セキスイハイムに手付金を支払う時期と金額、注意点

セキスイハイムの手付金はいくら?金額と時期、払えないときの対処法を解説

手付金の金額と使途

手付金の金額

手付金の金額さて、セキスイハイムの手付金の金額についてですが、営業担当と店長に確認したところ、最低100万円というのが一般的なようです。

高いと思われますか、それとも納得の金額でしょうか。

一般的な相場(不動産売買)は、売買代金の5~20%の範囲内で決まるケースが多いようです。

なお、セキスイハイムの分譲地に家を建築する場合、いわゆる建築条件付き分譲地の場合には、一般的なケースとして最低でも土地購入に100万円,建物本体工事に100万円、合計200万円を請求されます

ただし、金額については土地代金と建物工事費の両者を合わせて100万円というケースも認められますので、事前に営業担当に確認してください。

 

手付金の使途

手付金は、契約締結時に売主に預けて最終的に家の引渡しを受ける際に代金を全額精算します。

本来は売主から返還してもらうものです。

ただ、その手続きをするのは面倒なので、契約書には「手付金は、残代金支払いのときに売買代金の一部として充当する」と書かれるのが一般的です。

お金には色がないため、最終的には自己資金(内金)として精算されます。

注意点

新築戸建ての場合の頭金・自己資金は最低でもこの金額くらいは準備する必要があります。

特に最後までセキスイハイムに依頼するか決めかねている場合、契約を解除したときには手付金を放棄することになるため、リスクを回避するためには少額の方が良いかもしれません。

また、何らかの理由で家が建てられなくなったというケースもあります。

その場合は施主(申込者)の都合でキャンセルすることになるため、手付金を放棄(返金なし)しなければなりません。

そのようなケースも踏まえて手付金の金額を相談することをお勧めします。

手付金が払えないとき

もし、手付金がどうしても用意できていない場合、払えないときの対処法を紹介します。

  • 親に頼る
  • 住宅ローンの融資を受ける予定の銀行からの借入れ

住宅ローンの融資を受ける予定の銀行から借りる場合はセキスイハイムの提携銀行があります。

その場合には営業担当に相談してください。

やってはいけないのが安易にカードローンで借りることです。カードローンで借入れをしてしまうと、住宅ローンの審査に影響が出ます。

 

セキスイハイムの家を建てる際に住宅ローンを検討される方はセキスイハイムで家を建てる人が住宅ローンを考えるときに読むブログ(銀行・審査・金利・控除等まとめ)をどうぞ

セキスイハイムで家を建てるのにいくらかかるか知りたい場合はセキスイハイムの坪単価と40坪の建物価格と総額・相場を実例を基に紹介どうぞ

 

↓↓家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ  にほんブログ村 住まいブログへ


セキスイハイム(一戸建)ランキング