セキスイハイムを選ぶと後悔する。

セキスイハイムを選ぶと後悔する。




セキスイハイムで家を建てなければよかった。

セキスイハイムを選んだのは失敗だった。

やっぱり〇条工務店が良かったかな。

オシャレな積〇ハウスで建てたかった。

インターネットの検索で「セキスイハイム」と入力すると、入力候補に「セキスイハイム 後悔」、「セキスイハイム 口コミ、評判」と表示され、同社で家を建てたことを公開する感想が綴られたブログや投稿掲示板に辿り着きます。

後悔の理由が施行不良が多かったり、欠陥住宅だったりしたのか、まだ着工はしていないが、セキスイハイムを選んで契約を交わした後に、いわゆる新築ブルー状態での後悔なのかは判然としませんが、後悔に至るまでの過程にも何かしらの原因があるのだと推測します。

本記事では、セキスイハイムを選んだ施主の方が後悔する理由や原因、後悔しないようにリスクを回避する方法がないかを自らの体験を基に解説します。



後悔の理

多くのハウスメーカーの中からセキスイハイムを選んだことに後悔する理由のいくつかを筆者なりに考えてみました。

  • 打合せ・契約段階に
  • 上棟時及び引渡し時に
  • 完成後の外観に対して
  • 施工不良を経験して

打合せ・契約〜家の完成前に後悔

営業担当者との意思疎通が上手くいっておらず要望が反映されていない。

施主及び施主家族の意図が営業担当や設計担当に伝わっていない。

人生で初めて数千万円という多額の負債を抱えることへの不安と、果たして高額な建築工事費に見合う家なのかという不安(セキスイハイムのアンチ投稿や意見に影響を受けての不安)を抱えている。

上棟後~完成・引渡し時に後悔

家が完成すると、建築工事費は高額だったのに意外と普通の家だったというイメージや理想とのギャップも正直あると思います。

特に上棟したばかりの家の内部は壁紙もなければフローリングも貼られていない状態なので、LDKを見て「これで20畳か・・・思ったより狭い」なんて思うこともしばしば。

また、セキスイハイムの分譲地の場合、隣も同じような外観の家が建つことから、隣の家と比べて外壁磁器タイルなどのグレードが低いと「やっぱりレジデンスタイルにしておけば良かった」と後悔することも多いようです。

セキスイハイムの外観に対する後悔

セキスイハイムの外観の多くは良くも悪くも代表的なタイル貼りの「THEセキスイハイムの家」というものが多いです。

 

セキスイハイムの外観
リンク先:群馬セキスイハイム

 

セキスイハイムの外観
リンク先:セキスイハイム中四国

 

セキスイハイムの外観
リンク先:セキスイハイム中四国

 

 

セキスイハイムの外観は、人によって好みが分かれます。残念ですがセキスイハイムの規格が決まっているため、自由でデザイン性の高い建築家が建てる家を望むことは不可能に近いと考えます。

 

筆者自身は新築戸建てを考えているときに、家の外観デザインを重視していましたので、理想の外観は下写真のような家でした。

 

株式会社アーキッシュギャラリー
リンク先:株式会社アーキッシュギャラリー

 

株式会社とラストデザイン
リンク先:広島県トランスデザイン

 

理想の家の外観
リンク先:無垢スタイル建築設計株式会社

 

繰り返しになりますが、セキスイハイムでは上写真のようなデザイン性の高い家を建てることは不可能に近いと考えます。高額な建築費用を掛けた割には、至って普通の外観の家が建ちます。

ハウスメーカーで戸建てを建てた経験がある人は、セキスイハイムが高額なハウスメーカーであることをご存知の場合もありますが、セキスイハイムのことを知らない人にとっては、とても高額な費用を掛けた家には見えないでしょう。

(関連記事:セキスイハイムの外観)

セキスイハイムで家を建てると後悔する

そうすると、これだけお金を掛けたのに、多額の住宅ローンを背負ったのに「意外と普通の家」が建ったと感じ、「本当にセキスイハイムで良かったのか?」と自問自答を始めてしまうのです。

これから抱える負債や将来の漠然とした不安に、上記のような家に求める理想やイメージと現実に建つ家とのギャップが加わって、

「これで本当に良かったのだろうか?セキスイハイムを選んで良かったのだろうか?」と自らの判断に自信がなくなるのではないかと考えます。

では、他のハウスメーカーで同じ金額で家を建てたら後悔しないのでしょうか、建築事務所に依頼してデザイン性の高い家にすれば後悔はしませんか?

どのハウスメーカー、建築事務所や地元の工務店で家を建てたとしても、それぞれにメリットやデメリットはあり、施主側にも予算に限りがありますから、理想と現実(妥協)のギャップはあると思います。



工務店なら安いという話

地元の工務店ならもっと安く済むという話はよく聞きます。

大手ハウスメーカーは全国各地に展示場を建て、CMを流すなど莫大な広告費や人件費がかかりますから、少なからず商品に利益を上乗せするというのは「家」に限らずともやむを得ないのではないでしょうか。

では、仮に地元の工務店を選んだ場合、住宅保証や設備保証はセキスイハイムと同程度でしょうか?

家は引渡しを受けたら終わりではありません。アフターメンテナンスや修繕が必要になったとき、地震や落雷、台風などで被害に遭ったとき、いざというときに頼りにできなければ、安心した生活を送ることはできません。

セキスイハイムの施工不良・後悔

セキスイハイムを選んだ決め手

数あるハウスメーカーからセキスイハイムを選んだのには何か決め手があったはずです。

  1. 最大手の安心感や保証の充実さ
  2. 工場生産のユニットの精密さ
  3. 災害に強い軽量鉄骨の頑丈さ
  4. 快適エアリーの性能
  5. 大容量の太陽光発電システム
  6. メンテナンスフリーの外壁総磁器タイル
  7. 家の部品や建材をデータを厳格に管理
  8. 営業担当の対応が良く親身に相談に乗ってくれた

外壁や太陽光発電は以外は、外観からは分かりづらい目に見えない部分です。セキスイハイムの「目に見えない部分の安心感」に惹かれた方も多いでしょう。

特に地震や火災などの自然災害に強く、保証面での安心感は数あるハウスメーカー随一といっても過言ではありません。

 

(関連記事:ロボットが作る家)

 

(関連記事:セキスイハイムを選んでよかった)

 




誰でも建てられるわけではない

セキスイハイムはその坪単価の高さもそうですが、人気エリアに分譲地を所有していることが多いです。

そうすると高額の建築費及び土地購入が必要になるため、一定以上の収入がある世帯や安定した職業の施主など金銭面や職業面で恵まれていたからセキスイハイムで家を建てることができるということを忘れてはいけません。

誰でもセキスイハイムで家を建てられるわけではありません。建てたくても予算が足りない、住宅ローンの融資が下りずに諦めざるを得ないケースも少なくないのですから。

後悔のリスクを回避する

住宅は人生で一番大きな買い物で、大きな負債を抱えることで自らの判断が正しかったのか自問自答をすることが多く、不安にならない方が珍しいと思います。知識が無いことも不安になる原因の一つです。実際に不動産業界・建築業界以外の人は家の適正価格は分かりません。

部材や工事費の内訳を知り、金額の透明性をハウスメーカーに求めるなどし、価格の妥当性を追及して自らの納得性を増していく作業を繰り返しながら少しずつ不安を減らしていくことが必要だと考えます。

筆者は、性能や品質についても調べたり尋ねたりしながら価格の妥当性と工事の必要性、そして予算とのバランスを考慮して自身の納得性を高めていきました。

また、少しでも後悔のリスクを減らす筆者なりの方法を以下のとおり挙げますので参考にしてください。

  1. セキスイハイムの担当者への依頼等の連絡事項は、電話や口頭のみならずメールで複数名に送信する。
  2. 前回打合せの確認、部材・商材の変更や確定は次回打合せ時にもう一度確認する。
  3. 決して担当者任せにしない。言わなくても分かるだろうと過信しない。
  4. 設備や壁紙、床材、収納など細部に至るまで標準仕様とオプション部材の比較説明を求める。
  5. セキスイハイムの分譲(建売)住宅を訪問するほか、完成見学会に数多く参加して展示場ではない一般の住宅を可能な限り見学する。
  6. セキスイハイム各社のホームページを閲覧して、インテリアや間取りを参考にするほか、セキスイハイムで家を建てた施主のブログを閲覧し、特にデメリット部分や失敗例、施工不良例などを数多く知る。

最後に

家づくりは、決めなければならないことが多過ぎて嫌になることもありますが、せっかくの注文住宅で、ゼロから好みの家を作ることができます。ですから楽しむことも忘れずに、悩む時間を大切にしましょう。

なお、少しでも好みの理想の家に近づけるためには、施主も相応の努力が必要です。その前提としてハウスメーカー選びは時間も労力も掛かりますが、夢を実現するための重要なパートナー探しです。

家が完成して素敵な生活が始まることで、セキスイハイムで建てて良かったと、少しずつ満足感に変わっていくものだと、変えていくものだと信じています。

セキスイハイム・ファミエスの延長保証のメリット

(関連記事:セキスイハイムのオリコン顧客満足ランキング結果)

(関連記事:セキスイハイムでもう一軒建てるなら)

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ  にほんブログ村 住まいブログへ



後悔・失敗・施工不良・欠陥カテゴリの最新記事