セキスイハイムで家を建てて良かった・選んで良かったメリット①

セキスイハイムで家を建てて良かった・選んで良かったメリット①

本ホームページで「セキスイハイムを選ぶと後悔する」という意味深なタイトルの記事を掲載しているのですが、毎日多くの方に閲覧いただき結構なアクセスを記録しています。

 

それほどセキスイハイムを検討している方が多く、またセキスイハイムで家を建てるかどうか悩んでいらっしゃる方も多いのだと思います。

 

本記事はセキスイハイムを選んで良かった、建てて良かったと素直に思った・感じたことなど主にメリットを紹介したいと思いますので、セキスイハイムを検討している方や既に決めたけれど本当に良かったかなとお悩み中の方の参考になればと思います。

(関連記事:セキスイハイムを選ぶと後悔する)

夢を形にする打合せ

注文住宅で家を建てる醍醐味は、予算の限りはあるけれど、自分や家族の夢や理想を形にできることではないでしょうか?

「家族全員が安心して暮らせる家・家族を守ってくれる家づくり」という土台の上に様々な理想や希望をセキスイハイムの社員との間で形にしていきます。

セキスイハイムで建てて良かった

 

効率的な家事動線を考えたり、家族団欒の明るく開放的なリビング・お洒落なカフェのようなキッチンにしたい等と営業担当やインテリア担当と何度も打合せを重ねながら作り上げていく過程は大変ですが楽しい時間でもあります。

夕方から打合せが始まり、気が付いたら22時過ぎていたなんてこともあるほど、時間を忘れて没頭できることなんて幸せなことです。

 

そんな理想の家づくりを叶えてくれたセキスイハイムの営業社員をはじめ、インテリアや外構工事担当に出会えたことは本当に幸運だったと思っています(相当のワガママを通したので、大変な施主だったと自覚しています)。

 

大手の安心感はハンパない

日本人は大手が大好きです。有名なブランドやメーカーへの信頼や信用はいつの時代も変わりません。

 

セキスイハイムも建築着工数も年間1万棟を超え、太陽光発電住宅の建築数は18万棟を超えて6年連続ギネス記録に登録されるなど、これまでの多くの建築実績やノウハウが口コミや施主同士の横の繋がりなどで広がり、新たな顧客に結びついているのだと思います。

 

また、デメリットと考えられる坪単価の高さ・建築費の高さは一定の層からすれば「安心」と捉えられるのです。

家づくりで、一番恐ろしいのは「安かろう、悪かろう」という住宅です。特に日本人の富裕層の中には、高品質なものに高い費用を出していることで安心感を持つオーナーも少なからずいるのが事実です。

そうすると安易に「値引き」を持ち出す営業社員は信用に値しないハウスメーカーだと判断される場合もあります。

 

余り耳にしないハウスメーカーやローコストメーカー、地元の工務店を選ぶと、インターネットで検索を掛けても体験談を投稿する施主の母数が少ないために、得られる有益な情報が少な過ぎて、本当に大丈夫なハウスメーカーなのかと不安が増してしまいます。

 

セキスイハイムという会社は、「セキスイハイムで家を建てた」という一種の所有欲を叶えてくれるハウスメーカーの一つなのかもしれません。

 

自然災害に強い家

セキスイハイムの鉄骨系の住宅は、超高層ビルにも採用されている「ラーメンボックス構造」を採用しています。

高層ビルのラーメンボックス構造

重量のある鉄骨は自動溶接ロボットにより正確・頑強に溶接されフレームに組み上げられます。そして、このフレームを大型自動工作ロボットが互いに組み合わせ頑強なユニットに組み立てます。

さらに、ユニット同士をハイテンションボルトで頑強に接合して一体化することによりスクラム効果が生まれ、より強い構造体となります。

セキスイハイムのユニットで採用されるハイテンションボルト

【セキスイハイム中部のHPに移動します】

 

全長3,911m、総重量9万tの長さ世界一の明石海峡大橋の橋桁を支えているハイテンションボルトと同じものがセキスイハイムのユニットを上下に繋ぎ合わせるために使われているのです。また、工場内でロボット等を使用しながら強固で正確な工事が行われれているというのは非常に安心でもあります。

 

(関連記事:ロボットが作る家)

 

筆者はハウスメーカーを決める前から、鉄骨の家を建てるつもりでしたので、セキスイハイムに決めたときも迷わず鉄骨系を選びました。

鉄骨住宅は、木造の家よりも費用は高く、気密性などでもデメリットとして挙げられますが、その一方で地震や津波・台風・火災などに強いイメージがありました。

地震に強いセキスイハイム

 

災害に強い鉄骨の家に住むと、デメリットとして挙げられる点を特に感じることはなく(感じ方には個人差があると思いますが)、そして大きな安心感を得ることができます。

家族が安心して住むことのできる家を建てたいと思うのは、施主の方全員の思いでしょう。

せっかく高額な費用を支払ったのに自然災害が起きて悔やんでも悔みきれない結果になるのは嫌だったので、工場見学で自分の目で確かめて安心には代え難いとの理由から鉄骨系を選びました。

(関連記事:外壁磁器タイル)

 

工期の短さ

続いては工期の短さです。

セキスイハイムはユニットをオーダーメイドで工場生産しており、完成したユニットを建築現場に運搬して積み上げていくため棟上げは一日で終わります。

鉄骨系の住宅は、外壁磁器タイルも工場で既に貼られているので、外観は家として完成しているのです。

基礎工事から引渡しまでに最短約60日と短い工期で済みますので、ご近所への迷惑や仮住まいにかかるコストも最小限に抑えられます。仮住まいの家賃や住み替えを行う施主の方にはこれは非常に大きなメリットとなります。

なお、上記の期間は飽くまで最短ですが、基礎工事~外構工事完了後の引渡しまでは、3カ月弱の工期が一般的ではないかと思います。

それでも一般的な住宅に比べると短い工期のためメリットは大きいと思います。

筆者の場合は、セキスイハイムの新居に移ると同時に、旧居の分譲マンションを買主に引き渡す約束でしたので、工期が短くて非常に助かりました。

仮に工期が6カ月以上掛かったなら、いったんは賃貸物件に仮住まいすることになっていたと思います。そうすると、敷金・礼金・家賃・引越代など払う必要のないお金が出ていくことになり、資金計画を立て直さなければなりませんでした。

 

(関連記事:セキスイハイムの棟上げ)

 

セキスイファミエスのサービス

続いては、セキスイファミエスです。

セキスイハイムが家を建て施主に引き渡した後は、セキスイファミエスがその後のアフターメンテナンスを含むサービスを担当します。

セキスイハイム・ファミエス

厳密には別会社ではありますが、社員同士はセキスイハイムとファミエスの往き来(異動)があるなど、施主の立場からすると、担当する部署や係の違い程度です。




引き渡しを受けた後でもセキスイハイムの工事課担当(現場監督社員)や営業担当に連絡を取ってもメンテナンスの対応はしていただけます。どこに電話したらよいか調べる必要はなく、電話一本で駆けつけてくれるので非常に楽です。

なお、ファミエスのサポートセンターを通して連絡することでセンターに「履歴」が残るため、ファミエスを通してきちんとした連絡・返信を望む場合には、セキスイハイムではなく、ファミエスのサポートセンターに連絡をしましょう。

また、家の中に設置しているあらゆる設備は、メーカー保証というものが通常あります。しかし、メーカー保証は短く2,3年で切れることが多いと思います。そんな場合でもファミエスの延長保証は、10年間もありますので安心です。

 

(関連記事:半年点検)

 

安心の60年間保証・スムストック認定

セキスイファミエスでは半年点検に始まり最長60年間セキスイハイムが点検及びメンテナンスを行ってくれます。かなり細かな部分まで点検して不具合があれば手直しや修繕を行ってくれます。

筆者がハウスメーカー選びをしていた際に地元では有名な工務店から説明を受けたのですが、引渡し後の点検は決められた年のみで、何か不具合があれば連絡を下さいとの対応でした。

地元ならではの距離の近さや頼みやすさがある一方でアフターメンテナンスや保証面におけるきめ細やかなサービス不足を感じざるを得ませんでした。

 

また、セキスイハイムは「スムストック」認定の加盟メーカーです。スムストックとは、良質な既存住宅の流通活性化を目指して大手住宅メーカー10グループが共同で運営する優良ストック住宅推進協議会のことです。優良ストック住宅(スムストック)に認定されることで、住まいの価値が適性に評価され、将来に渡り高い資産価値を得られます。

 

(関連記事:60年保証・スムストック)

 

最後に筆者の戯言

セキスイハイムを選んでよかった・建てて良かったと思えるメリットや感想を書きましたが、一度の記事では書ききれませんでしたので、タイトルを「メリット①」としました。

筆者自身は分譲マンションからの住み替えのため、マンションのメリットとデメリットは身に染みて分かっていますが、注文住宅は初めての体験です。最初はハウスメーカーの比較をしていましたが、実際に各メーカーそれぞれに特色があるので単純比較は難しいと思いました。

比較するよりも、気になるハウスメーカーの特色を掘り下げて勉強し、そのメーカーや工務店が施主家族の理想を叶えてくれる(予算に合う)家を建てられるメーカーかどうかを見極めるという方がしっくりくるのかなと思います。

ハウスメーカーの外観やデザインの好み、インスピレーションというのも大切だと思います。ただ、人生で一番大きな買い物と言っても過言ではないマイホームですから、目に見えない部分の安心やサービスという切り口から各メーカーの特色を見てみるというのも賢い選び方かなと思います。

セキスイハイムの場合には、目に見えない部分の品質の高さや安心感・アフターメンテナンスや保証等サービスの充実が他のハウスメーカーに比べて筆者には勝っているように感じましたので、メリットとして紹介した次第です。参考になれば幸いです。

 

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ  にほんブログ村 住まいブログへ

 

メリットカテゴリの最新記事