セキスイハイムのフローリングの種類と色の失敗しない決め方

セキスイハイムのフローリングの種類と色の失敗しない決め方

セキスイハイムの注文住宅で悩むのはフローリングです。種類や色、用途に応じた使い分けなど、その組み合わせは無限にあり、オプションでメーカー注文も可能なため、費用を掛ければ掛けるほどイメージに合った居住空間を実現することができます。しかし、セキスイハイムの標準仕様のフローリングも性能とデザイン性が高いので、その種類と色などを詳細にみていきましょう。

種類

  • 無垢材フローリング
  • 銘木プレミアムフローリング
  • 銘木突板フローリング
  • HDフローリング
  • 突板フローリング
  • 大理石調フローリング
  • グリッドHDフローリング

無垢材フローリング

非常に風合いもよく肌触りも良いので人気です。色や杢目の模様は一枚一枚が違います。その違いにこそ無垢フローリングの視覚的な魅力があります。また、吸湿性に富み、空気中の余分な湿度を吸ったり、過度な乾燥した状態においては湿度を放出する天然の湿度調整機能が備わっています。したがって、無垢材を通してその空間から心地よいという感覚を感じることができるというメリットがあります。

セキスイハイムの無垢フローリング

一方で材質が柔らかく吸湿性に富むため、膨張してひび割れを起こしたり、均一化することが難しいため、フローリングは一枚ごとに若干の形状の誤差や曲りなどの特性があります。また、柔らかい材質のため日常生活で傷が付きやすいというデメリットがあります。これはセキスイハイムに限ったことではなく、無垢材を採用する場合の一般的なデメリットです。

加えて、費用的な側面から無垢材フローリングを採用した場合は1平米あたり標準仕様のフローリングに比べて約7000円高い金額となります。採用する間取や広さによって異なりますが、40坪の戸建てを無垢材フローリングにした場合は、標準仕様のフローリングと比較して約85~100万円程度は高くなります。

HDフローリング

一方で標準仕様のHDフローリングは、無垢材のような肌触りや吸湿性などの性能は劣りますが、銘木の木目をリアルに再現して汚れ・すり傷に強い表明性能と意匠性を併せもっています。ワックス掛けは不要で、変色しづらいという特徴もあります。

(下写真はフロアコーティング施工しています。)

セキスイハイムのフローリング

大理石調フローリング

高級感のある大理石の表面をリアルに再現した床材です。美しい鏡面仕上げのため玄関エントランスやリビングでの採用される場合が多いです。

セキスイハイムの大理石調のフローリング

白い床

メリットは、ホワイトを基調とした空間はビビットなカラーも受け入れ都会的なインテリアに映えます。また、間取プランにおいては空間の広がりを見せる視覚的効果があり、金属やガラス等の透過性の素材やダーク系の家具との相性も良く、インテリアコーディネートにおいては万能なフローリングです。加えて、傷が目立ちにくいという特長もあります。

セキスイハイムのリビング

デメリットは、髪の毛やペットの毛などが目立ちやすいという点です。また、バーチやチェリーといった茶色(ベージュ)の色のフローリングと比較して個人差はありますが、落ち着かないと感じる人もいます。

焦げ茶色の床

メリットは、ウォールナット(ダークブラウン)の床は重厚感と高級感が増し、静寂で落ち着いた大人の居住空間を演出してくれます。個人的には濃い色のフローリングは主寝室で採用することをお勧めします。シェードや木製ブラインドとの相性が良く、ホテルライクな空間作りに一役買ってくれます。

セキスイハイムのフローリング

セキスイハイムのフローリング

デメリットは、擦り傷や凹み傷が目立ちやすいという点、埃が目立ちやすいという点です。また、インテリアのカラーコディネートが白の床と比べて難しく、家具や雑貨等の配色に若干のセンスが必要という点です。

最後に筆者の戯言

居住空間の大きな面積を占めるフローリングは、素材や色によって受ける印象、住む人の精神面での癒し効果などにも大きく関わってきます。セキスイハイムのインテリア打合せの際に一番最初に決めるのがフローリングの種類と色です。失敗しない決め方は、インテリアに関する雑誌やサイト、アプリを利用しながらインテリア担当に画像や写真を見せる、メールで送信するなどして認識が共通化されると、ミスマッチが生じず、趣味に合ったインテリアが実現できます。

筆者は、インターネットの画像検索で「白い床 リビング」等と入力して、実際のリビングの雰囲気(置き家具のデザインや色、カーテン、雑貨)等を色々を見て自分の趣向に合ったフローリングを探しました。その際に大活躍したのが”Pinterestというアプリでした。お洒落なリビングやホテルライクの寝室などモダンで素敵なインテリアが沢山あり、「こういうリビングにしたい、こういう寝室にしたい」というイメージを営業担当とインテリア担当二人にメールで画像を送信して打合せをしていました。打合せと打合せの間は、メールでのやり取りを多用してPDFファイルで送ってもらい、時間短縮を図っていました。

話が脱線したので、本題に戻します。筆者邸のリビングのフローリングは、

リビングイメージ↓↓からHDフローリングの白色を採用しました。

セキスイハイム リビングイメージ

また、主寝室は大人の落ち着いたHDフローリングのウォールナットを採用しました。他の無垢材フローリングも惹かれましたが、セキスイハイムを選ぶ前に無垢材専門の工務店に見学に行ったことがあり、目で見て手に触れ説明を色々と聞くこと2時間。

無垢材がどれほど良いか分かりましたが、ただ、それほどの無垢材に対するこだわりが無かったので、セキスイハイムでフローリングを決める際も、イメージ先行でお手入れが簡単で丈夫なHDフローリングで採用することにしました。

新築時にはフロアコーティングの施工をお勧めします。

(関連記事)

 

セキスイハイムの建築実例はこちらから

セキスイハイムの人気ブログがいっぱいあります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

インテリアカテゴリの最新記事