セキスイハイムの吹き抜けリビングのデメリット

セキスイハイムの吹き抜けリビングのデメリット

明るく開放的でスタイリッシュなリビングにしたいと考える施主の方は多いと思います。その際に一度は検討する「吹き抜けリビング」ですが思わぬデメリットも存在します。

吹き抜けは、窓を大きく取ることができるため非常に明るいリビングになり、昼間は照明が要らない程明るく過ごせます。また、相性の良いリビング階段を採用することで、デザイン性も高くオシャレなリビングになり、明るく開放感のある広々リビングには誰もが憧れるところです。

しかしながら、開放感のあるリビングが出来上がる裏で、デメリットも存在しますので、理解した上で採用を検討してください。

メリット

まずは、吹き抜けリビングのメリットから紹介します。以下のようなメリットがあります。

セキスイハイムの吹き抜けリビングのデメリット

  • 開放感のある部屋になる。
  • 採光を取り入れ明るくなる。
  • 二階と繋がりを持たせることができる。
  • 風通しの良いリビングになる。
  • オシャレでスタイリッシュなリビングになる。
  • リビング内の階段と相性が良く意匠性に富む。
Sponsored Link

デメリット

では、次にデメリットを見ていきましょう。

  • 掃除や修繕が大変になる。
  • 二階のスペースが削られる。
  • 一階の音や匂いが二階に筒抜けになる。
  • 光熱費が高くなる(夏場の日差し)。

掃除や修繕が大変になる。

物理的に手が届かないスペースがあるため、場合によっては専門業者に頼むことになります。また、普段の掃除も容易ではないため、たとえ蜘蛛の巣が張られても手が届かないためそのままになります。

天窓を設置した場合には掃除をどのように行うかも考える必要があります。屋上階を設ける場合には掃除ができますが、儲けない場合には考えなければなりません。照明の交換をどうするか、クロスの張替えや修繕をどのように行うかも十分検討することをお勧めします。

つまり、セキスイハイムの照明計画ではLEDのダウンライトを採用することがほとんどであり、長期間交換不要というメリットがある一方で、5年後、10年後に照明を交換する際は、専門業者に依頼して足場を組む必要があること、クロスの剥がれも同様です。専門業者に依頼するということは照明の交換にも相当の費用が掛かることも当然に考えておきましょう。

二階のスペースが削られる。

居住する家族の人数が多い場合や、これから家族が増える予定がある場合、一部屋でも多く確保することが大切になってきます。特に年頃のお子さんがいる場合や住み始める前は小学生や未就学児がいる場合でも小学校の高学年~中高生になると個室を欲しがるようになります。

この場合、必ずしも広さを重視しているのではなく、独りになれるスペースさえあればその欲求が満たされることに繋がりますので、4畳半くらいの広さでも明るく窓が取れれば十分だと思います。最近は省スペース型のデスクやベッドも市販されており、狭小空間の方が居心地が良かったりします。

そう考えると、吹き抜けリビングにすることによって、本来1部屋取れる空間がなくなってしまうので、将来の部屋の必要性を十分に検討されることをお勧めします。当然ながら、家族が親子3人であるとか、建坪が50坪以上の比較的広い物件であれば、このようなデメリットを検討する必要はありません。

一階の音や匂いが二階に筒抜けになる。

別記事で記載した「セキスイハイムの間取り、リビング階段のメリットとデメリット

を参考にしていただければと思います。

光熱費が高くなる(夏場の日差し)。

セキスイハイムの快適エアリーを仮に採用した場合としなかった場合に吹き抜けのリビングとそうでないリビングとでの純粋の比較ができないので、吹き抜けリビングの方が「〇〇円高くなる」と断定はできません。

ただ、通常のリビングの天井の高さが2m50cmですから、単純に吹き抜けになると天井高は倍以上の5m以上になり、人のいない天井空間に冷暖房の空気が流れていくわけですから無駄が多くなるのは当然と言えば当然ですし、冷暖房の効率は吹き抜けのないリビングに比べて下がるのは仕方ありません。そうすると快適エアリーを導入せずに性能の良いエアコンを採用したとしても、電気代は自ずと高くなる傾向にあると言えます。

セキスイハイムの吹き抜けリビングのデメリット

また、忘れてはいけないのが夏場の日差しです。窓の位置によって西日が入る間取りにしているとシェードは必須にもなりますので、吹き抜けを採用する場合には夏場の日差しや西日の入り方も十分に検討する必要があります。セキスイハイムの場合、間取りを考えるのは「営業担当」です。建築士ではありませんので、日差しの計算までは残念ながらできません。西日や夏の日差し対策をどうするか、その点には注意してください。

最後に筆者の戯言

セキスイハイムでは多くの吹き抜けリビングが採用されていますが、デメリットについて十分に設計段階から練られているか(計算し尽くされているか)は疑問が多いところです。もし、吹き抜けリビングを採用したいとお考えの場合は、将来の家族の増減やこれまで記載したデメリットも十分考慮していただく方が失敗は少ないかなと思います。

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

にほんブログ村

設計・設備等カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.