セキスイハイムの太陽光発電システムの連系(発電)開始の流れ

セキスイハイムの太陽光発電システムの連系(発電)開始の流れ

セキスイハイムはソーラー住宅建設棟数がギネス世界記録に認定されるほど、太陽光発電システムを取り入れた住宅を得意としています。

近年ではスマートパワーステーションがリリースされ、賢く(スマート)電力を創る場所(パワーステーション)という名のとおり、昼も夜も太陽の力でエネルギー自給自足を目指す家に力を入れています。

セキスイハイムの太陽光発電、おひさまハイムのCM

【出典リンク先:セキスイハイム(みんなのスマートハイム)】

セキスイハイムを選ぶ多くの施主の方が余剰電力を10年間固定で電力会社に買い取ってもらえる制度に着目して屋根に太陽光発電システムを採用をしていることだと思いますので、エネルギー庁の認定通知が下りて発電開始までに要する期間や連系開始までの流れ、連系開始後の手続を本記事で紹介します。

なお、家の引き渡しを受けても直ぐに太陽光発電が始められる訳ではありません。

太陽光の売電を巡るFIT制度の開始もあって、国(経済産業省資源エネルギー庁)からの設備認定通知が下りるまでには3カ月~半年程度は掛かるため、発電開始までは相当期間待つことになります。具体的には下の関連記事をご覧ください。

(関連記事)

 

 




再生可能エネルギー申請からの連絡

電子申請後から何の音沙汰もないまま3カ月~半年経過したころに、登録していたメールアドレスにエネルギー庁(再生可能エネルギー電子申請)から「申請していた設備に関して認定(届出が受理)されたので報告します」旨のメールが届きます。

設備はいつでも連系開始できる状態にあるため、晴れた日が続くと非常にもったいない気がしますが、上記連絡があるまでは何もできないのが実情です。

 

申請から認定通知があるまでの期間

再生可能エネルギーの電子申請を終えてから上記認定通知があるまでの期間について、筆者邸のケースを参考までに紹介します。

電力会社との契約が終わり、経済産業省資源エネルギー庁の再生可能エネルギー電子申請にアクセスをして所定の手続を済ませたのが、2018年の2月中旬、家の引渡しは3月末です。

そして、上記認定通知が届いたのが8月の初旬ですので、ネットの情報どおり約半年は待ちました。

 



工事担当への連絡

パワーコンディショナ(通称「パワコン」)は、太陽電池モジュールからの直流電力を家庭で使える交流電力に変換する機器です。

実際の連系開始はパワコンの連系開始スイッチを入れるのと分電盤のブレーカーを上げるくらいの作業なので、要する時間は10分も掛かりません。

セキスイハイムの太陽光発電連系開始

【出典リンク先:京セラHP住宅用太陽光発電システム】

 

ただ、以下に記載する所定の手続について、セキスイハイムの工事担当者が行うことになっていますので、認定通知が届いたら速やかに連絡をしましょう。

 

 

太陽光発電の連系開始されるとパワコンのリモコンモニターに発電状況が表示されるようになります。

セキスイハイムの太陽光発電連携開始とパワコン設定

連系開始日から太陽光発電システムの保証が開始されます。

リモコンの表示などで発電ができていることを確認します。

 

また、連系開始とともにエネルギー庁から設備認定が下りたことを電力会社に対して連絡する必要があります。その連絡は工事担当者を通して、セキスイハイムの太陽光発電の担当係が電力会社に行うことになります。

その連絡を受けて電力会社も発電開始を了知でき、売電のために翌月に検針を行い、指定した銀行口座に買電金額が振り込まれます。

 

(関連記事:売電収入を賢く貯める3つの方法)

 

モニターでの発電と消費電力の表示

京セラの太陽光発電システムの場合には小さな3.5インチのモニター(エコノナビットⅣ)が付いており、発電と消費電力が「見える化」されます。年間・月・日ごとの積算データが表示され、節電意識に繋がります。

セキスイハイムの太陽光発電開始、エコノナビット

【出典リンク先:京セラ(エコノナビット)】



HEMSの設定

太陽光発電の連系開始によって、ホーム・エネルギー・マネジメント・システム(略して「HEMS」)の設定を行うことになります。
このシステムを住宅に設置することで、電気エネルギーの消費量を自動でコントロールして省エネにつなげることができるようになります。

具体的な設定については、セキスイハイムではなく、同社と提携している例えばNTTデータなどの会社の社員が訪問して行います。

おひさまハイム。太陽光発電システムとヘムスの利用

【出典リンク先:セキスイハイムHP】

 

HEMSを使うことで快適エアリーを外出時にも遠隔操作できるようになるほか、Wi-Fi機能付きのエアコンもネットワークに組み込んで消費電力のデータを取ることが可能になります。スマートハイムや快適エアリーの便利な使い方については関連記事で詳しく解説しますので参考にしてください。

(関連記事:セキスイハイムの「スマートハイムでんき」)

(関連記事:スマートハイムナビとHEMSのメリット)

(関連記事:快適エアリーの便利さとメリットはスマホと同じ)

 

家づくりの参考になるブログがいっぱいあります。

 
にほんブログ村

太陽光発電システムカテゴリの最新記事