新築外構5つの失敗

新築外構の5つの失敗を押さえて、後悔のない外構を目指す

新築外構の失敗の原因

 

  1. 外構工事は建物のように内覧会や見学会が無いため、パースや写真、部材の一部をサンプルに見るだけで決めていくことが多く、施主とハウスメーカーとの間でギャップが生じやすい。
  2. 施主側の外構・エクステリアに対する知識の不足とイメージ不足があり、加えて、家づくりの最終段階のため、打ち合わせ疲れで担当者任せになりがち。
  3. 外構工事の打ち合わせ頃には既に建物の予算オーバーか、予算ギリギリのことが多く「予算の範囲内で」、「最低限で」可能な工事を依頼してしまいがち。

 

5つの失敗

  1. 狭い駐車スペースに失敗
  2. 目隠しのない丸見え外構に失敗
  3. オープン外構に失敗
  4. カーポートの後付け失敗
  5. 土のままの庭に失敗

駐車スペースが狭かった

自家用車を駐車するスペースが、外構が完成してみたら思ったより狭くて使いにくかったという失敗談をよく耳にします。

今はコンパクトカーでも、家族が増えて大きな車に乗り換えたときにドアが開ききらず乗り降りしづらくなる失敗事例もあります。

 

駐車スペースは車1台分なのか、2台分なのか、2台分の場合は横一列に駐車するのか、縦列に駐車するのかを決めるのは建物の間取りを考えるときが多いです。

外構工事の打合せを進める段階だと、敷地における建物の位置によって駐車スペースが取れないという事態も起きますので要注意です。

駐車場が狭い

 

また、前面道路幅との関係で何度も切り返さなければ駐車ができないとなると毎日の駐車がストレスになります。

設計担当・外構担当とよく話し合い、現地に行ってシミュレーションを行うことをお勧めします。

 

隣家や通行人から室内が丸見え

建物の間取りを考える際に見落としがちなポイントです。

通行人から、又は隣家との距離や前のお宅の窓や勝手口の位置次第でリビングやダイニングなど室内が丸見えになるケースは多いです。

フェンスの高さを高くしたり、格子状のポールやフェンス、又はスクリーンを設置しなければ、せっかくの日当たりが良い部屋であっても通行人や隣人の視線が気になってカーテンが開けられないことになります。

目隠しフェンス
引用:ガーデンストーリー https://gardenstory.jp/exterior/22331

 

また、隣家の勝手口ドア又は玄関と自分の家の勝手口ドアが向かい合う位置関係の場合にも、ドアを開けたらバッタリ目が合うことがあれば、隣人の様子を窺いながら気を遣うことが予想できます。

 

間取りを決める際には外構工事を意識するとともに、隣家が分譲地でまだ建物が建っていない場合でも、もしものことを考えて目隠しスクリーン等の設置の検討をお勧めします。