建売住宅(分譲住宅)と注文住宅どっちがお得?メリット・デメリット

この記事は約 6 分で読めます。

一戸建てのマイホームを購入するなら、建売住宅(分譲住宅)と注文住宅のどちらを選んだらよいのでしょうか?

建売住宅と注文住宅では、設計の自由度、工事費用、工事期間(入居できるまでの期間)などが大きく異なり、注文住宅といっても土地を所有していない場合には、工務店・ハウスメーカーの建築条件付き土地を購入して建てるという選択肢もあるので、どちらを選ぶかは家づくりの大きな分岐点です。

建売住宅のデメリット

入居までに時間的余裕があるかどうか、希望するエリアにタイミングよく土地が売りに出されているかなど、条件面で折り合いが付かないことも多いので、どちらが合っているか本記事を読んで検討してください。

 

ゼロからの家づくりオーダーメイド「注文住宅」

希望の場所に土地を買い、設計・間取プランを考えるところからスタートする家づくりです。

ハウスメーカーの担当社員と相談しながらプランを作り、建築工事請負契約を結んで家を建てます。

当然ながら予算の都合にもよりますが、完全オーダーメイドです。

 

注文住宅のメリット

自由度の高さ・希望を叶えられる

注文住宅は土地から、設計から自由に家づくりをするので、自由度が高いのが一番のメリットです。

どこに住むかをはじめ、どんな間取りやデザインにするか、どんな建材や設備を使うのかといったことまで自分たちの希望を取り入れることができ、ハウスメーカーの担当社員や建築士と相談しながらオーダーメイドで理想の家づくりができます。

収納の幅や棚一つの高さも1cm単位でオーダーできますし、ドアの取っ手やタオルハンガーに至っても好みのものを設置できる自由さが魅力です。

 

注文住宅のメリット

 

予算の優先度とメリハリが付けられる

こだわりの間取りや理想の設備を取り入れたり、逆にこだわりのない部分は節約したりなど予算をかける部分とそうでない部分のメリハリを付けられるのも注文住宅ならでは。

こだわりのキッチン、洗面化粧台に大きな予算を掛けて使いやすく、お洒落な空間を演出する。玄関回りを豪華にしたい、テラスデッキを作ってBBQをしたいなど外構に予算を掛けることも自由です。

 

引き渡し後の満足感、充実感を味わえる

打合せに費やす時間や悩む時間、自分で情報を集める苦労など多く手間も掛かりますが、建物が完成したときの喜び、達成感、満足感も大きくなります。

 

将来のライフスタイルを予測した設計が可能

将来の家族の構成の変化や介護に備えて、バリアフリーにしたり、間取りを考えることができるのは注文住宅の魅力です。

長く住むことを前提に、夫婦の老後などライフスタイルの変化に対応できるような設計を考えておけば、リフォーム工事が不要になり、結果的に割安だったということもあります。

 

注文住宅のデメリット

家を建てる土地探しからスタートする場合、希望するエリアに土地が見つからないと家づくりが始まりません。

例えば、賃貸物件にお住まいの方は1年後の3月までに退去しなければならないなど、入居時期に条件がある人にとっては時間が限られている分、なかなか進まない家づくりにストレスを抱えることもあります。

立地条件や予算によっては土地探しが長引いてしまう場合もあり、運よく見つかった場合にも建築内容に制限があるケースがあります。

そして、土地が見つかっても今度は工務店、設計事務所、ハウスメーカーのいずれで家を建てるかを考えて、住宅展示場巡りや工務店への訪問・相談をしなければならないなど、土地探しからハウスメーカー探し、設計、建築と進めるための時間が長く、スタートしてから入居できるまでには相応の時間が必要です。

 

打合せに費やす時間が長くて多い

とにかく打ち合わせに掛かる時間が長いことがネックです。

  1. 間取り・窓
  2. 水まわり設備
  3. 太陽光発電・蓄電池・外壁
  4. 内装(床・扉・壁紙・照明・収納・コンセント・スイッチ等)
  5. 住宅ローン
  6. 外構(玄関タイル・アプローチ・植栽・駐車場・フェンス等)

ざっと大きく分けてもこれだけのものについて打合せが必要ですから、共働き家庭で平日に打合せの時間を取ることが難しい場合はなかなか進みません。

ハウスメーカーの展示場だけで決められない水まわり設備は、リクシルやパナソニックといった住宅設備メーカーの展示場に赴いて決めなければなりません。物珍しさもあり最新の設備に目を引かれて楽しい部分もありますが、小さなお子さんや共働き世帯など時間の調整で大変なことも多いです。

あわせて読みたい

セキスイハイムは全国各地に会社がありハウスメーカーの中でも年間着工数は1万件以上というトップクラスの施工数を誇るハウスメーカーです。 ですから、パナソニック・リクシル・タカラスタンダード・クリナップといった大手住宅設備メーカーと提携し[…]

水まわり・セキスイハイム

 

費用面・コストが割高

また、費用面の高さは注文住宅のデメリットです。

建売住宅は販売価格が決まって売り出されるのに対し、注文住宅の場合はゼロからのオーダーメイドですから、用意された標準仕様を選ばずに好みの設備やオプションを選ぶと予算を大きく超えることになり、予算オーバーになることが多いです。

したがって、同じ建坪の場合は、建売住宅よりも注文住宅のが建築費用は高くなる傾向があり、身の丈に合わない高額住宅ローンを組んでしまったという事例も多くあり、費用面はデメリットと言えるでしょう。

注文住宅の場合は支払いが工期にしたがって、2回又は3回に分かれるため、一般的には「つなぎ融資」が必要になります。そのため、つなぎ融資を受けるために手数料(利息)が生じるため、この点も建売住宅より余計に費用負担が大きくなります。

あわせて読みたい

セキスイハイムで注文住宅を建てるにあたって、着工から完成までに3回に分けてお金を支払う必要があることはご存知でしょうか?   手持ちの現金があればよいのですが、無い場合には着工から完成までに掛かる費用について、住宅ロー[…]

積水リース・セキスイハイムつなぎ融資