セキスイハイムのインテリア費の値引きはできる?交渉方法を解説!

 

インテリア工事の担当は?

建築工事請負契約を終えて間取図がほぼ完成した後に、専属のインテリアコーディネーターが付きます。

セキスイハイムの社員ですが、営業担当のように各展示場にいるのではなく、本社に数名のインテリアコーディネーターが所属し、施主との打合せを行います。

二級建築士の資格を有しているインテリアコーディネーターがほとんどなので、造作工事など設計上可能かどうかもアドバイスしてくれます。

 

インテリア費用の値引きはできるの?

値引きについて。

インテリア費用の値引きはできます

ただし、インテリア工事については「総額から◯万円の値引き」という交渉ではうまくいかない場合があります。

筆者は見積書に記載された商材一点ずつ部材・商材・工事に対して何割引きの値引きが可能か、〇万円の値引きが可能か、細かく詰めていくという交渉を行いました。

 

施主
見積書の「〇〇」ってネットショップだと〇〇万円なんだけど、こんなにするんですか?
取引の関係でやむを得ないのは分かるけど、〇〇万円まで値引きしてください。
難しいなら、何かサービスしてください。
時間は結構掛かりましたが、結果的に合計すると20万円以上の値引き交渉に成功しました。

 

インテリア費用の値引き交渉の相手

 

セキスイハイムのインテリアの値引き交渉

 

値引き交渉の相手はセキスイハイムのインテリア担当です。

それぞれに値引きの裁量権限は一定程度あるようですが、どれくらいの裁量を持っているか実際のところは分かりません。

ただし、内装工事をセキスイハイム以外の業者に委託するもの、例えば、フロアコーティングの施工費用の値下げ交渉は、インテリア担当を通して施工業者と行います。

 

「フロアコーティングの施工費を3割引きで交渉してください。」とインテリア担当に伝えれば、施主に代わってインテリア担当が施工業者と価格交渉を行います。

 

値引き額と値引きができないもの

照明(シーリングライト、ペンダントライト等)やカーテン・ブラインドは、セキスイハイムを通して提携メーカーから購入することができます。

提携メーカーから購入する場合は、見積書には割引価格(2割引)が当初から記載されています。

一般的な割引上限は2割がほとんどです。

また、建物と一体となるダウンライトやスイッチは値引きができません

 

高額な値引きが可能なもの

セキスイハイム施主限定のインテリアフェアを数ヵ月に一度の頻度で開催されます。

カリモクやフランスベッドなど有名な家具製造メーカーやブランドが参加しています。

これらのメーカーを通してダイニングテーブルや椅子を購入するときには一定の割引価格で購入することができます。

フェアに出展するメーカーは高額な商品の会社が多いため、即断する必要はありませんが、気になる商品に対しては見積書を作成してもらい、後日、購入するかどうかを決めます。

 

もちろん、セキスイハイムの2割引価格での購入は可能です。

さらに1割引き、ソファであればクッションのサービスなど交渉をインテリア担当に依頼することで、結果的に高額な値引きが可能になるケースもありますので、遠慮せずに言ってみることも大切です。

施主
このソファに惹かれているけど、〇〇万円まで値下げしていただくことって可能かな?
〇〇(インテリア担当)さんメーカーに尋ねてみてもらえませんか。難しい場合は、オプションのクッションをサービスしてもらえるように交渉してください。

 

インテリアフェア以外にも有名家具ブランドと提携しているケースが多いので、ベッドやソファ、ダイニングテーブル、椅子、照明など、ショールームに訪問する場合は、訪問前(来場予約前)にインテリア担当に連絡して、セキスイハイムとの提携があるか確認することをお勧めします

仮にメーカーと提携している場合には、メールやファクシミリで、間取り図面をメーカー(ショールーム)担当者にあらかじめ送信してくれるので、ベッドやソファなどの配置や搬入の可否を一緒にシミュレーションできるなど円滑に打ち合わせが進みます。

 

筆者邸ではかねてよりロータイプのソファを置きたくてフランネルソファを検討していました。

セキスイハイムのインテリア費用と値引き交渉
画像引用元:フランネルソファ https://www.flannelsofa.com/shop/

 

インテリア担当とフランネルソファのショールームに訪問する前に話す機会があったので、伝えたところ、提携メーカーであることが分かり、結果的に割引価格で購入でき、クッションのサービスまで受けられました。