セキスイハイムのLEDダウンライト

セキスイハイムのLEDダウンライトのメリット(種類・価格・オプション)

セキスイハイムのLEDダウンライトのメリット

高い発光

従来のダウンライトは、スポットライトのような真下への照射であったため、リビングのような広い部屋には不向きのでしたが、LEDダウンライトの登場により高い発光率が実現し、広い部屋でもダウンライトのみで十分な明るさを確保できるようになりました。

コストパフォーマンスの高さ

LEDダウンライトは、消費電力が少なく長寿命なので、導入コストは高いものの、節電効果が高いので、長期的に見るとコスト面でも従来の照明に比べるとメリットは大きいです。

セキスイハイムのダウンライトの消費電力

【画像引用元 セキスイハイムのオーナーサポート】

 

スッキリとした天井

何と言ってもダウンライトの一番の魅力は、天井に埋め込む照明であることから、スッキリとしたフラットな天井が実現し、照明でありながらインテリアとしての要素も高くなります。

埃が溜まりにくく、天井が高く感じるという効果も期待できるほか、使用してないときには天井と一体化しているため目立たないという点もメリットと言えます。

 

装飾を引き立てるダウンライト

ニッチの飾り棚やエコカラット、アクセントクロスを引き立たせるようにダウンライトを配置することができます。これはシーリングライトには無いダウンライトの魅力です。

下写真のように玄関やリビングにエコカラットやニッチを設けてスポットライトのようにダウンライトを設けることでワンランク上のお洒落なリビングや玄関エントランスに変わります。

ダウンライトの魅力・メリット

 

ダウンライトの装飾を引き立たせる効果

 

埃が溜まらない・掃除の手間を削減

天井埋め込み型の照明なので埃が溜まらず、お掃除の頻度を減らせます。

シーリングライトはどうしても埃が溜まりやすく、掃除するときは埃が落ちやすいため、ハウスダストアレルギーの方には辛い作業です。

また、寝室ではベッドの上のシーツや毛布に埃が落ちないように新聞紙を用意するなど一定の手間が掛かりますが、ダウンライトを採用することで掃除の頻度ともに埃に悩む必要も無い点は大きなメリットです。

ダウンライトの種類

一般的なダウンライトの形状は丸です。ごく自然で見慣れた形状だと思います。筆者邸のリビングや廊下も標準の丸い形状のダウンライトを採用しています。

セキスイハイムのledダウンライトのメリット

 

ただし、先ほど述べたようにダウンライトは照明でありながらインテリアの要素も持ち合わせているため、白く丸い形状だけではありません。

 

天井のクロス(壁紙)に合わせたり部屋の空間にマッチするようなダウンライトを選ぶこともできます。

セキスイハイムのダウンライトの種類、メリット、価格
和室のダウンライト

 

インテリア担当と打ち合わせる中で、天井を木目調の黒いクロスにしたいと相談したところ、この黒色の四角いダウンライトを勧められました。

和室のモダンな雰囲気にマッチしました。当然ながら、標準のダウンライトではなく、オプションとなります。