住宅ローンの固定金利型はリスクが高いので注意が必要です。

住宅ローンの固定金利型はリスクが高いので注意が必要です。

住宅ローンを組む際に金利を固定型にするか、変動型にするか迷いませんか?それぞれに一長一短がありますが、固定金利型を選択する方は、将来の金利上昇リスクを考え、返済計画の立てやすさや将来設計が立てやすいという理由が多いようです。タイトルにある「固定金利型」がリスクが高いということに違和感を覚える方もいらっしゃると思います。リスクが高いのは変動金利型では?というのが一般的な考え方です。

筆者自身、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー資格を有し、住宅ローンを組んだ経験が三回あり、固定金利型も変動金利型も経験したので、それぞれのメリットとデメリットは身をもって分かっています。では、どうして固定金利型がリスクが高いのか以下説明します。

固定金利は損をする

固定金利のメリットとして挙げられる返済額(利息が確定)がしており、返済計画、将来設計が立てやすさということですが、変動金利の場合も返済額は同じであり、内訳(元本と利息)が異なるのみです。金利の上昇リスクを言われる専門家も大勢いますし、マスコミやネットの記事を見ても10年以上前から「変動金利は危ない」と言い続けていいます。

しかし、実際はどうでしょうか。約20年間に渡り金利水準は変わらず、変動金利はずっと低金利のままです。結局、10年固定や全期間固定金利を当時選択した方は、変動金利の金利上昇リスクを恐れるあまり、変動金利を選んだ人よりも多くの利息を払っているという本末転倒な結果が待っているのです。




また、バブル崩壊後、日経平均株価は上昇し続けているため、今後の金利上昇リスクを唱える専門家もいますが、実際に残高、元金が減っているのであれば、金利がゼロコンマ数パーセント上がったところで、それほど返済に支障はありません。固定金利の中でも一番損をしやすいのが「10年固定の住宅ローン」です。

「住宅ローンの固定金利型はリスクが高いので注意が必要」の続きを読む

マネー・費用・値引き交渉カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.