【セキスイハイム】マイホームを持つ前に考える生命保険の見直し

【セキスイハイム】マイホームを持つ前に考える生命保険の見直し

念願のマイホームを建てるに当たって多くの施主は住宅ローンの融資を受けます。

その際にほとんどの方は団体信用生命保険に加入します。この「団信」に加入する際にこれまで施主(又は住宅ローンの融資を受ける人)が加入していた生命保険や医療保険を見直さなければ、過大な死亡保障になることが見込まれます。

そうなれば必要以上の死亡保障と多くの保険料を払い続けることになりますので、住宅ローンを無理なく返済して家計を健全化するためにマイホームを建てる前に(もしくは引渡しを受けて速やかに)生命保険の見直しが必要かを検討しましょう。

まずは「団信」について簡単に説明します。



団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、世帯主に万が一が起きたときに、生命保険会社から支払われる保険金によって住宅ローンの残債務が弁済されて、残されたご家族に住宅ローンが残らず、マイホームに安心して住み続けることができる保険です。残念ながら保険料は特約料ですので、生命保険控除の対象外です。

※生命保険料控除は、「保険金受取人を自己または配偶者その他の親族とする、生命保険契約等」が対象となりますが、機構団信特約制度は、機構が団体信用生命保険の保険金受取人となり、その保険金で加入者の住宅ローンを弁済するものです。

保険の見直しは必須

この団信に加入する場合、銀行によっては「がん団信」や「5大疾病、8大疾病、全疾病などの特定の病気で所定の状態になったときの保障もついた「疾病保障付住宅ローン」が登場しています。

これらの団信に加入すれば、既に加入している生命保険の死亡保障を見直す(減額する余地がある)ことができますし、併せて医療保険やその他保険も見直して無駄のない家計にする第一歩です。しかし、これらを見直すことなく、無駄な保険料を払い続ける人は多いようです。

日本人は世界でも類を見ない保険大好き民族であり、多くの人が過大に不相当な死亡保障に加入し、いくつも医療保険・ガン保険に加入しています。保険に詳しくないために職場や知人の保険会社の営業マンから言われるままに保険に加入しているケースが目立ち、毎月払わなくても良い無駄な保険料を多く払い続けています。毎月の保険料の支払を見直すことで資金計画(頭金を含めた予算をどのくらい用意するか)にも影響します。

(関連記事)

 

Sponsored Link

節約よりも保険の見直し

数十円や数百円を節約するために安い食材を買い求めるよりも、また、ディスカウントのお店に行って少しでも安い物を買って節約するよりも、無駄な保険を見直して保険料を削減した方がよほど賢いです。

これは住宅ローンの支払が開始した以降に強く現れます。住宅ローンの返済のために様々なものを節約して我慢するのではなく、本来払う必要のない無駄な保険料を削減する方が効果は高く、我慢が要らないので精神的にも非常に楽です。

無料保険相談カウンターは危険

街で見かける「保険の◯◯」という相談カウンターを利用して保険を整理することはお勧めしません。

相談カウンターは飽くまで保険の代理店でありボランティア団体ではありません。自ら相談に行くということは相談カウンターの社員からすると客は「鴨が葱を背負って来る」美味しいターゲットです。

残念ながら相談客に適合する商品は提案されず、代理店にとって利益になるマージン率の高い商品を100%に近い確率で勧めてきます。したがって、生命保険の見直しには無料の保険相談カウンターは避けた方が良いでしょう。

セキスイハイム提携の独立FPを利用

セキスイハイム・マイホームを持つ前に保険の見直し

セキスイハイムは施主になる見込み客のために独立FP(必ずしも独立ではないもあります)を用意しています。このFPは契約前に施主の方のお金に関する不安を解消して安心してセキスイハイムを選んでもらうために同社が提携して施主になる見込み客に案内をしているサービスの一つです。

このサービスを利用しない手はありません。「生命保険・医療保険などの保険料が家計の負担にならないか、過大に掛けていないか、最低限の保障は確保できているか」を尋ねるなどして、セキスイハイムで家を建てるに当たって家計の見直しと保険の見直しを依頼しましょう。

(参考記事)




家づくりの参考になるブログがいっぱいあります。

にほんブログ村

 

マネー・費用・値引き交渉カテゴリの最新記事

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.