セキスイハイムの快適エアリーのデメリットを知り失敗を避ける

セキスイハイムの快適エアリーのデメリットを知り失敗を避ける

前回の記事でセキスイハイムの主力設備である快適エアリーのメリットをご紹介しました。メリットがあれば当然にデメリットもあるのでは?とお思いの方もいらっしゃると思いますので、今回は快適エアリーのデメリットをご紹介します。メリットとデメリットを理解した上で採用するかどうかを考えていただければと思います。

メリットとデメリット

筆者のご紹介するメリットは主にセキスイハイムの公式ホームページや性能カタログから引用したものですが、デメリットは営業担当や設計・インテリア担当との打合せの中で感じたものですので、個人差があるかもしれませんが、参考にしていただければと思います。

(関連記事)

デメリット

費用がエアコンより高額

筆者邸は一階(約70㎡)のみに快適エアリーを設置しましたが、価格は約86万円です。

一般的な住居で25畳のLDK対応のエアコンであれば15~25万円ほどあれば十分だと思いますので、快適エアリーを設置する場合はエアコンに比べて3倍以上の価格差があります。




Sponsored Link

子供やペットがいる家庭に不向き?

セキスイハイムのオーナーの中には、小さな子供が吹出口に物(玩具や食べ物)を落とさないか、ペットの毛玉や嘔吐物が落ちないかを心配して設置を避ける方もいらっしゃるようです。水やジュースなどをこぼすと故障の原因にはなると思いますので、その点は注意が必要です。

セキスイハイム快適エアリーのデメリットを理解して失敗を防ぐ

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では多少なりとも気を使う場面が出てくるかもしれませんが、暖房時に吹きしグリルから暖かい空気が吹き出ます。吹出しグリルの上に長時間乗ったり寝転がるのは「やけど」に繋がるおそれがあるため注意が必要な旨が説明書に記載されていますが、実際にはそれほど高温にはなりません。

メンテナンスが大変?

リモコンのお掃除表示が点灯したらグリルカバー(格子状)とフィルターの掃除が必要です。

気清浄機やエアコンのフィルターと同様に10日~2週間に一度くらいの割合で掃除をする必要があります。

これがデメリットかどうか分かりませんが、手入れが必要なのは間違いありません。エアコンと違って脚立や椅子でフィルターを外してという作業は必要なく、床面にあるため掃除機やブラシで掃除が可能です。

セキスイハイムの快適エアリーのメンテナンス

窓を開けて換気できない?

快適エアリー自身のデメリットではありませんが、機械制御によって吸排気を計画している第一種換気システムですので、24時間運転し続けることが家にとっても良いことです。そうすると窓が開けられないとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

開閉できる全ての窓には網戸が付いていますので、自然の換気がしたくなれば、機械制御の「換気」スイッチを切って窓を開ければ良いです。

実際に過ごしやすい季節の時はら窓を開けて網戸にしている方は多いです。もちろん高性能のフィルターがあるのに網戸から埃や花粉が入ったら意味がないという指摘もありますが、適度な自然換気は良いと思います。

吹出・吸入グリルの位置に気を使う

また、設計の打合せ段階で吹出・吸込グリルの位置を決める上で、リビング内にソファやテレビボード、シェルフなど置き家具の位置を考えておく方が良いでしょう。たとえば「ソファを壁に寄せたい」と考えているときは、グリルの上にソファ等の家具が来ないように吹出・吸込グリルの位置を家具を置かないスペースにずらしましょう。

これも間取を打ち合わせるとき、インテリア打合せのとき、設計との打ち合わせのとき、いずれでも良いので、家具の位置をイメージしながら邪魔にならないスペースに吹出・吸込グリルを配置します。

セキスイハイムに快適エアリーのデメリット

2階に設置した場合のデメリット

2階では床ではなく天井から冷暖房の風が出るようになっています。室内に「ヒートポンプ式冷暖房・除湿ユニット」を設置する必要があるため、その分の収納スペースなどが狭くなります。加えて、上記ユニットから2階の部屋までダクトを伸ばす必要がある場合には、ダクトを1階の天井裏に通すことになるため、天井が数十センチほど低くなるというデメリットがあります。

したがって、一般的には1階に快適エアリーを設置して、2階は個別の部屋に壁掛けのエアコンを設置するご家庭が多いようです。

最後に筆者の戯言

セキスイハイムの主力設備の快適エアリーにもデメリットは存在しますが、なかなか営業担当などから説明されることはありません。

飽くまでも主観で感じたデメリットですが参考になったでしょうか。ただし、筆者はこのようなデメリットよりも遥かに得られるメリットの方が大きいと実感したので、快適エアリーの導入には迷いはありませんでした。

その理由の一つとして筆者をはじめ家族の中にアレルギーを持つ者がいるからです。やはり日本アルプス級の空気質や温暖差の少ない住居という魅力は今から年を重ねていくと身体面での負担を軽減できるという点も多いに期待できるところです。

また、快適エアリーのメンテンナンス保証については、10年間の設備保証も付いていますので、不具合が生じても直ぐに駆けつけてくれるという安心感は大きいです。

最近のエアコンは性能が良く長持ちしますが、全館空調というのは難しく非居住スペースとの温度差までは解消できません。エアコンでは快適エアリーと全く同じ性能は手に入りません。

(参考記事)

(参考サイト)

家づくりの参考になるブログがいっぱいあります。

にほんブログ村

設計・設備等カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.