セキスイハイムの不動産登記費用はいくらかかる?自分でできるの?

マイホームをお考えの方は諸費用がどのくらい掛かるか気になっていらっしゃる方も多いと思います。 それは当然のことで、土地代や建築代のほかにも様々な諸経費といわれるものが必要になってきますので、いくら予算が必要か、現金分で用意するのはいくらなのか気になるところです。 諸経費の中でも、よく金額が分からないのが不動産登記費用です。 一般的に土地を購入して新築の建物を建てる際には、土地の所有権移転登記や建物 […]

セキスイハイム仕様のシステムキッチン「パナソニック ラクシーナ」の魅力

セキスイハイムの水廻り設備の中でも優先度の高い「システムキッチン」は、リクシル・タカラスタンダード・パナソニック・クリナップが提携の設備メーカーの中でも主力商品です。   設備メーカーによって特色も大きく異なりますので、どのメーカーのシステムキッチンを採用するかでも悩みますし、グレードやオプションを付けるかどうかでも悩むことが多いと思います。 毎日使用するものなので、機能性や家事の効率性 […]

セキスイハイム九州を提訴、新築住宅の地中から大量のゴミ

セキスイハイムで新築戸建てを建てようとしている方、既に建築済みで何年もお住まいの方にはショックなニュースです。 2016年から2017年に九州セキスイハイム不動産とセキスイハイム九州から福岡県那珂川市内の土地と戸建て住宅を購入した住人8人が、上記二社を相手に福岡地方裁判所に損害賠償請求の訴えを起こしました。 以下の動画はKBCニュースです。   問題の土地は建築条件付き土地? 今回の報道 […]

セキスイハイムの快適エアリーのデメリット

セキスイハイムで新築戸建てを建てる方は、同社の主力設備である第一種換気システムを備えた全館空調機「快適エアリー」を採用するかどうかに悩んでいませんか? セキスイハイムの代名詞「あったかハイム」は快適エアリー無しでは語れません。しかし、メリットがある一方で当然ながらデメリットもあります。導入金額も高額であり、一度採用を決めて工事を行うと容易に変更できないため、本記事で解説するデメリットを十分に理解し […]

セキスイハイムの平屋の魅力とメリット&デメリット

新築戸建てのマイホームと言えば2階建て、敷地面積に制約がある場合には3階建てなどイメージすることが多いと思いますが、平屋については検討されましたか?50代では3割以上の方が平屋を希望しているというデータもあります。 平屋には2階建て・3階建ての家には無いメリットが多くありますので、そのメリットを押さえた上で、ご家族の将来を考えてみてはいかがでしょうか。 本記事では、一般的な平屋のメリットとデメリッ […]

セキスイハイムのジオマイト外壁の魅力

セキスイハイムの外壁と言えば、磁器タイルを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? 磁器タイルを貼らずにSFC(シンセライト)ボードのみでも十分な耐久性を誇るのですが、磁器タイルと比べると意匠性で見劣りするのは否めませんでした。 そこで、セキスイハイムから新商品として「ジオマイト外壁」が発売されましたので、本記事にて、その性能やデザイン・種類・価格・保証など詳細を解説します。セキスイハイムでこれ […]

失敗しないセキスイハイムの外壁磁器タイル(種類と価格・メンテナンス)の選び方

セキスイハイムの魅力の一つである外壁磁器タイルについては、好みが分かれるほか、採用するにしてもグレードによって価格差が大きいだけに悩む方が多いです。 外壁磁器タイルは、種類や色も数多くあり、選ぶタイプによっては費用も大きく増えますので、建築工事費用及び諸費用など予算全体のバランスも考える必要があります。 そこで、本記事ではセキスイハイムの主力設備であり、代名詞でもある話題に事欠かない「外壁磁器タイ […]

新築戸建ての外構工事を後悔しないための5つの勘違いと対策を紹介

新築の引渡しを受けて、実際に住み始めてから外構工事をやり直したいと後悔している方が多い事実をご存知でしょうか?   家の間取りや設備、インテリアについては一生懸命に調べたり考えたりするのですが、不思議とエクステリアについてはハウスメーカー任せになりがちです。 そして、完成後に「ああすれば良かった、こんなはずじゃなかった」と多くの施主家族が後悔しています。外構工事はやり直すにも相当の工事費 […]

セキスイハイムのインテリア工事の金額が高い理由と対策

インテリア担当と資金計画 セキスイハイムでは建物工事契約を締結するタイミングで,内装工事等の打ち合わせをするためにインテリアコーディネーター資格を持った専属のインテリア担当が付いて、フローリングや壁紙、扉や窓、カーテンなど、内装に関わる一切についてゼロから決める作業を行います。 セキスイハイムとの建物工事請負契約を交わす段階では、資金計画書にインテリア工事費の概算額の記載がありますが、実際には何も […]

セキスイハイムが太陽光余剰電力買取りサービス「スマートハイムでんき」を開始

2009年に開始された太陽光発電の余剰電力買取制度は、2012年に「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」に移行しました。そして、2019年にはこの固定価格買取保証期間が順次満了を迎えることになり、「卒FIT」「太陽光発電2019年問題」等と呼ばれ話題になっています。   買取保証期間の10年を過ぎても太陽光発電設備は発電し続けますので、「卒FIT」ユーザーは、自由契約によって […]

1 11

Overall Ranking