新居・新築にIKEAのPAXを使って理想のワードローブを実現

新居・新築にIKEAのPAXを使って理想のワードローブを実現

洋服や鞄、アクセサリーをどのように収納するか、せっかく新築の家を建てるのであれば、こだわりたいポイントの一つだと思います。

毎日使う収納ですから実用性は当然大切ですが、インテリアという観点からも満足度の高い、身支度の際に背筋がピンと伸びるような理想のワードローブに憧れを抱きます。

セキスイハイムのワードローブ・ウォークインクローゼット

セキスイハイムの提携メーカー

セキスイハイムの収納を利用してウォークインクローゼット内に設置することもできますが、使う建材の種類や色が決まっているため、例えば「モダンでお洒落なワードローブ」というこだわりがある方からすれば到底物足りないでしょう。では、提携する建材・家具メーカーだとどうでしょうか。

例えば、株式会社アクシスのスタイルシェルフは高級感と意匠性を兼ね備えた収納で、セレクトショップのようなワードローブが実現できます。

しかし、費用面を考えると、選ぶオプションによっても異なりますが、理想のワードローブを作るには20万円以上の予算を組む必要があります。

セキスイハイムの提携メーカーのワードローブ

通常ワードローブはウォークインクローゼットや寝室に隣接して作ることが多いので、誰かに見せるようなスペースではありません。どちらかというと自分の欲求を満たす空間ですので、そのスペースに高額な費用を掛けるかは考え方が分かれるところでしょう。

筆者は、予算10万円台でカッコいいお洒落な大人仕様のワードローブを作りたかったことからインテリア担当に相談したり、自分で調べて一つの結論にたどり着きました。それは、IKEA(イケア)のPAXシステムを採用することでした。

IKEAのPAX(パックス)システムを利用できるか

IKEA(イケア)のオーダーメイドワードローブとして人気のあるPAX(パックス)システムは、店内のワードローブコーナーでも、自宅のパソコンからでもIKEAのホームページの「PAX収納プランナー」でシミュレーションをして注文することが可能です。

オーダーメイドですので、棚を付けたり、引き出しを多くしたり、様々なパーツを好きな組み合わせで作ることができます。まさに理想のワードローブが実現できる魅力的な商品です。しかも、導入費用は提携メーカーの半額ほどの価格に抑えることができます。

 

イケア・IKEAのPAXシステムを設置

しかし、新居に採用したい場合でも配送をどのように行い、誰が組み立てて設置するかなど、意外と分からないことが多いと思います。IKEAはセルフサービスを原則としているため、組み立てに関してもこのPAXシステムをどのように設置するか、IKEAには家具の組み立てサービスがあるのですが、PAXシステムにも利用できるのか疑問に思う点もあります。この点を調べましたので、以下説明します。

 家具組み立てサービスを利用

PAXシステムを設置する場合「必ず付属の壁用固定具で家具を壁に固定してください」と説明書きがあります。転倒防止のためでもあり、あらかじめ設置する壁に下地補強を施す必要があります。

キャビネット一つをとっても重くて高さもありますので、一人で組み立てて設置することは難しく、下地補強した壁に専用の金具で固定する必要もあることから、組み立てというよりもほとんど大工仕事です。ただ、これらの作業も料金を支払うことで、IKEAの組み立てサービスが利用できます。

家具組立てサービスの料金

商品代金の20% の料金+以下の費用
基本工賃 5,000円
壁の固定費

(キャビネット1個につき)

2,000円
下地補強費(60cmごとに) 3,000円

 

新居・新築に設置する方法

内装工事を請け負う大工に依頼

筆者がIKEAのワードローブコーナーの販売スタッフに、PAXシステムの購入者がどのように自宅に設置しているかを尋ねたところ、新築で建築途中の場合は、内装工事を請け負う工務店の大工さんに設置を依頼するケースが多いとのことでした。やはり専門の職人さんに任せた方が、長く使うものですので、安全で仕上がりも綺麗なものができます。また、上記の下地補強など設置場所以外にも補強工事をしますので、一緒にしてもらった方が割安になることの方が多いのではないでしょうか。大工さんに依頼する場合の工賃(人件費)は、2万~4万円ほどでしょうか。筆者はキャビネットが3つあり下地補強込みで3万円でした。場合によってはサービスでしてくれることもあるかもしれません。

家具組立てサービスを利用

上記のとおり、PAXシステムにもサービスを利用することができますが、どちらが安く済むかという点は下地補強の範囲やキャビネットの数から一概には言えません。キャビネットの数が3つ以上で下地補強の箇所が多くなれば、費用は総額で5万円を超える場合もあるでしょうね。また、気を付けなければならないのは、このサービスを利用する場合は、新居の引き渡しを受けた後に自ら手配する必要があります。工事途中にセキスイハイムが手配した業者以外が設置工事を行うことはできません。

ハンドリング+配送サービスを利用

IKEAが定めたメインエリアの場合は3,990円(ハンドリング料金含む)です。IKEAで買い物経験がある方はご存知かもしれませんが、IKEAでは商品をセルフサービスエリアから自分で探してレジまで持って行って精算しなければなりません。これが1点や2点の品数であれば良いのですが、PAXシステムの場合は数十点の品数になるため、これを全てセルフサービスエリアから探し出すのは時間も労力も掛かる上に不足したり間違って購入するリスクもあります。ここはスタッフに揃えてもらい、建築現場まで配送サービスを利用することが賢くスマートな方法です。

IKEA配送サービス、PAXシステムを導入する

店舗に行かずに自宅PCを利用する場合でも、上記で説明したPAXプランナーでシミュレーションしてそのまま購入することができ、商品をハンドリング+配送サービスで建築現場に配送してもらうことができるのです。

最後に筆者の戯言

費用を掛ければ掛けるほど理想のワードローブを作ることが出来ますが、筆者のように手間と時間が多少掛かるものの、施主支給という方法で費用を半額以下に抑えて導入することができます。気になる方は一度お近くのIKEAのワードローブをコーナーをご覧ください。

ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

にほんブログ村

 

インテリアカテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.