工場生産ロボットが作るセキスイハイムの家

工場生産ロボットが作るセキスイハイムの家

セキスイハイムは、一邸ごとに高品質の安定した住まいを実現するため、家づくり工程の大部分を工場でつくる「ユニット工法」を採用しています。ユニット工法とは直方体のユニット(箱)の単位で工場で生産して、クレーンを使って現場で積み木のように組み上げていく工法です。高層ビルなどで使われる工法でボックスラーメン構造とも呼ばれています。

セキスイハイムは独自の生産工場でロボットと人、コンピュータが融合して高性能な住宅を効率的に高い精度で施工しています。以下、工場生産のメリットについて説明します。

工場ならではの精度・強度

大型機械の活用やロボットによるミリ単位の正確な溶接などを採用しています。極めて優れた強度を出すことが可能です。また、非常に重い床、天井、柱の各フレームを機械の力により組み立てることができます。これは鉄骨の骨組みの接合は、溶接が最も強さを出しやすいと考えられますが、現場では雨風の影響があり溶接は困難です。工場という環境を活用したロボットの溶接により、一般の住宅とは異なる強度と精度と実現しています。

また、外壁に使用する重いパネルも機械を活用して組み立てるので、ミリ単位での調整が可能です。また、工場内ならではの安定した作業環境により、高所作業も安全・確実に施工できます。

工場生産ロボットが作るセキスイハイムの家

雨風にさらされない

工場内では雨風で部材が濡れたり傷んだりするリスクはありません。完成したユニットは、雨に濡れないようカバーをかられ現場へ運ばれます。そして据付工事は1日で終了し、雨仕舞

を完了させます。建材や部材が建築現場でカバーが掛けられていることを目にしたことがありますが、セキスイハイムのでは高品質な住宅を作るために工場の屋根の下で管理されているため、そのようなことはないのです。

工場生産セキスイハイムの家、工場見学

設備・部材情報の管理

セキスイハイムの住宅のパーツは一棟につき約25,000点。工場では一邸ごとに設備や部材をコンピュータで一括管理しています。また、工場生産ラインでは、全生産工程をオンラインでリアルタイム管理され、必要な部材だけを作業場に届け、間違いのない施工を行っています。したがって、設計図どおりの設備・部材が間違いなく使われることになり、いわゆる欠陥住宅といわれる「あるはずのものがない」ということが生じえません。

 厳格な二重チェック体制

一般的には、各工程で大工さんが巻尺や水平器などで検査を行うことになりますが、現場での強度や精度は人間のチェック能力にも限界があります。また、作業に携わった大工さんによってのみ検査をする場合には、判定が甘くなってしまい、見逃しのリスクもあります。加えて、現場監督も、現場を複数抱えており、毎日すべての工程を点検している訳ではありません。

一方、セキスイハイムの工場では、各工程内検査により、完成してからでは確認できない部分を綿密に点検するシステムが確立されています。さらに専門の検査員が仕上がりを含めた全体のチェックを実施し、水平・垂直の精度はレーザー測定などでミリ単位の正確さを確認しています。検査項目は250項目以上にも上り、厳しい検査に合格したものだけが出荷され、住まいになるのです。

データ管理

工場では、「スタックシステム」と言って、一邸ごとに約25,000点に上る部材データの履歴をコンピューターでデータ管理されていますので、不具合が発生した場合でも部品をすぐに特定でき、確実なメンテナンス対応が可能になるというメリットがあります。これは完成・引き渡し後も60年保証の間もメンテナンスやリフォームのために活用されるのです。

最後に

オートメーション化、コンピュータ管理を行うことで高品質な住宅を高精度・高強度で効率的に作られています。そして、アフターケアの充実さ・保障の高さや対応の迅速さは、このデータ管理によるところが大きいのです。「セキスイハイム 後悔」なんて検索もインターネットでは多く閲覧されていますが、このようなシステムを実際ご自身の目で見られた上で、決められたら良いと思います。工場見学は無料でお昼のお弁当やお土産も出ますので、お子様の社会見学にもなるのでお勧めです。

※→セキスイハイムを選ぶと後悔する」を読む

ブログランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

セキスイハイムの工場については公式動画をご覧ください。こちらからどうぞ。

メリット&デメリットカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.