セキスイハイムの窓は台風・防犯に強い

セキスイハイムの窓は台風・防犯に強い

大型の台風の災害が多い日本では、家の役割が非常に大きくなってきます。

セキスイハイムで新築戸建てを建てた方は、大切な家族を風雨から守ってくれる安心感を得た一方で、飛来物によって窓ガラスが飛散しないか心配になる方も多いのではないでしょうか。

(イメージ:割れた窓)

 

セキスイハイムの窓は台風が来ても大丈夫なのか、同社の窓の性能について本記事で紹介しますので、参考にしてください。



防犯合わせペアガラス

セキスイハイムの窓は強い衝撃にも破れにくい防犯合わせペアガラスを採用しています。

セキスイハイムの窓・防犯・台風
リンク先:セキスイハイムの防犯性能

 

柔軟で強靭な中間膜が入っているため、ハンマー等の鈍器でたたき割ろうとしても数回の打撃では貫通しにくい構造となっています。

 

防犯窓・セキスイハイム
リンク先:セキスイハイムのオーナーサポート

 

 




電動シャッターという選択

少々の飛来物が当たってもガラスが飛び散る可能性は低いものの、ゼロとは言えません。したがって、打合せ段階から電動シャッターを採用するという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

 

防犯シャッター・セキスイハイム
リンク先:マンションレビュー

 

手動のシャッターを採用された方の多くは、最初から電動にしておけば良かったと後悔ポイントが多いようです。

台風・シャッター

ただし、シャッター設置は防犯上、必ずしも吉とは出ません。普段シャッターを閉めていない家や帰宅後の夜のみシャッターを閉める家の場合、一日以上シャッターが閉まっていると「不在」であることを空き巣から認定されてしまいます。

空き巣は下見を何度か繰り返して実行することが多く、シャッターの開閉が不在の合図になることも少なくありません。



最後に

セキスイハイムの窓は結露も無く性能が高いものだと住んでみて実感しました。

台風による飛来物はありませんでしたが、防犯ガラスという特性から小さな石や木の枝などが仮に窓に当たってもガラスが飛び散る可能性は低いと思いますので、その点は台風や防犯にも強い窓だと言えます。

上記記載したように、防犯や防災の点から電動シャッターを採用することもお勧めします。後付けが難しいため、工場発注までに検討してみてはいかがでしょうか。

↓家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります↓

 にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ



もしものときのために↓↓

(関連記事:セキスイハイムのオーナーズ保険はメリットが大きい)

設計・設備・外壁カテゴリの最新記事