セキスイハイムのリユースのメリットと注意点

セキスイハイムのリユースハイム抽選・当選のデメリットと注意点、口コミ・評判等

この記事は約 6 分で読めます。

本記事をご覧になっている方の中には、セキスイハイムのリユース広告

「展示場を〇〇万円でお譲りします」というリユースハイムを見て応募された方、残念ながら落選した方もいらっしゃるかもしれません。

中には、既にエントリーした後にお住いの近くのセキスイハイムの住宅展示場の営業社員から電話連絡があった方もいらっしゃるかもしれません。

高価格帯のハウスメーカーであるセキスイハイムの家がお手頃価格で手に入るのですから、何とも魅力的なキャンペーンですが、当選した場合でもメリットばかりではありません。

思いもよらないデメリットや注意点も存在します

本記事では、リユースハイムに応募した方の口コミや評判のほか、メリット・デメリット、注意点に加え、リユースハイムのキャンペーン内容や仕組みを紹介しますので、抽選に申し込んだ方、当選後の対応に悩まれている方は参考にしてください。



セキスイハイムのリユースハイムとは

そもそもリユースハイムが何かを説明します。

■リユースとは

住宅展示場の建替えなどによって役目を
終えたモデルハウスを、資源を無駄にせず、新たな住宅として再利用。
セキスイハイムが取り組む環境配慮のひとつです。

セキスイハイムのリユースのメリットと注意点
(リンク先:山陽リユースハイムキャンペーンHP)

 

 

■展示場・モデルハウスを当選者の建築予定地に移築

使用済みの展示場・モデルハウスを解体した後に、当選者の指定する土地に移築します。

ハウスメーカーの用意した展示場プランに変更がない場合には、展示場の資源を無駄なく使用できます(一部除外される設備あり)。

なお、修繕・交換が必要な部材は、新たな部材に交換されますが、再利用率はセキスイハイムの基準に沿って行われます。

 

【公式動画:リユースハイム】

 

 

リユースハイムのメリット

高性能な品質を通常の価格より安価に手に入れることができる

地震にも耐える強靭な鉄骨ユニットをつなぎ合わせたシェルターのような構造体と、鉄骨や外壁は高耐久部材を使用しており安心な暮らしを手に入れることができます。

また、省エネ標準以上の高気密高断熱性能により先々まで快適な温熱環境を保ちます。

 

行政庁からのお墨付き

リユース住宅も注文住宅と同様に建築基準法に基づいて、建物の安全性などのチェックを受けています。

そのチェックを通過し、建築許可が下りた上で当選者の方の住まいとして作られます。

 

カスタマイズが可能

当選者の方の敷地に合わせてプラン変更が可能です。ユニット工法なので、ユニット単位での増減が可能となり、敷地に合わせて建坪を減らすこともできます。

また、二世帯住宅を建築する場合に備えてユニットを増やして三階建てにプラン変更することも可能です。

セキスイハイムのリユースのメリットと注意点
(リンク先:セキスイハイムHP「一生モノ工場」)

 

土地を所有していなくても応募可

土地を所有していない場合でも応募は可能です。その場合はセキスイハイムの建築条件付き土地を紹介されることになると思います。

 

 

リユースハイムの保証システム

リユースハイムにも長期保証システムがあります。

保証期間は、展示場建築時から20年間ですが、リユース建物が施主に引き渡された時点で残存保証期間が10年を下回る場合は、最低保証10年間が適用されます。

展示期間も算定されるのは納得がいかない点もありますが、そこは中古物件・リノベーション物件なので、やむを得ません。



リユースハイムのデメリット

応募者の個人情報収集ツール

リユースハイムに申込みを行うということは、セキスイハイムに貴方の個人情報を提供することになります。

これは住宅展示場のアンケートと同様で、ハウスメーカーからDMが送られてくるようになりますし、家を持つことがある程度具体的な方の場合は電話攻勢が始まります。

実はハウスメーカーの立場になって考えてみると、新規のお客様に展示場に足を運んでもらうことが最も難しいのです。

セキスイハイムにとっては、莫大な費用をかけて新聞広告やテレビCMなどの宣伝活動を行っているのですから、お客さんがセキスイハイムの展示場に足を運んでもらって初めて営業活動がスタートさせることができます。

他の業種の営業とは異なり、家というものは飛込み営業ができませんから、「家を建てよう、建てたいという人」の個人情報を大量に収集するツールとしてリユースハイムの募集は大切な役割を果たしています。真の目的はここにあるといっても過言ではありません。

 

さて、リユースの申込書に記載する内容ですが、上記アンケートよりも少し詳細な内容となっています。

  1. 応募理由
  2. 現在の住まい
  3. 建築地予定
  4. 年収
  5. 建築準備資金
  6. 返済可能額

 

上記情報を基に、申込者の営業対象として、今後も営業から度々連絡があります(新築の注文住宅を建てる方向で様々な提案があり、猛スピードで話が進みます)。

セキスイハイムをハウスメーカーの候補として、リユースハイムが飽くまでも中古物件の移築・リノベーションであること、メリット・デメリットの双方を理解していることが条件となりますが、いずれも了解しているのであれば、申込みをして損はないと思います。