セキスイハイムのモダン和室の作り方

セキスイハイムのモダン和室、メリットと小上がり(畳上げ)の費用

和室を設けるメリット

まず、和室を設ける理由としては以下のようなものが考えられます。

和室のメリット

  • 客間としての利用
  • 親との同居を考えて
  • 子どものお昼寝スペース
  • 横になってくつろげるスペース

 

両親や親戚、友人が宿泊する際にあると重宝します。

洋室のみであれば急な宿泊にも困りますが、予備の布団さえ確保していれば、畳の部屋だといざという時に布団を出して客間として使えるというメリットがあります。

また、お子さんがいる場合には和室で遊ばせたりゴロゴロしたりとくつろげるスペースとしても使えますし、家庭訪問の際もリビングに通さずに和室で応接することが可能です。

和室は多機能なので利便性が高いスペースです。

 

畳コーナーと和室の分かれ目

お洒落な和室にしたくても、和室を設ける場所や広さ、そして高さ次第で畳コーナーになる場合と〝一室の和室″に格付けされる場合とがあります。

その分かれ目の広さは四畳半、この広さ以上であれば部屋としての奥行きが出るため和室としての位置づけになります。

ただし、セキスイハイムで快適エアリーを採用する場合は居室の広さに畳を敷くわけではなく、快適エアリーの吹き出し口は板の間になる点に注意が必要です。

 

小上がり和室「畳上げ」

小上がりにすることで、一つの空間ができます。

この工事を「畳上げ」と言いますが、インテリア工事の打合せの際に畳上げを要望すればよいです。

その際に小上がりにする段差を20cm~選ぶことができます。

余り高くすると畳コーナーと化してしまうため、20~30cmがお勧めのラインだと考えます。

セキスイハイムのモダン和室を作る方法