後悔する間取、失敗しない間取り

セキスイハイム後悔する間取り失敗しない間取りの作り方

この記事は約 7 分で読めます。

本記事ではセキスイハイムの注文住宅で後悔する間取りと、失敗しない間取りの作り方を紹介します。

セキスイハイムはユニット工法と工場生産という特徴を持っており、間取りに制約があることは理解する必要があります。

これから家を建てる方、まさに間取りに悩んでいる方の参考になると思われますので、本記事を最後まで読むと後悔リスクは減ります。

 

 

工場生産(ユニット工法)のデメリット

まず、本題に入る前にセキスイハイムには特有の事情があります。

それはユニット工法を採用し、決まった間取図(設計図)どおりに工場で各居室が製造され、そのユニットが工場から現地に輸送されて組み立てられるという流れのため、発注段階で窓を一つ設置したいと要望しても工場のラインで既にユニットの製造が開始されたら難しいのです。

 

浴室や階段は工場で既に作られて現地に運ばれてくるので、和室を洋室にという内装工事の変更は可能ですが、階段や水まわりの位置の変更は利かないと考えて良いでしょう。

 

また、ユニットの柱は特別な工法によって抜くことができるものの、一般的には広々としたリビングの間取りを考えている場合でも、ユニットと柱が抜けない場合があるほか、使用するユニットサイズによっては、段差が生じる場合もあることを押さえておいてください。

 

セキスイハイムの間取り失敗例

それでは実際の間取りの失敗例を紹介します。

 

リビングからトイレが見える(目隠し必要)

LDKと同じ空間にトイレを設けるのは避けた方が無難です。

LDKとトイレと間に廊下等の仕切りがない、トイレのドアを開けてすぐにリビングに繋がっていると、音や臭いという問題もありますが、来客や年頃の娘さんをお持ちの方にも是非避けたい間取りです。

 

※下図の間取りは実際に販売されている建売物件です。LDKと同じ空間にトイレがあり、目隠しの柱(壁収納)はありますがキッチンから丸見えです。

リビングからトイレか見える

お客さんが手洗いに立ってトイレのドアを開けて出てくるまで見える訳ですから、気まずいのは想像に難くないですよね。

 

ただ、こうした間取りの物件はセキスイハイムの建売物件にも見掛けます。注文住宅では避けるに越したことはありません。  

 

また、トイレとは異なりますが、脱衣室・浴室も同様です。お風呂上がりに必ずリビングを通らなければならないのは避けたいところです。

 

可能であれば脱衣室には二箇所に出入り口を設けるか、LDKとは別の空間(廊下を設けて)に浴室・脱衣室を設けることをお勧めします。

これは特に年頃の女の子がいるご家庭は検討が必要です。

 

 

LDKに入るとキッチン丸見え

リビングドアを開けるとキッチン、後悔する間取

玄関から廊下を抜けてリビングドアを開けると、奥様が料理をしているキッチン内が丸見えという間取りもあります。

キッチンカウンター内部が見えないような工夫(カスミ硝子の引き戸を設置する等)をしなければ生活感がオープンになるリスクを十分に考えておく必要があります。

 

特に友人や親族など来客が多いお宅の場合やお子さんの友達が頻繁に来られるご家庭では料理中もそうですが、それ以外のときの片付けを徹底しておかなければならないなど何かと気を遣います。

 

 

狭い玄関は失敗の素

LDKを広く取り過ぎて玄関が狭く、外出から帰宅して家族数人が同時に玄関に入るとき一人ずつ入らなければ渋滞するような狭い玄関スペースは避けたいところです。

 

玄関たたきに余裕をもたせなければ狭く窮屈な玄関になります。

玄関は「家の顔」ですので、大人が2人横に並んでもゆとりのある広さを確保することをお勧めします。

 

また、居住する家族が少ない場合は良いのですが、家族が多かったり、お子さんがいらっしゃるご家庭では、玄関の収納スペースが十分でなければ家族の靴や物が玄関や玄関前に溢れるケースが多いです。

玄関の収納スペースの確保は居住人数が多ければ必須課題となります。

玄関が片づかない、靴バラバラ間取り

 

理想的な間取りは、玄関に2、3畳程度のウォークインシューズクロークや土間から入れて通り抜けできる納戸を設けることです。

家族の靴や傘、遊び道具などを片付けることができ、玄関は綺麗を保ち、機能面としても生活がしやすくなります。

 

壁に可動棚やパイプハンガーを設置することで玩具やガーデニング用品、コート類等の上着を一時的に掛けるスペースがあるだけでもリビングのソファやダイニングの椅子に掛けてしまうということは避けられます。

 

下写真は家族専用のウォークインシューズクロークです。お客様と家族専用の上がりを設けることで、いつも綺麗で片付いた玄関になります。

 

通り抜けシューズクローク・失敗しない間取り
リンク先:セキスイハイムの建築実例

 

 

また、家族専用の通り抜けできる動線を設けることで、使い勝手も良くなり、メインの玄関をいつまでもスッキリとした空間に保つことができます。

 

シューズクロークを通り抜け
出典:SUUMO

シューズクロークを設ける際は開閉できる窓を付けることで、明り取りや湿気・臭い対策にもなります。

 

あわせて読みたい

一戸建ての醍醐味は間取りを自由に決めることができることにあります。施主の望む家事動線や使い勝手の良い収納スペース、趣味の部屋などを考えることができるのは楽しみの一つですよね。 特に一戸建ての注文住宅の場合、施主家族のこだわりポイントの[…]

お洒落なシューズクローク

 

 

吹き抜けリビングは寒くて後悔のリスクあり

リビングを開放的な吹き抜けにすることで、明るく視覚的にも広く感じるようになりますし、シーリングファンなどを設置することで見た目にもお洒落です。

吹き抜けリビングのデメリット

 

しかしながら、吹き抜けリビングは意外と失敗や後悔の声があるのも事実です。

冬は1階で温めた空気が2階部分へ抜けて行くため暖房効率が悪く、夏は熱気はすべて2階部分へ上がるため、1階は冷房で涼しくても2階は非常に暑いというデメリットがあることは理解しておきましょう。

 

また、吹き抜けに窓を設けた場合は光が入りやすくなる反面、眩しかったり、太陽の熱で暑くなり日光を遮るシェードやロールスクリーンが必要になる場合もあります。

 

特にリビングでテレビを鑑賞している際に、窓を設ける場所とテレビを置く位置によっては、テレビ画面が見づらいという事例もありますので、吹き抜けリビングの高い位置に窓を設置する際は、太陽の動きと日中家族が過ごす位置を考えた方が良いでしょう。

 

なお、吹き抜けによって2階部分が削られるため、家族が増えた場合などは居室が足りなくなるといったデメリットが多いのも事実です。

居住人数や将来の家族構成などをよく考えた方がよさそうです。

あわせて読みたい

明るく開放的なリビングを希望する方は多いと思います。 リビングを吹き抜けにすることで、窓を大きく取ることができ、開放的で明るいリビングになりますが、一方で、吹き抜けならではのデメリットも存在します。 本記事では吹き抜けリビングの[…]

吹き抜けリビング