タグ:設計

セキスイハイムの引渡し時の流れと注意点

完成した我が家の引き渡しを受ける際の流れについて説明しますが、具体的な内容には地域差もあるようです。中には引渡しのセレモニーを催す会社や入居祝いのプレゼントが送られる地域もあるようです。 ブログやインターネット上の掲示板の体験談を見てセレモニーやプレゼントを期待してしまうと全く無い場合に裏切られた気持ちになってしまうので、余り期待をせずに引き渡しを受けた方が良いと思います。実際の引き渡しは淡々と設 […]

セキスイハイムの吹き抜けリビングのデメリット

明るく開放的でスタイリッシュなリビングにしたいと考える施主の方は多いと思います。その際に一度は検討する「吹き抜けリビング」ですが思わぬデメリットも存在します。 吹き抜けは、窓を大きく取ることができるため非常に明るいリビングになり、昼間は照明が要らない程明るく過ごせます。また、相性の良いリビング階段を採用することで、デザイン性も高くオシャレなリビングになり、明るく開放感のある広々リビングには誰もが憧 […]

セキスイハイムの施工不良・欠陥と対策

数ヵ月の時間を掛けて家を建て、引き渡しを受けたらハウスメーカーとの付き合いはそれで終了ではありません。セキスイハイムの場合は6カ月、1年、2年、5年、10年・・・と60年間の定期点検・診断があります。 これは大手ハウスメーカーを選ぶメリットの一つです。実際に住み始めてから気付く不具合の対応や、設備のお手入れ方法などのアドバイスを受けることができます。 ただし、新築の引き渡しを受けて直ぐに気付く不具 […]

新居・新築にIKEAのPAXを使って理想のワードローブを実現

洋服や鞄、アクセサリーをどのように収納するか、せっかく新築の家を建てるのであれば、こだわりたいポイントの一つだと思います。 毎日使う収納ですから実用性は当然大切ですが、インテリアという観点からも満足度の高い、身支度の際に背筋がピンと伸びるような理想のワードローブに憧れを抱きます。 (IDC OTSUKA 公式HPから転載) セキスイハイムの提携メーカー セキスイハイムの収納を利用してウォークインク […]

セキスイハイムは高気密高断熱の家なのか?

わ断熱性・気密性の高い家は、外気温の影響を受けにくいことで、結露やカビが発生しにくく、部屋ごとの温度差も少ないためヒートショックの防止にも繋がる体にやさしい家です。セキスイハイムは一邸ごと工場で生産しておりその施行の高さ・性能から「高気密」「高断熱」を謳っているハウスメーカーです。セキスイハイムの気密性や断熱性について詳しく見ていきたいと思います。 気密性の高さ セキスイハイムの気密性の高さを表す […]

セキスイハイムの間取り、リビング階段のメリットとデメリット

セキスイハイムでは間取りを考えるのは営業担当です。当然に営業担当一人だけで終わるわけではなく設計担当のチェックも入り、設計上問題がないか審査をします。間取りを考えるのは夢のマイホームを持つ上で楽しい作業でもあり、頭を悩ませるものでもあります。施主家族の事情を考慮して様々な要望を営業担当に伝えて徐々に間取図が完成に向かっていきます。 さて、セキスイハイムで2階以上の住宅にする際に「リビング階段」の採 […]

セキスイハイムのユニット工法「自由設計」の不自由さを問う

ユニット工法は自由設計に適う? セキスイハイムは、25種類の大小ユニットを組み合わせて家を作るユニット工法を採用しています。工場で生産する鉄骨ユニットというと「間取りが自由にとれないのでは?」と思ってしまいますが、実際には88種ものサイズバリエーションをもつユニットを組み合わせて「枠」を作り、その中は部屋などの空間を自由に仕切ることができ、鉄骨の柱と梁だけで基本構造が成立するので、耐震性にバラつき […]