セキスイハイム仕様のシステムキッチン「パナソニック ラクシーナ」の魅力

セキスイハイム仕様のシステムキッチン「パナソニック ラクシーナ」の魅力

セキスイハイムの水廻り設備の中でも優先度の高い「システムキッチン」は、リクシル・タカラスタンダード・パナソニック・クリナップが提携の設備メーカーの中でも主力商品です。設備メーカーによって特色も大きく異なりますので、どのメーカーのシステムキッチンを採用するかでも悩みますし、グレードやオプションを付けるかどうかでも悩むことが多いと思います。

毎日使用するものなので、機能性や家事の効率性、そして掃除などお手入れのしやすさなどもキッチンを選ぶ基準だと思いますが、見た目やデザイン性の高さによって、LDKのイメージが全く異なりますので、理想のキッチンを思い描きながらシステムキッチンを選ぶというのも後悔が少ない選び方です。

(関連記事)

 

本記事でご紹介するのはセキスイハイムの展示場、モデルルームで多く採用されている人気のシステムキッチン「パナソニックのラクシーナ」です。

パナソニックにはセキスイハイムと提携したセキスイハイム仕様のシステムキッチンがありますので、それを選ばれると費用的にも相当抑えることができますし、必要なものはオプションを加えることで機能性も拡張できるため、費用を押さえつつ満足度を上げることができる商品だと思います。

セキスイハイムと提携する設備メーカーの中では、予算は押さえたいけれど、デザイン性が高くお洒落で機能的なキッチンにしたいという奥様にはピッタリだと思いますし、筆者邸でも採用して使い勝手に満足していますので、その魅力を紹介します。

 

 

人気の秘密を紹介

トリプルワイドIH

「トリプルワイドIH」は3つのお鍋を同時に加熱できます。保温機能があるので、鍋の置き換え不要で同時に温かいお料理が食卓へ出せます。

セキスイハイム仕様のシステムキッチン、ラクシーナ

魚焼きグリルがありませんので注意が必要です。グリルスペースが無い分、収納スペースが豊富です。IHはシルバー色以外にブラック色が用意されています。汚れが目立たないシルバー色が人気です。





デザイン性の高いパナソニックならではのIHですね。横一列に3連のヒーターは他にないデザインでしたので筆者は惹かれてしまいました。またデザイン性だけでなく、実際の使い勝手も非常に良くて気に入っています。

手前スペースが広い

IHの手前スペースがあるので、調理スペースをや盛り付けスペースに利用できます。この16cmのスペースは毎日の調理に非常に便利です。

  • 床への油の飛散も少なくて済む
  • フライパンの取っ手がカウンターから出ない

というメリットもあります。調理のサブスペースに、盛り付け時や鍋の蓋の一時置きなどにこの少しのスペースが意外と役立つのです。

 

セキスイハイム仕様のシステムキッチン、パナソニックのラクシーナ

(クリックするとPanasonicのHPが開きます)

 

操作パネルは収納式

手元のパネルで操作できます。使わないときは押して収納できるタッチオープン収納です。収納できるためスッキパネルも分かりやすく簡単操作ができます。

タイマー機能や保温機能があるため、焼物やスープなどを調理するときは便利です。

 

 

セキスイハイム仕様のシステムキッチン、パナソニックのラクシーナ

セキスイハイム仕様のシステムキッチン、ラクシーナの操作パネル

(クリックするとPanasonicのHPが開きます)

 

 

お勧めスリムセンサー水栓

スリムセンサー水栓はオプションになります。手をかざすだけで水を出したり止めたりでき、手が汚れたままでもセンサーで水が出せるので使い勝手は良いです。

オプションの金額は約+10万円です。

 


パナソニックのラクシーナのスリムセンサー水栓

(上写真をクリックするとPanasonicのスリムセンサーHPが開きます)

 

節水(エコナビ)モードで、通常モードよりさらに節水、節水ボタンを押すと、洗い物や手を近づけた場合のみ吐水。離すと止水。出しっぱなしを防ぎます。この水栓は使い勝手が良く節水にも繋がりますので、食洗機に入れる前の予備洗いにも役立ちます。

筆者邸では、食事を終えると各自でキッチンまで食器を持って行き流水で簡単に流すルールを採用しています。子どもでも水をムダにすることなく食洗機前の予備洗いができるので重宝します。

また、調理中に水を出すときに水栓が汚れないのが助かります。センサーに手をかざせば水が出るので、子どもの手洗い時にも汚れる心配はありません。

 

レンジフード

パナソニックのオプションとして「ほっとくリーンフード」があります。「油トルネード機能」でファンのおそうじは10年に1回で良いという優れものです。ファンが自動で高速回転して、油汚れを吹き飛ばすから10年間、ファンのおそうじ不要。油汚れが集まるラクウォッシュプレート(油捕集板)のお手入れは、食洗機におまかせ。さらに、目詰まりしにくい設計のため1年1回の洗浄で大丈夫です。

セキスイハイム仕様のシステムキッチン、ほっとくリーンフード

(クリックするとPanasonicのほっとくリーンHPが開きます)

 

 

扉パネル

システムキッチンの扉パネルを選ぶ作業は楽しくもありますが、種類が多く費用の幅も大きいため悩むところです。取っ手とパネルの組み合わせは2万通りとも言われています。

何より悩むのが、リビングとの対面キッチンの場合などにはリビングとの統一感が求められます。リビングをどのようにしたいか軸となる色味(フローリングや壁紙)が決まなければキッチンの色もなかなか決められません。

専属のインテリアコーディネーターに相談したり、セキスイハイムの建築実例を参考にしながら「こういうキッチンにしたい」というものを時間を掛けて探してください。

セキスイハイムのシステムキッチン

(クリックするとセキスイハイムHPの建築実例が開きます)

 

 

リビングとキッチンスペースを趣を変えてそれぞれ独立した空間作りにするという方法もあると思いますが、広さが限られたLDKの場合にはリビングとの色味の統一感を持たせることで視覚的に広く見える効果もあります。




参考までに

筆者邸はフローリングをHDフローリングのアッシュ(白系)に決めましたので、LDKのブラインドを含めて白で統一することにしました。自ずと扉パネルも白系のものから採用することになり、カップボードも同じパネルで揃えて統一感を出しました。

(参考記事)

 

セキスイハイム仕様のシステムキッチン、パナソニックのラクシーナ

【上写真はHDフローリングのアッシュと扉パネル】

 

セキスイハイムをはじめ参考となる記事が沢山あります
  

にほんブログ村

水廻り設備カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.