セキスイハイムの地鎮祭、準備するものや費用・服装などの注意点

セキスイハイムの地鎮祭、準備するものや費用・服装などの注意点




インターネットで「地鎮祭」について調べてみると、地鎮祭を行うことで「家を建てる、一国一城の主になる自覚が湧く」なんてことが書いてあります。家を建てる土地に立ち、いよいよかと胸が踊る方も多いと思います。

 

YouTubeなどの動画投稿サイトでも地鎮祭の動画をアップしている方も多いので、地鎮祭の流れを一通り知ることができます。

本記事では、セキスイハイムの地鎮祭をはじめ、地鎮祭の意義・日取り・流れ・費用・初穂料・施主がやるべきことについて紹介します。

地鎮祭は地域によっても、セキスイハイムの営業所によっても様々なので、参考になれば幸いです。

 

地鎮祭とは

地鎮祭とは、土木工事を行う際や建物を建てる際に、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式のことを言います。「じちんさい」と読むほか「とこしづめのまつり」と読むこともあります。

「鎮」の字にはしずめる、落ち着かせるといった意味があります。工事の着工にあたり、神職をお招きして神様にお供え物をし、祝詞をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬や鋤を入れ、工事の無事を祈ります。

 

地鎮祭の日取り

六曜(ろくよう)は、先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の順に繰り返していきます。

大安  吉日で万事進んでよしという。
先勝 午前は吉、午後は凶、急いで吉という。 
先負 この日平静を守って吉、午前は凶、午後は吉という。
友引 朝晩は吉、昼は凶とする。
赤口 大凶の日。正午のみ吉という 。 
仏滅 俗に万事に凶である悪日とする。

 

吉日の「大安」に地鎮祭を執り行う施主さんが多いようです。セキスイハイムの提携した神社の神主さんとの日程調整がありますので、地鎮祭を執り行う話が出た際には、休日と吉日(日大安・先勝・友引が良いとされています)が重なる日で都合の良い日(1カ月先まで)を伝えましょう。

 

地鎮祭で準備するもの

一般的に地鎮祭に必要な祭壇・笹竹(4本)・米・塩・清酒・鯛・昆布などは全て神主・セキスイハイムが準備してくれますので、施主が準備する必要はありません。

なお、施主が準備しなくてはならないものは「初穂料(神主さんへのお礼)」です。

 

初穂料

施主は、神職への謝礼(神社へのお礼)のお金を用意します。神社に支払う謝礼を初穂料、玉串料などと言い、祝儀用(蝶結びの赤白のお祝い)の熨斗袋、もしくは白い封筒を使用します。

 

表書きの上段は「御初穂料」、 下段は個人の場合は施主の姓を書きます。初穂料の相場は2万円~5万円です。

筆者の場合はセキスイハイムの設計担当から3万円を準備するように説明を受けました。初穂料は地鎮祭が滞りなく済んだら最後に神主さんにお礼とともに渡します。

 

服装

かしこまったイメージがあるかと思いますが、服装は必ずスーツでという決まりはありませんので、普段着で大丈夫です。

ただし、このような神事は地域の特色が色濃く出るため、スーツなどで参列する方が無難という考えもありますし、ヤフー知恵袋などではそのような意見も多数見受けられます。念のために参列する営業担当や設計担当に当日の服装を確認しておくことが望ましいです。

 

地鎮祭の当日の流れ

施主家族やセキスイハイムの営業担当、設計担当等が揃ったら開始されますので、時間に遅れないように注意してください。

施主家族とセキスイハイムの社員の数なので、参列者は数名~多くても10名程度でしょうか。

 

地域や神社によって略儀で執り行う場合もあります。筆者の場合は、「鍬入れの義」(  設計者が鎌(カマ)、施主が鍬(クワ)、施工者が鋤(スキ)の順で盛砂を三度作業する仕草を行い、鍬入れのときに「エイ、エイ、エイ」と掛け声を出す)がありませんでした。

 

心配な方はYouTubeで地鎮祭の様子をアップした動画がいくつもありますので、予習をしておきましょう。開始から終了までの時間は一般的に30分程度です。

 

セキスイハイムの地鎮祭

地縄張り

地縄張りとは、敷地内で建物外周の形にしたがってビニールひもなどを張り、建物の位置を確認する作業のことです。地鎮祭が始まる前にはセキスイハイムによって建物設計に沿ってビニールひもが張られています。

 

これまで紙ベースの間取り図面でしか考えていなかった建物が、土地の上で示され建物の大きさを確認することができます。

 

実際に現場で見てみると、「思っていたより小さいな、狭いな」「本当に建つかな?」と感じます。

これは100人が100人感じることのようで、目の錯覚が影響していると言われています。

つまり、一度で建物の端から端まで平面的に全部を見渡す機会というのは、地縄張りと基礎工事が終わった段階までであり、上棟後は壁ができ、天井ができと物理的に視界が遮られるため建物の端から端までを視認できなくなります。

また、立体的になり屋根が付くことで大きく感じるようです。人間の目と脳って不思議です。

 

最後に筆者の戯言

打合せばかりで家を建てる実感が湧かなくても、このような神事に参加することで少しずつですが現実のこととして受け止められるようになってきます。

これから建物が建つと更地の状態や基礎の状態は見ることができなくなるので、お子さんがいらっしゃれば是非参列して写真に残しておくと記念になります。

カメラは営業担当が準備してくれている場合もありますが、ご自身のデジタルカメラ・一眼レフ(スマホ)を準備しておくとよいです。



家づくりのヒントになるブログがいっぱいあります。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村

地鎮祭・上棟カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.