セキスイハイムのインテリア工事の金額が高い理由と対策

セキスイハイムのインテリア工事の金額が高い理由と対策




インテリア担当と資金計画

セキスイハイムでは建物工事契約を締結するタイミングで,内装工事等の打ち合わせをするためにインテリアコーディネーター資格を持った専属のインテリア担当が付いて、フローリングや壁紙、扉や窓、カーテンなど、内装に関わる一切についてゼロから決める作業を行います。

セキスイハイムとの建物工事請負契約を交わす段階では、資金計画書にインテリア工事費の概算額の記載がありますが、実際には何も決まっていない状態です。これからインテリア担当との打合せの中で一つ一つ商材を決めていくことになり、最終的に打ち合わせの結果、見積書を経て資金計画書に正確なインテリア工事費が記載されることになります。

本記事では、高い高いと噂のセキスイハイムのインテリア工事費が高い理由を紹介するとともに、インテリア工事とは何か、費用を抑えるコツについて紹介します。

インテリア工事とは

そもそもインテリア工事とは、家の内装に関するもの全てです。ドアのノブから浴室、カーテンやフローリングに至るまで、一つ一つの商材・部材についてインテリア担当と打ち合わせを行い、インテリア工事費として資金計画を立てるという流れです。

ただ、打合せの中で選ぶ商材を全てセキスイハイムの標準仕様の中から選ぶ場合は、追加費用が生じませんので、資金計画のインテリア工事費に記載される金額はほとんどありません。裏を返せば、資金計画書のインテリア工事費に記載されるものは、オプション商材(設備)やカーテン等の購入金額です。
では、どのような商材がインテリア工事費に該当するのか見ていきましょう。

大まかに次のものがあります。

  • 照明器具  建物の照明器具(ダウンライト・人感センサー,ダクトレール等の取付)
  • カーテン  セキスイハイムを通して専門メーカーから購入する場合
  • 空調  エアコンを配管を外壁に露出させず壁の中を通すことができる隠蔽配管工事費
  • 造作工事  ニッチ,カウンター取付,壁収納(作り付け収納)、飾り棚、間接照明
  • クロス(壁紙)クロスを標準仕様以外のオプションから採用する場合
  • 床材 無垢フローリングや標準仕様以外のタイルを使用した場合
  • その他施工費  壁掛けテレビの下地補強,畳上げ,エコカラット,フロアコーティング等

 

インテリア等内装工事は施主家族それぞれの趣味やセンス、希望が色濃く反映されるため,こだわりの強さが価格にも現れます

例えば、カーテンはセキスイハイムのインテリアで購入する場合,国内有名メーカーからの購入となります。シェード・ブラインドからも選択ができ,選ぶメーカーやグレードによっては高額なものは非常に高額です。

すべての居室のカーテンをセキスイハイムを通して購入する場合はそれだけで予算の半分以上を占める場合もあります。したがって,リビングと主寝室はグレードの高いシェードを購入して,子供部屋は自分で準備するなどして、費用を掛けるところと抑えるところと予算配分を考える必要があります。

 

インテリア工事費用を抑えるコツ

  • 床材やクロス,収納は標準仕様から選ぶ
  • 各居室の照明はシーリングライトを採用してダウンライトの数を減らす
  • シーリングライト(照明)は施主で準備する
  • カーテンは施主で準備する
  • フロアコーティングやエコカラットなど工賃や施工費が発生するものは採用しない。

これらを徹底すれば,インテリア工事費の概算額以内に収めることは可能です。少ない場合は30万円前後の金額で収まる場合もあります。

(関連記事:施主支給)

(関連記事:セキスイハイムで購入するカーテンのメリット)

優先順位

しかしながら、せっかく理想の家を建てるために注文住宅を選ぶのですから,部屋の印象を左右するもの,お気に入りのものは,オプションから採用、グレードを上げるなどして、優先順位を付けることで家づくりはとても楽しくなり、実用性や利便性が向上するのも事実です。

壁紙クロスは標準仕様のものとオプションは明確な違いがあり、オプションとなると価格帯を上げるとより理想の色や柄、紙質を選べる自由度が格段に増すので、アクセントクロスを採用する場合はオプションから選ぶことをお勧めします。

(関連記事:アクセントクロスで子供部屋と寝室をコーディネート)

また、フロアコーティングにはUVコーティングやガラスコーティングなどコーティング方法は種々あるのですが、セキスイハイムはエコテックと提携しており、入居前に施工しているため自身で後に導入されるよりは先にLDK及び玄関だけでも施工をしておくことをお勧めします(金額は施工範囲によってことなりますが、20万円前後で可)。

また,インテリア工事費の建材の中でも個別に値引きができるものとそうでないものがあります。詳細は別の機会に紹介したいと思いますが,値引き交渉テクニックについてはこちらをどうぞ↓

(関連記事:値引き交渉)

こだわりポイント

施主やその家族によって,こだわりたいポイントはそれぞれだと思います。
「寝室をホテルのようにしたい」

「カフェのようなダイニングがほしい」

「モダンなリビングに憧れる」

「お洒落で豪華な玄関にしたい」等 

セキスイハイムインテリアが高い理由、値下げ

これらの理想に近づけるためにはエコカラットウッドテックを採用することで高級感は間違いなく増しますので、予算に余裕がある方は採用を検討してみてはいかがでしょうか。

(関連記事:エコカラット)

終わりに

セキスイハイムの標準仕様以外のオプションの建材・商材は種類にも金額にも際限がありません。オプションを選んで採用すればするほど理想の家には近づきますが,インテリア工事費は相当高額になります。高額になる理由として、建材価格の高騰と施工費・工賃の高騰があります。それを見込んで、資産計画書のインテリア工事概算額は150万円~200万円を予算に組み込んでおくことをお勧めします。
金額が数百万,数千万円の買い物を繰り返すため徐々に麻痺してきますが,もう一度予算と理想とのバランスを考えることが大切だと思います。

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

インテリアカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.