セキスイハイムのトイレはアラウーノかサティスか?機能や特徴を紹介

セキスイハイムのトイレはアラウーノかサティスか?機能や特徴を紹介




新築戸建の水廻り設備はメーカー選びで悩み、商品選びでも悩みます。水廻り設備は毎日使うものなので製品の特徴を押さえて使い勝手のよいものを選びたいところです。

しかも気に入ったメーカーの商品を選ぶことで毎日が充実し、幸せな生活を送ることができます。

 

本記事では、水廻り設備の中でも最も利用頻度の高いトイレについて考えたいと思います。

セキスイハイムの設備カタログには、TOTOのネオレストとリクシルのサティスが掲載されていますが、お好きな設備メーカーから選ぶこともできます。

筆者邸はリクシルとパナソニックのショールームに行きましたが、リクシルの「サティス」とパナソニックの「アラウーノ」のどちらを採用するか非常に迷いました。

結果的にアラウーノを採用しましたが、それぞれに特徴やメリットがありますので各トイレの機能などを紹介します。

 

まずはリクシルのトイレ「サティス」から。

 

リクシルのサティス

リクシルは建材メーカー数社が合併してできた巨大設備メーカーで、トイレ部門は前身のイナックスが担っています。リクシル人気のトイレはタンクレスの「サティス」。その特徴は次のとおりです。

リクシルのトイレ・サティス

  • アクアセラミック陶器 
  • フチなし
  • お掃除リフトアップ
  • 泡クッション
  • エアシールド脱臭 
  • プラズマクラスター除菌

無駄を省いたスッキリとしたフォルムで世界最少のタンクレストイレです。汚れが付きにくいアクアセラミックの陶器フチがないため、とにかく掃除のしやすい点が特徴です。

便座が真上にリフトアップされるので、すき間汚れが奥まで楽に拭き取れて、気になるにおいの元からカットできます。

リクシルのサティス・アクアセラミック

(出典:LIXILのトイレ「サティス」HP※クリックするとHPが開きます)

 

サティスのリフトアップ機能

(出典:LIXILのトイレ「サティス」HP※クリックするとHPが開きます)

 

また、男性の小便飛沫を抑制する泡クッションは、溜水面に張った泡が男性立ち小用時の飛沫汚れや着水音を軽減し、便器外への尿の飛び跳ねを約92%も抑制。

尿跳ねを未然に防いで日々のトイレのお手入れを手軽にします(※泡クッション機能はサティスGシリーズから)。

リクシルのサティスG・泡クッション

(出典:LIXILのトイレ「サティス」HP※クリックするとHPが開きます)

 

リクシルのトイレは唯一プラズマクラスターを搭載しており、便器鉢内を除菌します。

便器鉢内に気流を発生・循環させて、鉢内を強力に脱臭します。においの上昇を気流がキャッチして吸い込むことで不快なにおいを残さずトイレ空間を快適に保つエアシールド脱臭機能を搭載。

におい漏れを従来比で約43%の軽減を実現しました。

サティスのエアシールド脱臭

(出典:LIXILのトイレ「サティス」HP※クリックするとHPが開きます)

 

また、上位機種では設定時間に便フタが自動で開き、プラズマクラスターイオンがトイレ空間に広がり、脱臭剤との相乗効果でトイレの気になるにおいを消臭するルームリフレ機能搭載されています。

筆者は、サティスSの採用を検討していた非常に魅力的なトイレです。グレードの高いGシリーズになると金額は10万円以上アップします。

上記紹介した機能はGシリーズにのみ採用されているものもありますので、SシリーズかGシリーズの機能を確認ください。

以下のリンク先はリクシルの機能一覧HPです。

 

 

【公式動画:サティスのプロモーションムービー】

 




 

パナソニックのアラウーノ

続いて筆者邸が採用したパナソニックのアラウーノを紹介します。

2006年にパナソニックが発売したアラウーノは、高い機能性とデザインで人気を博しており、タンクレストイレ市場では現在シェア40%超まで成長しました。

パナソニックのアラウーノ

パナソニックも当初は陶器製のトイレを製作していたのですが、陶器ではない有機ガラスを採用したトイレの開発に着手しました。

有機ガラス系素材は水を弾く性質のため、表面に汚れが固着しにくいのがメリットです。

また、陶器に比べて成型の自由度が高く、コンマ数ミリ単位の高精度な調整も可能。パナソニックがこれまで家電事業で培ってきた技術をアラウーノに注ぎ込み、今や人気商品へと変貌を遂げたのです。

それではアラウーノの特徴について紹介します。

有機ガラス

素材そのものが汚れを弾くため、汚れの原因である「水アカ」が固着しにくく掃除が楽です。本当に汚れが付きにくいと実感しています。

パナソニックのアラウーノのメリット

また、有機ガラスの変色について心配する方もいらっしゃいます。HPに掲載のQ&Aがこちらです。

 

Q
汚れをはじくスゴピカ素材(有機ガラス系)は変色しないの?
A

通常使用ではほとんど変色しません。
汚れをはじくスゴピカ素材(有機ガラス系)は非常に耐変色性に優れ、当社基準に基づく20年相当の変色試験でもほとんど変色しませんでした。

 

有機ガラスは頑丈で傷が付きにくい素材で水族館のガラスにも使用されています。

有機ガラスは水族館のガラスにも使用

 

スキマレス設計

便器と便座が一体成形で、つなぎ目が無い「スキマレス設計」なので、汚れも付きにくいのが特長です。従前から便座との隙間の掃除が大変でにおいの原因にもなっておりストレスに感じていました。

この点、アラウーノには、そもそも隙間がないというのは相当にメリットで、掃除も簡単に一拭きで楽で済ませることができ、キレイが長続きします。

このスキマレス設計で筆者はアラウーノに大きく傾きました。

 

※スキマレス設計はL150シリーズ、新型アラウーノ、アラウーノSⅡに採用

セキスイハイムのトイレはパナソニックのアラウーノ

 

 

トリプル汚れガード

アラウーノには、汚れガード機能として「ハネガード、タレガード、モレガード」という3つのガード機能があります。

ハネガード

男性のトイレスタイルを調査したところ、実に7割近い男性が立ちスタイルと回答しています。実際に家庭においても立ちスタイルで小用を足すという方もまだまだ多く、飛沫の汚れとにおいに悩まされるご家庭も多いと思います。

【下図:トイレスタイルのアンケート結果】

アラウーノ・ハネガード

そこでアラウーノでは、泡のクッションで受け止める「ハネガード」を採用しています。

これは男性が用を足すときのハネを押さえる機能で、便座を上げた際に自動(又はリモコン)で泡クッションを作り出してトビハネを抑えて床や壁などへの汚れを抑制します。

【公式動画:ハネガード】

 

タレガード

外側に設けられた高さ約3mmの立ち上がりがフチをつたって垂れ出るのを抑える設計です。

アラウーノのタレガード

(出典:PanasonicのアラウーノHP「トリプル汚れガード」※クリックするとHPが開きます)

 

モレガード

着座した際にも、便座と便器との間に小便が入りにくい構造を実現。便座の内側にせり出したフチに当たって、便器内に落ちる仕組みです。全面から床などへの漏れ出しを抑えます。

アラウーノのモレガード

(出典:PanasonicのアラウーノHP「トリプル汚れガード」※クリックするとHPが開きます)

激落ちバブル

細かい泡が便器内をめぐり掃除をします。ミリバブル(直径約5mm)で大きな汚れを強力に除去し、次に微細なマイクロバブル(直径約60μm)で小さな汚れを除去します。初期設定では大洗浄のときのみ泡が洗浄してくれます。

また、快適機能の一つにオート洗浄機能も搭載されており、便器が自動で水を流してくれます。大洗浄と小洗浄とを自動で判断し、50秒以下なら小洗浄、50秒以上過ぎると大洗浄となります。なお、10秒以下で便器から立ち上がった場合は自動洗浄が反応しません。

アラウーノの劇落ちバブル

(出典:PanasonicのアラウーノHP「劇落ちバブル」※クリックするとHPが開きます)

 

アラウーノSⅡは便器の右横に洗剤をセットするタンクがあり、専用洗剤(家庭用の中性洗剤でも使用できます)を使用します。

なお、L150シリーズは便器の上部にあります。補充目安については、家族の人数にもよりますが約3か月に一度くらいで済みます。

 

洗剤

 泡洗浄用アラウーノフォームには無香料とフローラルの2種類があります。

アラウーノの洗浄洗剤

(出典:ハイ・パーツショップHP※クリックするとHPが開きます)

使用できない洗剤としてはヤシの実洗剤など天然系洗剤(泡立ちが少ない)やオレンジオイルを含む洗剤、柑橘系の香りを有する洗剤、中性と表示してあってもアルコールを含む洗剤、トイレ用洗剤(強酸、強塩基のものは故障の原因になる場合がある)、ジェル状洗剤(故障の原因となる目詰まり)があります。また、異なる種類の洗剤を混ぜて使用しないでください。

(Q&A引用)

 

アラウーノの種類

アラウーノには大きく分けて4つのシリーズがあります。上からグレード順になりますが、2の新型アラウーノが受注終了となります。

  1. L150シリーズ
  2. 新型アラウーノ(2019年1月末受注終了
  3. アラウーノSⅡ
  4. New アラウーノV 

L150シリーズとアラウーノSⅡの価格差が大きく基本機能が充実してお求めやすいSⅡを選ぶか最上位機種のL150シリーズを選ぶかは非常に悩むところです。L150シリーズは2018年8月に受注を開始したばかりのため流通量自体がまだ少ないため価格もまだまだ下がる気配はありません。

L150に追加された機能は、ナノイーX、アラウーノアプリ機能、LED照明などですが、トイレにどこまでの機能を求めるかだと思います。

 

【公式動画:アラウーノL150】

価格

筆者邸は1階にアラウーノSⅡを、2階にアラウーノVを採用しました。

■1F
アラウーノSⅡ 126,000円
手洗いカウンター 73,000円
■2F
アラウーノV 133,000円

 

 

最後に

トイレは機能性も大切ですが、掃除のしやすさというのも大切な条件の一つです。アラウーノは陶器ではない汚れがつきにくい有機ガラス製と自動お掃除機能によりキレイが長続きしますし、日頃の掃除も簡単(回数が少なくて済みます)です。

 

アラウーノのデザインが好みということもそうですが、毎日使うものなのでメンテナンスが非常に楽だというのも選んで良かったと思います。

 

筆者はシステムキッチン・洗面化粧台とパナソニックで統一したこともあったので、トイレもパナソニックのアラウーノを選びました。

全ての水廻り設備を統一する必要はありませんが、不具合が出たときなど同じメーカーの方が何かと便利が良いですし、全体の価格もお求めやすくなったというメリットもあります。

(関連記事:水廻り設備の選び方)

 

(関連記事:パナソニックのシステムキッチン「ラクシーナ」の魅力)

 

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ  にほんブログ村 住まいブログへ

水廻り設備カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.