カーポートをセキスイハイムで設置する際のメリットと注意点

カーポートをセキスイハイムで設置する際のメリットと注意点

セキスイハイムで外構工事の見積もり結果を見てお悩みではありませんか?

セキスイハイムの外構工事は非常に高額ですから、どこまでの範囲をセキスイハイムに依頼すべきか、実に頭の痛いところです。

例えば、新築工事の範囲でカーポートを設置したい場合でも、設置するとなればその分の工事費用も上乗せされるため、予算オーバーで泣く泣く諦める場合も多いと聞きます。

エクステリアの専門業者に依頼した方がお得なのか、別途打合せの時間やスケジュール、工事費用をどのように支払うか、ローンを組むか現金で支払うか検討すべき点は多いです。

そこで、本記事は外構工事の中でも一度は悩むカーポートの設置について、カーポートを設置するメリットやセキスイハイムで設置する場合のメリットや家の引き渡し後に後付け工事をする場合についてご紹介します。





カーポートを導入するメリット

屋根を持つカーポートを設けるメリットは、風雨や雪から車を守れることです。

汚れや錆などを防ぐことができるので、洗車の回数も格段に軽減することができるほか、寒い時期に霜が降りてフロントガラスの凍結も防ぐことができます。

また、紫外線による色あせや日焼け、直射日光による車内温度の上昇を抑えることができる点も大きなメリットと言えます。

加えて、屋根があることで、雨天の際には濡れずに車に乗り降りもしやすいので、買い物帰りやお子さんがいらっしゃる場合のメリットが大きいので、カーポートがあるのとないのとでは後々の後悔も大きいと思います。大きめのカーポートを設置する場合には自転車も雨に濡れないので本当に便利です。

カーポート1台用セルフィ
リンク先:三協アルミ

 

セキスイハイムに依頼する場合のメリット

セキスイハイムの外構工事担当は、施主との打合せにおいて要望を聞きながらカーポートの設置案や見積書・外構工事パースを提示してきます。

カーポートの種類もメーカーによって様々ですからカタログやインターネットからお好みのものを選びましょう。

ただし、特にインターネットでは専門業者がホームページに工事費込みの価格を掲示していることから、セキスイハイムの見積価格と比較すると同社の工事費の高さに悩んでしまいます。

したがって、デメリットと言える工事費の高さと以下に述べるメリットを比較してカーポートの導入を検討してください。

(関連記事:セキスイハイムのカーポート)

家の引き渡し時には外構工事が完了している

自分で専門業者に依頼する場合には、セキスイハイムから家の引き渡しを受けた後に、カーポートの設置工事を行うことになります。

特に施主家族が平日勤務している場合は工事の立ち会いのために休暇を取る必要があったり、別途業者と打合せをするなど手間はどうしても掛かります。

一方で、カーポート工事までセキスイハイムに依頼すれば、全ての工事が完了した上で引き渡しを受けることができるため、先に挙げたような手間は掛かりません。

セキスイハイムにカーポートを依頼する場合のメリット

 

住宅ローンに組み込める

セキスイハイムで外構工事を依頼した場合には、外構工事費は全て住宅ローンに組み込んで融資を受けることができる点は大きいメリットです。

一方で専門業者にカーポート設置工事を依頼する場合、住宅ローンに工事費用を組み込めるかどうかは融資を行う銀行次第となります。

特にセキスイハイムの提携銀行で住宅ローンの融資を受ける場合は、セキスイハイム以外の専門業者でカーポートを設置する場合は、工事費用を住宅ローンに組み込めません。その場合は自己資金から支払うか、専門業者のローンを利用するかを検討する必要があります。

住宅ローンの固定金利型はリスクが高いので注意が必要

 

参考までに、筆者が住宅ローンの融資を受けている楽天銀行は、家の引き渡しから間もなく(数か月以内に)、セキスイハイムとは別の専門業者からカーポートを設置する場合でも、工事費用は住宅ローンに組み込むことができました。

トータルコーディネート

セキスイハイムでカーポートを設置する場合は、外構担当が家の外観(外壁タイルの種類・色)等から門扉、植栽・アプローチなど外観パースを作成してトータルコーディネートの提案をしてくれます。

カーポートを設置する場合は、建物全体の見え方を考慮の上、カーポートの種類を施主の要望に応じて様々なメーカーのものを提案してくれる点は最大のメリットと言えるでしょう。

なお、外構(エクステリア)のパースはセキスイハイムの外構担当が作成しているところもあるでしょうが、実際にはセキスイハイムの指定業者(下請業者)にパースの依頼をしているため作成までに時間が掛かります。

専門業者に依頼する場合の注意点

駐車場のコンクリート工事をしている場合は、カーポートの柱を設置するために既存のコンクリートを砕くハツリ工事が必要になりますので、どこまでの工事をセキスイハイムに依頼するかを外構担当と綿密に打ち合わせる必要があります。

例えば、施主が家の引渡し後に特定のメーカーのカーポートの設置を決めて既にエクステリア専門業者と打合せをしている場合は、設置予定のメーカーと製品番号をセキスイハイムの外構担当に伝えることで、設置予定のカーポートの柱の位置を避けて駐車場のコンクリート工事をしてくれます。

具体的にどのカーポートを購入するか決めていない場合は、駐車場のコンクリート工事をセキスイハイムに依頼するかカーポートの工事と併せてエクステリア専門業者に依頼するかも検討する必要があるでしょう。

なお、セキスイハイム以外の専門業者で工事を行う場合は、セキスイハイムの保証は当然受けられませんので、その点の注意は必要になります。工事費用はセキスイハイムよりも格段に安く仕上げることができますので、同社の保証と負担金額のどちらを優先するかも考えた方が良いでしょう。

(関連記事:セキスイハイムの外構工事の価格と値引き)

 

専門業者との比較

セキスイハイムとエクステリア専門業者とで同じメーカーの同じ商品で見積もりを取って比較しましたが、10~20万円ほどセキスイハイムの方が高い工事金額となります。これは選ぶ商品で異なるでしょうが、製品単体(工賃)で比べた場合は、相場よりも高いのは間違いありません。

金額だけを見ると、自分で引き渡し後に専門業者と打合せをして設置する方が安く済むことは上記のとおりですが、その分の手間や保証(万が一壊れたときはセキスイハイムの場合は一報すれば修繕してくれます)を考えるとどちらが良いと感じるかは個人差があります。カーポートに限らず、テラスデッキの設置工事もそうです。

自分で専門業者を見つけて打ち合わせをしてというのが、苦にならない方であれば自分で満足がいくまで時間を掛けて交渉できますので、専門業者に依頼した方がメリットは大きいです。というのも、外構工事の打合せは家づくりの最後なので、この時点で打合せに疲れ果てている場合が多く、また予算が無いために相当妥協しているケースが多いです。

加えて、家の引き渡し時期が決まっているため、インテリアの打ち合わせや水廻り設備を決めるショールーム訪問のように、外構工事の打ち合わせに十分な時間が取れないという問題もあります。

 

最後に

参考までに、筆者は建築工事請負契約を締結する際に「カーポート1台分(25万円)サービス」を値引きの条件にしていました。

営業担当から「これ以上の値引きは難しい」と言われたので「それならカーポートをセキスイハイムでサービスしてもらえないか?」という条件を筆者から提案したものでした。

この値引きは当初余り気にしていなかったのですが、外構工事の打合せの最終段階で「交渉材料にしておいて良かった!」と心底思いました。

打合せの最終段階で効いてきますので、値引き交渉の材料にしてみるのも賢い交渉方法です。仮にセキスイハイムでカーポートを設置しない場合でも最後に25万円の値引きができますので、交渉方法としては上手くいったという実感です。

 

現実には、セキスイハイムの外構担当から提案してもらったカーポートを知人の業者に設置してもらったのですが、工事費用は20万円ほど安く済みました。また、カーポートを後付けすることをセキスイハイムの担当者に伝えていましたので、特に問題もなくスムーズに工事ができました。

 

先に述べたように、セキスイハイムですべての外構工事を依頼すると非常に楽ですし、保証が適用される、工事費用を住宅ローンに組み込めるというメリットがあります。一方で、専門業者に依頼することで、自分の好きな時期に好きなだけ時間を掛けて好きな業者を選んで安く工事を依頼することができるというメリットがあります。

どちらのメリットがご自身に合っているか、予算との兼ね合いもあると思いますので、よくご検討ください。

 

(関連記事:値引き交渉)

 




家づくりの参考になるブログがいっぱいあります。

にほんブログ村

外構・エクステリア工事カテゴリの最新記事