カーゲート(オーバードア・跳ね上げ式)のメリット

カーゲート(オーバードア・跳ね上げ式)のメリット

昨今の新興住宅地は門扉の無いオープン外構が増えています。

整った街並みで住みやすそうなイメージがあると思いますが、決して良いことばかりではありません。

オープン外構
イメージ:オープン外構の街並み

 

その悩みは防犯上の問題に発展することがあります。つまり、大切な車へのイタズラ、自転車の盗難、敷地への侵入です。

これらを防ぐためには門扉の設置が必要になってきます。本記事ではカーゲートのメリットや、筆者が採用したオーバードア(跳ね上げ式)のメリットや実際の工事費用を紹介しますので参考にしてください。




敷地の内外を区切ることができる

敷地の境界線は境界鋲などで示されているものの、散歩中の犬や小さな子どもが敷地内に入ってくることもがあります。

カーゲートを設けることで物理的に、立体的にフェンスと同様に敷地の内外を区切ることができます。これにより犬や小さな子どもの侵入を防ぐことができます。


家を外観を決めるデザインの一つ

カーゲートは、防犯機能という面もありますが、様々なタイプのものがあり、どのようなゲートを設置するかで家の印象を大きく左右する、とても重要な部分になります。

カーゲートは敷地の内外を区切る一番外側にあるため、通行人や隣人からの目に触れやすく、家のデザイン性を高めるための重要な存在にもなるのです。

 

カーゲートのメリット
リンク先:ガーデンプラス

 

 

跳ね上げ式カーゲートのメリット
リンク先:㈱双美

子ども・ペットの飛び出し防

車の往来が多い道路に面している立地の場合は、小さな子どもやお孫さんが急に飛び出してヒヤッとすることや、庭に出した犬が飛び出す心配が無くなり安心して外で遊ばせることができます。

カーゲートを設置することで、お子さんやペットの飛び出しを防止することができるようになり、大切なご家族を守ることにも繋がりますので、安心して外遊びを楽しむことができます。

飛び出し防止
イメージ:子どもの飛び出し防止

 




車へのイタズラ防止

駐車場と敷地外をカーゲートで仕切ることで、大切な車が傷つけられたり、パンクさせられるような悪質なイタズラを抑止する効果が高くなります。

ゲートの高さを乗り越えなければ車へ容易に近づくことができなくなるので防止効果が増します。

車へのイタズラ
イメージ:愛車へのイタズラ防止

 

跳ね上げ式・オーバードアのメリット

収納スペースが不要

跳ね上げ式(オーバードア)のメリットの一つとして、ゲートが90度跳ね上がりますので、開放時のゲート収納スペースが不要な点が魅力です。

支柱を敷地内に後退させて埋め込み設置できますので、車庫入れに関して難しくなることはありません。

デザイン性が高い

跳ね上げ式は、各社から様々なタイプの商品が販売されており、家の外観とのバランスが合わせやすく、デザイン性を強調できることも魅力的です。

後付けする場合でも建物自体の魅力を生かしたリフォームが可能な点はメリットです。

リクシルのオーバーゲート
リンク先:リクシル

 

費用が比較的安い

防犯上の点からは電動シャッターが最適ですが、非常に高額な費用が掛かります。それよりも安価な費用でエクステリア工事できますので、予算があまり取れないが防犯性を高めたい場合にはお勧めです。

筆者邸ではカーポートに合わせて2台分のワイドオーバードアを設置しました。

下表が商品代及び工事費用の合計額です。

ワイドオーバードアS4型 546,170円
配線・結線・ブレーカー取付・配管費 47,750円
オーバーゲート取付 36,000円
合計費用 629,920円

 

電動式は開閉が楽

車で外出する際や、帰ってきたときに車から降りて主導で開け閉めするのは面倒なものです。

電動式であれば、車内からリモコンで開閉を操作することができます。動作はゆっくりと静かです。

 

なお、停電や故障などの非常にドアが開かなくなってしまう事を心配されてる方もいるかもしれませんが、通常は、支柱に電動と手動の切り替えスイッチが付いていて、それを手動に切り替えて操作できますので安心です。

最後に

筆者はセキスイハイムの注文住宅で戸建を建築しましたが、新築外構が費用とのバランスが取れていませんでしたが、やむを得ずに同社に工事を依頼しました。

しかし、引渡しを受けて住み始めてからも植栽やテラスなどが不満で、庭を活かせずにストレスを抱えていました。

結局、エクステリアの専門業者に依頼をして玄関回り、カーゲート、テラス工事、植栽も全て変えました。

ハウスメーカーの新築外構は非常に高額な費用の割に制約が多く、予算の都合もあって泣く泣く依頼するケースが多いのです。現にエクステリアの専門業者にリフォームを依頼する人の多くが新築の引き渡しを受けて数年といったデータがあります。

本記事で紹介したカーゲートは、様々なタイプのものがありますので、ご自宅の外装に合ったものを専門業者数社と打ち合わせをしながら、満足いくものをお求めになることをお勧めします。

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ にほんブログ村 住まいブログへ



外構・エクステリア工事カテゴリの最新記事