セキスイハイムの水廻り設備の賢い選び方

セキスイハイムの水廻り設備の賢い選び方

セキスイハイムは全国各地に会社がありハウスメーカーの中でもトップクラスのあり施工を行っています。そのためパナソニック・リクシル・タカラスタンダード・クリナップといった大手設備メーカーと提携したセキスイハイム仕様の水廻り設備(キッチン)が各メーカーに用意されています。このセキスイハイム仕様を選ぶことが費用を抑える最善の方法でもあります。

案内・見積もり

セキスイハイムとの建築工事請負契約を交わした段階で、各設備メーカーのショールームを訪問するというスケジュールを営業担当が組みます。

各メーカーのショールームを訪問すると、案内担当が一人付いてキッチンや洗面化粧台、トイレの各設備の説明を受けて、好きな商品を選んで見積りを取るという流れになります。

キッチンは、最初にセキスイハイム仕様の標準設備の案内をしてくれるので、どのメーカーのものがよいか付けられるオプションも参考にしながら選ぶとよいでしょう。この段階では全て定価での説明になります。実際に見積もりを取る場合には、提携価格での値引きが適用されますので、まずは希望の商品やオプションを一通り選び、見積書が完成した時点で予算との兼ね合いを見て、外すオプションと採用するものを検討していくとよいでしょう。最終決定ではありませんので、最終的にメーカーに発注を掛けるまでに何度も変更・追加は可能です。

(関連記事)


一般的な選び方としては、システムキッチン・洗面化粧台・トイレを各住宅設備メーカーの商品から選び、浴室はセキスイハイムのラインナップから選ぶことになります。

Sponsored Link

 水廻り設備

キッチン

各メーカーのショールームでセキスイハイム仕様の標準キッチンを選ぶこともできますが,追加でオプション部材を自由に選ぶことが可能です。例えば水栓をセンサー付きの自動水栓に変更したり,食洗機のグレードを上げたり、レンジフードを手入れの要らないものに変更したり、カップボードをセキスイハイムのものではなく、好きなメーカーのものをを採用することができます。

また,セキスイハイム仕様のシステムキッチンではイマイチ物足りない場合は,一からショールームで選ぶこともできます。その場合は、費用は数十万円〜100万円程度は上がりますが、長期間使用するものなので、特にシステムキッチンに優先的にお金を掛けたいという方は,ハイグレードのキッチンがお勧めです。

個人的にはパナソニックのLクラスキッチンは高級感があり機能的にも充実しています。

セキスイハイムの水廻り設備の賢い選び方・パナソニックのLクラスキッチン

洗面台

洗面台も各メーカーから選ぶことができます。センサー付きの水栓は定価では10万円くらい通常のものより高いのですが、多少の値引きもありますのでオプションを付けておくことをお勧めします。リクシルのルミシスは機能的かつスタイリッシュですでデザイン性に優れています。

(関連記事)

水廻り設備・ホテルライクな洗面室の作り方と洗面化粧台の選び方

トイレ

トイレも一般的には、提携メーカーの商品を採用することになります。パナソニックやリクシルなど特徴が異なりますので、比較検討した上で採用するとよいでしょう。また、提携メーカー以外にもTOTOなどから採用することも可能なので、その場合は営業担当に相談してください。

 値引き

水廻り設備を一つのメーカーで揃えた方が値引き率は良いです。例えば,リクシルのセキスイハイム仕様のキッチンを選び,カップボード・洗面台・トイレも同じメーカーでまとめて購入した方が一つ一つの商品を異なるメーカーから購入するより効率的です。もっとも、「キッチンはパナソニックが良いけど、洗面化粧台はリクシルが良いな」というのも値引き額は低くなりますが、それぞれ好きな商品を選ぶ楽しみと満足度は高くなることだと思います。

住宅設備メーカーは例えばリクシルとタカラスタンダード,自社の商品をいかにセキスイハイムのお客さんにいかに購入してもらうかというライバル関係にあります。住宅設備メーカーにとって取引先は施主ではなく,セキスイハイムの営業担当です。したがってセキスイハイムの営業担当を通して、メーカーの営業に値引き交渉をしてもらいましょう。裏技としては、直接、メーカーの営業担当に値引き交渉をすることも可能です。実際に筆者は、何度もメーカーの営業担当と話しをして当初の見積額よりも大幅な値引き額を引き出すことができました。

アドバイス

ショールームは魅せることを第一に展示しているため、初めて見学したときはテンションが上がり冷静な比較検討ができなくなることが多いです。

時間的な余裕があれば、見積書ができた段階で再訪することをお勧めします。採用した設備やオプションを見積書を見ながら再度確認することで2回目は冷静に予算内の調整と優先順位を付けて取捨選択することができるようになります。

また、繰り返しになりますが、最後に工場発注を掛けるまでは、変更・追加が可能です。水廻り設備以外にもインテリア工事や家具、照明や外構など決めることは山ほどありますので、全体の予算を見てからでも削る作業は遅くありません。

セキスイハイムのインテリア工事費の値引き交渉方法を紹介

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村

設計・設備・外構工事等カテゴリの最新記事