セキスイハイムのバルコニー床材

ハイムのバルコニー床材はタイルそれとも標準仕様のプラスチック?

この記事は約 6 分で読めます。

バルコニーの床材?そう思われた方も多いと思います。

バルコニーの位置付けは人それぞれですが、床材選びがバルコニーを+αの空間に変えるキッカケになることだってあるのです。

本記事ではセキスハイムの標準仕様のバルコニー床材とオプション床材及びお手入れ方法について紹介しますので、これから間取りを検討中の方、バルコニーをワンランク上の空間として活用されたい方は参考にしてください。

 

標準仕様のプラスチック床材

セキスハイムのバルコニーの標準仕様はプラスチックの床材(クレガーレ)です。

標準仕様のため価格が上乗せされるということはなく、バルコニーを設置したら引き渡し時には敷かれています。

 

セキスイハイムのバルコニー床材・プラスチック
セキスイハイム標準仕様のプラスチック床材

 

 

バルコニーを設置する多くのご家庭では標準仕様のプラスチック製が多いです。

プラスチックでタイル同士が脱着可能なジョイント式のためズレることもなく、洗濯物を干したり、観葉植物を置いて世話をする上では全然問題なく、掃除などお手入れもしやすいです。

セキスイハイムのバルコニー床材
プラスチック床材

 

一枚あたりの価格は880円とホームセンターで購入するのと同じくらいの価格です。

普段使いで割れたり、交換することは余り考えづらいですが、汚れが落ちづらかったり劣化したりして交換するとしてもお手頃価格だと思います。

 

オプションの磁器タイル床材

バルコニーを憩いの場として、テーブルを置いたり、チェアを置いて寛げる空間にすることを予定されている場合は、標準仕様のプラスチック床材では到底物足りないことでしょう。

ハイムのインナーバルコニー画像
リンク債:タグル住まい

 

積水化学工業株式会社がバルコニー専用タイルとして、クレガーレというジョイント式の磁器タイルを販売していますので、標準仕様よりもタイルを敷きたいという方は追加料金が掛かりますがオプションをご検討ください。

セキスイハイムのバルコニー床材

営業担当に確認したところ、カタログ掲載商品はスムーズタイルです。

価格は1枚あたり2,600円です。サイズは30cm×30cmですので、10枚セットが何セット必要がで、バルコニーの広さによっては10万円前後になる場合もあります。

 

その他、グレードアップさせたい場合は、以下の商品があります。

 

セキスイハイムのバルコニー床材・タイル
リンク先:積水化学工業株式会社

上写真はベルクラッセという商品で、価格は1枚あたり3,200円と高額で、標準仕様の床材の4倍近い価格となります。

サイズは30cm×30cmです。大判タイプなので敷いたときの高級感が特徴です。

セキスイのバルコニー床材・タイル事例
リンク先:積水化学工業株式会社

 

セキスイ・バルコニー床材・タイル
リンク先:積水化学工業株式会社

 

そのほかにリンクトーンという商品もあります。

こちらの価格は1枚あたり2,900円です。

セキスイ・バルコニー床材・タイル
リンク先:積水化学工業株式会社

 

 

あわせて読みたい

「グランピング、グラキャン」といった言葉が流行り、アウトドア関連の商品が売れ行き好調など、近年のアウトドアブームが、戸建てやマンションのバルコニーなどのマイホームにも入ってきています。 そして、アウトドアなのに家の中のリビングと合わせ[…]

アウトドアリビング

 

バルコニーのお手入れ・掃除

普段から掃除機を掛けたり、雑巾等で拭くなどお手入れすることで裸足や靴下のままバルコニーに出ることも可能だと思います。

セキスイハイムのバルコニー掃除
リンク先:セキスイハイム(バルコニーのお手入れ)

 

ジョイントパネルの下はインナーバルコニー(屋根付き)の場合でもチリや砂埃などで汚れますので、少なくとも年に一度はジョイントパネルを外して、溜まった砂や埃を掃除をします。

 

最後に

マンションの場合違って、一戸建ての場合は2階かもしくは3階にバルコニーを設けることになるので、マンションのように強風対策もそこまで必要ないかと思います。

標準仕様のプラスチック製よりも磁器タイルの方が良いが、自分で準備したいという方も多いと思います。

セキスイの商品ではなくともホームセンターやネットショップでもDIY商材として販売しているので、それらを利用されるのも選択肢が広がる分、自由に選べて良いのではないでしょうか。

家で過ごす時間が増えている昨今、おうちキャンプやアウトドアリビングなんていいう言葉も生まれており、+αの空間としてバルコニーを利用できれば、気分転換や憩いの場に変えられると思います。

 

あわせて読みたい

注文住宅で間取りを考える際に、バルコニーを設けるかどうか検討されていますか? バルコニーの中でもインナーバルコニーが注目されています。 インナーバルコニーとは家の一部が屋外になっているスペースで、建物内部にある屋根付きのバルコニ[…]

セキスイハイムのうちそとテラス画像・インナーバルコニーのメリット

家づくりのヒントになる面白いブログがいっぱいあります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ  にほんブログ村 住まいブログへ


セキスイハイム(一戸建)ランキング