セキスイハイムに手付金を支払う時期と金額、注意点

セキスイハイムの手付金はいくら?金額と時期、払えないときの対処法を解説

セキスイハイムに手付金を支払う

セキスイハイムに手付金を支払う必要があることは分かったけど、手付金って何だっけ?という方に向けて簡単な説明します。

手付金の説明「手付金とは」

手付金とは
手付金(解約手付 )とは、買主と売主のいずれかが、契約を解除したいときのための保証金です。 相手方が履行に着手するまで、以下により売買契約を解除できます。
買主は、支払い済みの手付金を放棄する(手付流し)
売主は、手付金を買主に倍返しする(手付倍返し)

この手付金の金額は、統一的な基準はないようです。建物価格によって異なるような ことも聞いたことがありません(営業所によって取扱いが異なるかもしれませんので心配な方は営業担当にご確認ください)。

 

セキスイハイム手付金

手付金を支払う時期

支払時期

セキスイハイムで注文住宅を決めることが決まり、建物工事請負契約を結ぶ段階で手付金を振り込みます。

支払期限を知らされる時期

建物工事請負契約を締結する前後で営業担当から説明があります。

営業担当が宅建資格を持っていないときは、有資格者の支店長等から重要事項説明を受けた後に説明があります。

この時点で「〇日までに入金」をと依頼されます。

普通預金に数百万円を入れていつでも引き出せる方はよいのですが、定期預金、証券口座、財形貯蓄等ですぐに引き出すことができない場合もあると思います。

営業担当には、契約の一週間前ころに振込期限をあらかじめ確認しておくことをお勧めします。