セキスイハイムを選ぶと後悔する。

セキスイハイムを選ぶと後悔する。

インターネットの検索でセキスイハイムと入力すると、入力候補に「セキスイハイム 後悔」と表示されます。セキスイハイムで家を建てたことを後悔したのか、セキスイハイムを選んで契約を交わした後に、いわゆる新築ブルーになった状態での後悔なのかは判然としません。その後悔はどこかは来るものなのでしょうか。原因は何なのでしょうか?

後悔の理由

多額の負債を抱えることへの不安ですか?それとも高額な建築工事費に見合う家なのかという不安から来るものですか?

よくインターネットの掲示板には、「坪単価が高い、同じ金額ならデザイン性の高い家が建てられたのではないか、雑誌やテレビに出るようなモダンな家にできたのではないか。」というコメントを目にします。

※坪単価の高さの記事については「セキスイハイムの坪単価が高い理由と対策」をどうぞ

たしかに指摘にあるようにセキスイハイムの外観の多くは良くも悪くも代表的なタイル貼りの「THEセキスイハイムの家」というものが多いです。

そのようなコメントを目にするたびに、これから抱える負債や将来の漠然とした不安に、家に求める理想やイメージと現実のギャップが加わって、「これで本当に良かったのだろうか?」と自らの判断に自信がなくなるのではないかと考えます。

では、他のハウスメーカーで同じ金額で家を建てたら後悔しないのでしょうか?建築事務所に依頼してデザイン性の高い家にすれば後悔しませんか?おそらくどのメーカー、どの建築士、工務店で家を建ててもそれぞれにメリットやデメリットはあります。

工務店なら安いという話

地元の工務店ならもっと安く済むという話はよく聞きます。大手ハウスメーカーは全国各地に展示場を建て、CMを流すなど莫大な広告費や人件費がかかりますから、少なからず利益を上乗せするというのは資本主義経済の中で生活する以上、家に限らずともやむを得ないのではないでしょうか。

では工務店を選んだ場合、住宅の保証はセキスイハイムと同程度でしょうか?仮に欠陥があった場合、損害を保障できる潤沢な資本があるのでしょうか?規模は大小あるでしょうが、仮に倒産した場合、あなたの家は誰が保証してくれますか?

セキスイハイムの何に惚れたのか?

数あるハウスメーカーからセキスイハイムを選んだのには何か決め手があったはずです。

  1. 最大手の安心感や保証の充実さ
  2. 工場生産のユニットの精密さ
  3. 災害に強い軽量鉄骨の頑丈さ
  4. 快適エアリーの性能
  5. 大容量の太陽光発電システム
  6. メンテナンスフリーの外壁総磁器タイル
  7. 家の部品や建材をデータ管理

外壁や太陽光発電は以外は、外観からは分かりづらい目に見えない部分です。目に見えない安心感に惹かれた方も多いでしょう。特に保証面での安心感は数あるハウスメーカー随一といっても過言ではありません。

「工場生産ロボットが作るセキスイハイムの家」を読む

「失敗しないセキスイハイムの外壁タイル(種類とメンテナンス)」を読む

誰でも建てられるわけではない

セキスイハイムはその坪単価の高さもそうですが、比較的人気エリアに分譲地を所有していることが多いです。そうすると高額の建築費及び土地購入が必要になるため、一定以上の収入がある世帯や安定した職業の施主など金銭面や職業面で恵まれていたからセキスイハイムで家を建てることができるということを忘れてはならないでしょう。

誰でもセキスイハイムで家を建てられるわけではありません。建てたくても予算が足りない、住宅ローンの融資が下りずに諦めざるを得ないケースも少なくありません。

管理人の戯言

住宅は人生で一番大きな買い物で、大きな負債を抱えることで自らの判断が正しかったのか自問自答をすることが多く、不安にならない方が珍しいと思います。

ただ、不動産業界・建築業界以外の人は価格の適正が分かりません。透明性を少しでも企業側に求めて、自ら価格の妥当性を追及して、納得性を増していく作業を繰り返しながら少しずつ不安を減らしていくことが自分を納得させるためにも必要だと考えます。

筆者自身、なぜこんなに高いのかと頭を悩ますことがあります。そんなときはインターネットで同じ建材がどれくらいの価格で販売されているのか、工事価格は適正なのかを調べて値引きが可能なのか営業担当に相談します。また、性能や品質についても調べたり尋ねたりしながら価格の透明性と工事の必要性、そして予算とのバランスを考慮して自身の納得性を高めています。

家が完成して素敵な生活が始まることで、セキスイハイムで建てて良かったと、少しずつ満足感に変わっていくものだと、変えていくものだと信じています。

決めなければならないことが多過ぎて嫌になることもありますが、せっかくの注文住宅ですから楽しむことも忘れずに、この時々をお互いに大切にしていきましょう。

ランキングに参加しています。応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 セキスイハイムへ
にほんブログ村

 

メリット&デメリットカテゴリの最新記事