ウッドデッキとタイルデッキの比較(種類・材質・メリットなど)②

ウッドデッキとタイルデッキの比較(種類・材質・メリットなど)②

テラスデッキの選び方としてウッドデッキとタイルデッキのどちらを選ぶかという比較があります。前回はウッドデッキにスポットを当てて紹介しました。ウッドデッキの中でも自然(天然)木が良いか、それとも人工木が良いかという選択もあります。

(関連記事)

本記事ではタイルデッキにスポットを当てて紹介します。

タイルデッキにどのようなイメージをお持ちでしょうか?

ウッドデッキとタイルデッキの比較

「高級感がある。」「都会的だ」「おしゃれ」などタイルの持つ風合いと施工によるデザイン性の高さによって非常に魅力的なエクステリアになります。




タイルデッキのメリット

タイルデッキの特長、メリットは次のとおりです。

  • 耐久性が高くメンテナンスフリー(メンテナンスが非常に楽)。
  • 地面から立ち上がるので、デッキ下の草むしりが不要。
  • 表面温度がウッドデッキに比べて高温になりにくい。
  • 変色しない。
  • タイルの色幅が多い。
  • テーブルなど重たいものを載せても凹みや傷がつきにくい。
  • サイズなど素材のバリエーションが豊富。
  • シロアリの心配無し。

費用

ウッドデッキに比べてタイルデッキの方が金額は若干高くなっています。タイルデッキの費用は平米単価で異なります。広くデッキを設ければその分費用は増します。一般的には1㎡あたり2万円~5万円前後、10㎡あたり20万円~30万円が相場です。

(関連記事)

ウッドデッキとタイルデッキの比較

セキスイハイムの工事費

筆者邸のタイルデッキ(12㎡)の工事費を公開します。

(※写真は外構工事途中のものです)

セキスイハイムのタイルデッキ工事費

準備工事 10,700
基礎 39,960
下地砕石入れ 18,700
下地コンクリート 43,000
タイル貼り工賃 88,800
タイル 50,400
その他 24,000
合計 275,560

注意点

ハウスメーカーの外構担当からタイルのサンプルを提示してもらっても、なかなか全体的なイメージが掴めません。実際に施工事例の画像やパースを作成してもらうことで具体的なものになります。

また、下写真のようにリビングの掃き出し窓と同じ高さで部屋との一体感を持たせたい場合はフローリングの色や外壁との相性も重要なポイントになってきますので、設計担当や外構担当にイメージを伝えてください。

リビングとタイルデッキの一体感

また、台風などのトラブルでタイルの一部が破損した場合、メーカーに問い合わせても同じ品番が廃盤になったという場合があります。

そのような廃盤にも対応できるように、引渡し後にも余分に10枚程度タイルをもらうことができますよ。

ウッドデッキも木の風合いを楽しめますが、メンテンナンスという点ではタイルデッキに分があります。加えて、タイルは種類が豊富で選ぶ楽しさがありますし、最近では金額もウッドデッキとそこまで変わらなくなってきた点も嬉しいです。デッキ選びの参考にしてください。

家づくりの参考になるブログがいっぱいあります。

にほんブログ村

 

外構・エクステリア工事カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.