを含めた広さを有効活用できます。

セキスイハイムの平屋
リンク先:セキスイハイム

 

平屋は平面的な広がり・奥行きがあり家を広く感じる。

ワンフロアのため平面的な広がりがあり、部屋と部屋との連続性や外の部屋との繋がりを持たせやすいため、視線が抜けて奥行き感を出しやすくなりますので、開放感や広く感じられる点もメリットの一つです。

 

平屋はバリアフリーに最適

ワンフロアのため、2階・3階に行く必要がないため、設計段階から徹底したバリアフリーの住居にすることが適しています。

老後に階段を上がって2階の寝室に行くといく必要がありません。起床から就寝までワンフロアで生活のすべてが完結できるというのは、将来のことを考えると安心です。

老後の終の棲家

平屋建ての家は「終の住処」として老後も安心することができます。

 

平屋はメンテナンスや掃除が楽

窓の清掃一つとってみても、2階建て・3階建て住宅の場合には窓の掃除は非常に危なく個人で行うにも限度があります。その点、平屋建ての場合は脚立やステップを使えば、ほとんどの高さに手が届くため掃除が楽です。

また、外壁修繕やその他工事についても大掛かりな足場を組む必要が少ないため、工事コストが掛からないというのもメリットとの一つと言えます。

 

平屋は災害時の避難が容易

火災や地震などの災害時に外に家の中から外に避難する必要があるときは、平屋だと速やかに外に逃げ出すことができますので、その点もメリットの一つと言えるでしょう。

 

平屋は地震に強い

地震大国である日本に住んでいる限りは住居の耐震対策は必須です。

平屋と2階建て・3階建て住宅と比較すると、平屋の方が耐震性に優れているとされています。それは平屋には上層階がないわけですから、地震時に上層階の重みが加わることがありませんので、その分、倒壊の危険を回避できるというわけです。

平屋は地震に強い

2階建てと比べて平屋は重量が軽くなり、2階建て・3階建て住宅よりも高さが無い分、揺れには強い構造とも言えます。

 



 

平屋のデメリット

それでは平屋のデメリットについても紹介します。メリットがあるということはデメリットもありますので、平屋を採用する場合でもポイントを押さえて対処策を講じてください。

  • 平屋は広い敷地が必要
  • 周囲の建物状況次第で日当たりが悪い
  • プライバシー確保のための工夫が必要
  • 防犯面でのリスクが高い
  • 水廻り設備の音が気になる。
  • 河川の氾濫や洪水被害に弱い

 

部屋数を増やすには広い敷地が必要

平屋は部屋数の要望が多ければ、その分広い敷地が必要です。

例えば、夫婦の寝室、旦那さんの書斎、2人の子ども部屋の4部屋を確保する場合を考えてみましょう。

2階建てなら1階と2階に分けて部屋を作ることができますが、平屋の場合は同じフロアに部屋を作るため、その分だけ広い敷地が必要です。

土地代が比較的安い郊外のエリアであれば、広さを確保した平屋も可能ですが、土地代の高い都心の場合は土地の購入自体が困難なため、この点はデメリットです。

加えて、敷地に定められた建ぺい率の制限もあります。2階建て・3階建ては建物が上に伸びるため余り影響は受けませんが、平屋の場合は1階しかないため、理想の広さを確保したくても建ぺい率の制約を受けやすいデメリットがあります。

 

周囲の建物の条件次第では日当たりが悪い

平屋で建築面積が広くなればなるほど、建物の中心部は日当たりが悪くが悪くなってしまう傾向にあります。

どの部屋にも窓を設けられるなら良いですが、建物中心部が部屋で囲まれてしまう間取りの場合には、採光と通風を工夫する必要があります。

また、隣地が2階建て住宅やアパートなどに囲まれているときは日当たりを確保することが非常に難しくなりますので、平屋を選ぶ際には広い敷地と周囲の建物などの条件が整っている必要がありますので、その点はデメリットと言えるでしょう。

 

プライバシーの確保のために工夫が必要

同じフロアにすべての部屋がある間取りのため、家族間のプライバシー面に注意が必要です。
家族同士の距離が近く、いつも気配を感じられるというのはメリットとも言えますが、家族の電話での話声や音楽やテレビの音漏れもやむを得ない点があります。
年頃の女の子
特に年頃のお子さんは、一人の時間と空間を感じたい場合が多いです。
その場合は、2階建てのように、別フロアに部屋があった方が適度な距離感を保つことができ、その距離感が良好な家族関係を生み出すこともありますので、家族間の距離が近過ぎる平屋はこの点でデメリットと言えます。

防犯面のリスクが高い

1階フロアの各部屋に掃き出し窓を採用することが多い平屋の場合、プライバシーの観点もそうですが、防犯面でも窓の格子やピッキング対策などの注意が必要です。

平屋は空き巣リスクが高い

 

社会安全研究財団の調査によると、「自称侵入犯アマ」の58%は平屋住宅を空き巣のターゲットにしているという結果がありました。

 

平屋は防犯対策が必要
リンク先:リフォーム産業新聞

 

水廻り設備の音が気になる

1階にすべての部屋があるため、食器乾燥機の洗浄音、トイレや浴室といった水廻り設備音が響きやすいというのもデメリットです。

生活リズムの異なるご家族がいらっしゃる場合には、就寝時に水の音がすると気になるものなので、浴室やトイレの音が漏れ聞こえないように、水廻り設備と寝室を離して、廊下や壁で音漏れを防止するなどの間取り上の工夫が必要になってきます。

 

河川の氾濫や洪水被害に弱い

河川や海の近くに家を建てる場合には河川の氾濫や洪水被害も頭の片隅に入れておかなければなりません。

河川の氾濫や洪水被害が起きたとき、2階建て・3階建て住宅の場合には上階に避難して助かったケースはありますし、救助を待つことも可能になりますが、平屋の場合は家屋の高さが2階建てに比べて低いため、水害に弱く命の危険にさらされるリスクが高いと言えます。

床上浸水したとき、水位が上昇したときに2階に上がって救助を待つことが難しいのはデメリットです。



セキスイハイムの平屋

セキスイハイムの平屋建て平屋住宅契約実績数は、2006年度は30代以下の占める割合が17%だったのに対し、2015年度は28%と増加しており、平屋建てに対する若年層のニーズが高まっています。

そんなセキスイハイムの平屋住宅には、次の3つのシリーズがあります。

それぞれにコンセプトが異なり、間取りも異なりますので、敷地条件や予算・ご家族の状況やライフステージを考えて検討してください。

  • そだての家
  • たのしみの家
  • 楽の家

そだての家

「そだての家」は主に子育て世代向けのシリーズで、子どもを豊かに育む暮らしを実現する平屋の住まいを提唱しています。

 

セキスイハイムの平屋・そだての家
リンク先;セキスイハイムの平屋「そだての家」

 

上写真は、フラット屋根と勾配屋根を組み合わせたモダンな外観bjシリーズですが、その他にドマーニコンファティック、スマートパワーステーションGRシリーズも可能です。

それぞれの商品に特徴があり、平屋の場合でもロフトを採用したり、バルコニーを採用することもできますので、平屋のメリットと2階建てのメリットの両方を活かした1.5階建てのような住まいにすることも可能です(以下の「たのしみの家」・「楽の家」も共通)

 

たのしみの家

「たのしみの家」のコンセプトは、大人の夫婦が日常の中にある贅沢な時間を愉しめる工夫が詰まった平屋の家です。

夫婦2人暮らしや、子育て期を終えた夫婦(40代後半~60歳)を対象とし、家で過ごす時間の充実に着目したシリーズで、近づき過ぎず、離れ過ぎない、良い距離感で、お互いの気配を感じながらも、それぞれの時間を思い思いに過ごすことができる大人をターゲットにした家です。

 

セキスイハイムの平屋「たのしみの家」
リンク先:セキスイハイムの平屋「たのしみの家」

 

上写真のドマーニコンファティックとは、1.5階のスペースを確保できる小屋裏空間「コンファティック」を取り入れたシリーズです。

こもり感のある空間・趣味の場ともなり、夫婦2人の時間を大切にしながらも、自分だけの時間を愉しめる空間として、また、寝室やゲストルームとしての活用も可能です。

 

セキスイハイムのたのしみの家・小屋根裏空間コンファティック
リンク先:セキスイハイムの平屋「たのしみの家」

 

小屋裏空間の一部をバルコニーにすることで外の視線が気にならない、開放感溢れるプライベート空間になります。

セキスイハイムの平屋・バルコニーも可能
リンク先:セキスイハイムの平屋「たのしみの家」

 

平屋ながら、屋根の上に生まれたバルコニーのスペースで豊かな時間を愉しむことができます。

 

楽の家

楽の家ファミリースタイルは、「バブル後世代」のニーズに見られる「実質的なメリット」の提案と、コンパクトで住みやすく、コストパフォーマンスの高い住まいに着目して開発されたシリーズです。

住まいに「楽」をコンセプトに、家事が楽、身体が楽、家計が楽、将来が楽、子育てが楽の5つの「楽」を提唱しています。

 

セキスイハイムの平屋
リンク先:セキスイハイムの平屋「楽の家」

 

 

上写真のスマートパワーステーションGRシリーズは寄棟屋根の外観が特徴的ですが、機能面も優れています。

 

屋根と太陽光発電パネル一体型のため、屋根全部に大容量の太陽光売電パネルを搭載することが可能な点もこのシリーズの特徴の一つです。

庇が深いため、リビングと外のデッキをフラットに繋げることで、雨を凌ぎ「うちそとテラス」でゆったりしたスペースができ、自然を身近に感じることができます。

 

うちそとテラス
リンク先:楽の家「うちそとテラス」

 

 

セキスイハイムの平屋でロフト
リンク先:セキスイハイムの平屋「楽の家」

 

 

ロフトを設けることができ、大容量の収納や小屋根裏スペースをつくることができるのも、このシリーズの特徴です。

 

最後に

平屋のメリットを享受しつつ、上述したデメリット部分もセキスイハイムの平屋住宅の性能や間取りでカバーできる点は多いです。

ただ、敷地条件と周囲の建物などの環境面での状況が平屋を選択できるかどうかの大きな鍵となっていることは間違いありません。

もし、敷地条件が許されるなら、セキスイハイムで贅沢な平屋住宅というのも賢い選択かもしれません。

 

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 

設計・設備・外壁カテゴリの最新記事