新築外構の失敗しがちな5事例から学ぶ

新築外構の失敗しがちな5事例から学ぶ

この記事は約6分で読めます。

家づくりは、その名のとおり、どんな家を建てるか、間取りや内装、水まわり設備など建物がメインです。

一方で、外構工事はというと、打ち合わせが最後になり、予算も限界に近いことから、どこか付け足しのようなイメージになりがちです。本記事では新築外構の失敗事例を紹介しますので、家づくりの参考にしてください。




失敗の原因

  1. 外構工事は建物のように内覧会や見学会がほとんど無いため、机上のパースや写真、部材の一部をサンプルに見るだけで決めていくことが多く、施主とハウスメーカーとの間でギャップが生じやすい。
  2. 施主側の外構・エクステリアに対する知識の不足とイメージ不足があり、加えて、家づくりの最終段階のため、打ち合わせ疲れで担当者任せになりがち。
  3. 外構工事の打ち合わせ頃には既に建物の予算オーバーか、予算ギリギリのことが多く、「予算の範囲内で」、「最低限で」可能な工事を依頼してしまいがちです。

 

失敗事例

駐車スペースが狭かった

自家用車を駐車するスペースが、外構が完成してみたら思ったより狭くて使いにくかったという失敗談をよく耳にします。今はコンパクトカーでも、家族が増えて大きな車に乗り換えたときにドアが開ききらず乗り降りしづらくなる失敗事例もあります。

駐車スペースは車1台分なのか、2台分なのか、2台分の場合は横一列に駐車するのか、縦列に駐車するのかも建物の間取りを考える際に検討しておかなければ、外構工事の打合せを進める段階だと「駐車スペースが取れません」という事態も起きています。

駐車場が狭い

また、前面道路幅との関係で何度も切り返さなければ駐車ができないとなると毎日駐車がストレスになることもよくあります。外構担当とよく話し合い、現地に行ってシミュレーションを行うことをお勧めします。

間取りを考える際、そして、敷地内のどこに建物を配置するかも一緒に考えていた方が失敗が少ないです。



隣家や通行人から室内が丸見え

建物の間取りを考える際に見落としがちなポイントです。通行人から、又は隣家との距離や前のお宅の窓や勝手口の位置次第でリビングやダイニングなど室内が丸見えになるケースは多いです。

フェンスの高さを高くしたり、格子状のポールやフェンス、又はスクリーンを設置しなければ、せっかくの日当たりが良い部屋であっても通行人や隣人の視線が気になってカーテンが開けられないことになります。

目隠しフェンス
リンク先:ガーデンストーリー

 

また、隣家の勝手口ドア又は玄関と自分の家の勝手口ドアが向かい合う位置関係の場合にも、隣人の様子を窺いながら気を遣って生活をしなければならないため、間取りを決める際には外構工事を意識するとともに、隣家が分譲地でまだ建物が建っていない場合にも、もしものことを考えて目隠しスクリーン等の設置の検討をお勧めします。

 

オープン外構の失敗(敷地への立ち入り)

オープン外構は明るく開放的なところが魅力です。新興住宅地は街並みや景観統一からオープン外構が多いのです。メリットとしてはクローズ外構に比べると工事費用を安く抑えることが可能です。ケースによっては200万円以上で抑えることができますので、予算オーバーの場合や外構(エクステリア)に強いこだわりが無い場合、防犯面を意識してオープン外構を選ぶ方も多いです。

オープン外構の失敗
開放的で費用も安いが・・・。

 

一方で、オープン外構を後悔しているという方も多く、新築から1,2年で外構リフォーム工事に踏み切るケースも珍しくありません。

オープン外構のデメリットは誰でも敷地内に立ち入ることができてしまうことであり、小学生の通学路や通行人が多い道路に面している場合、また、散歩中の犬が駐車スペースに入りオシッコをすることもあります。敷地が角地にある場合は、道路を曲がる車のタイヤが敷地内に入ることも珍しくなく、敷地の角が車のタイヤの跡で黒くなってしまうというケースもあります。

また、女性の場合は洗濯物が外から丸見えになるので、外干しができないというのものやウッドデッキを設置したけど、道路から丸見えで視線が気になりウッドデッキを活用できないという後悔事例も挙げられます。

このように防犯面や費用面からオープン外構が採用されることが多いのですが、人やペットの立ち入り、車の進入などにストレスを感じて、カーゲートを設置したり、通行人や隣人の視線を気にして門扉や目隠しフェンスやスクリーンを設置する方も実に多いのです。

やはり住人の性格的なところが大きく影響しますので、全く気にならないという方は条件が整えばオープン外構が良いと思いますが、気になる方はカーゲートや門扉・フェンスなどを採用したセミクローズ外構の方がストレスが無くなるのでお勧めです。

(関連記事:カーゲートのメリット)

カーポートの後付け失敗

予算の都合上、カーポートは住みながら付ければいいかなと考えて、新居引渡し後に設置を考える施主の方も多いと思いますが、後付けすることを前提にハウスメーカーの担当者には伝えていないケースは失敗のリスクが高くなります。

つまり、カーポートを安定的に設置するためには、土台となる柱部分の固定が非常に重要となるため、掘削した穴にカーポートの柱を立てた後、モルタル(セメントと砂を混ぜたもの)を流し込み、カーポートの柱がしっかりと固定されるよう固めます。

その柱を立てる位置に水道管やガス管が走っていた場合は、カーポートを設置することは不可能です。基礎の大きさの関係から、配管から50㎝は離れていないと柱が建てられないことから、いざ外構業者に依頼して工事に取り掛かった場合、配管が通っているため、購入したカーポートが設置できなかったという失敗事例があります。

また、駐車スペースと柱の位置の関係上、カーポートを設置すると、2台の駐車ができなくなり駐車スペースが1台分に減るため、カーポートの後付けを諦めたという失敗事例があります。

新居引渡し後に外注でカーポートを設置する予定がある場合は、ハウスメーカーの外構担当者と打合せ段階からその旨を伝えておき、かつ、配管の位置等を記載した敷地図面をもらっておくと、工事がスムーズに進みます。

予算が足りずに土のままの庭(水はけ、雑草)

注文住宅の場合、建物の打合せがあり、最後に外構工事の打合せに移るため、この時点では外構工事に回す予算が足りず、玄関回りと駐車スペースを除いて外周を土のままにしておくケースというのも少なくありません。

土のままにしておくデメリットとして、雨の後の水はけが悪く水溜まりが数日間できていたり、庭から戻ると靴が泥だらけになります。風の強い日だとサッシ周りに砂埃が入るという事態も起きてしまいます。

草むしり

また、土のままだと雑草が覆い茂るため草抜きなどの雑草との戦いになり、対策が疎かになると雑草が伸び放題で家の見栄えも悪くなります。

せっかく注文住宅で何度も打ち合わせを重ねて家を建てたのに、外周が土のままだと寂しい(物足りない)家になります。




最後に

外構は家のイメージを周りに伝える役割だけでなく、実用的で機能性の役割も持つ空間の一つです。門まわりや玄関アプローチ、植栽、テラス、カーゲート、カーポートなど、外構デザインにこだわることで家の印象をアップさせることができます。

上記失敗事例の中でもオープン外構の失敗は、まさに筆者邸にも当てはまります。ペットが駐車スペースに入ってオシッコをしたり(飼い主は平然としてましたが)、小学生が遊びながらアプローチから門扉まで駆け込んだり、悪気は無いにせよ通行人が立ち入ることが増えると、余りいい気はしませんし、モヤモヤ感は拭い切れず、結局は入居から1年後に跳ね上げ式のカーゲートを設置したのでした。

このような失敗例があるということを知って、外構工事の打合せに臨むだけでも失敗・後悔リスクは格段に下がると思います。そして、可能な限り、間取りを考える時点から外構もセットでイメージしておくと暮らしやすい家になると思います。

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村 

(関連記事:新築外構工事費用を値引きするコツ)

外構・エクステリア工事カテゴリの最新記事